SNS運用代行フリーランスの僕が個人で月30万稼ぐ方法を語る【始め方も解説】

SNS運用代行フリーランスの僕が個人で月30万稼ぐ方法を紹介

 

会社に依存するのではなく、個人やフリーランスとして仕事をしたいと考えている方におすすめの仕事が「SNS運用代行」です。

SNS運用代行は、初期費用0円ですぐにでも始められ、その伸びしろは無限大。

SNSの普及に伴い、活躍の場も広がっています!

しかし、SNS運用代行という言葉を聞いたことがあるものの、

  • 具体的にどれくらい稼げるの?
  • どんな仕事をするの?
  • どうやってスキルを身につけるの?

と、疑問に感じている部分も多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、SNS運用代行のフリーランスである僕が、SNS運用代行で月30万以上稼ぐ方法や、スキルの身につけ方を紹介します!

最後まで読んでいただければ、個人のSNS運用代行を目指す方法がわかります。

会社に縛られずに自由な働き方を実現したい方は、ぜひ参考にしてください!

【個人でできる】SNS運用代行の仕事内容

SNS運用代行フリーランスの僕が個人で月30万稼ぐ方法を紹介

SNS運用代行とは、その名のとおりSNSの運用を代行する仕事です。

仕事のイメージをより具体化するためにも、まずは仕事の全体像を把握しましょう!

前提として、事業でSNSを活用する目的は、次のとおりです。

SNS運用の主な目的

  1. 認知度アップ
  2. 集客、販売の自動化
  3. 顧客のファン化

 そして、これらの目的を達成するために、次のようなことを行います。

  • アカウントの作成
  • 企画の立案
  • 投稿の作成
  • 広告の出稿・分析
  • フォロワーとのコミュニケーション
  • 運用改善の施策提案

クライアントの要望や課題をヒアリングしながら、アカウントの方針を定め、運用・改善を繰り返します。

SNS運用と聞くとキラキラしたイメージを持つかもしれませんが、やっていることは案外地味かもしれません。

SNSは事業をするうえで欠かせないツールですが、やるべきことが多く、そして複雑なため積極的に取り組めていない企業も多いのです。

SNS運用代行は、そのようなクライアントをサポートする仕事といえるでしょう。

個人でSNS運用代行をする魅力【SNS運用代行は稼げる!】

SNS運用代行フリーランスの僕が個人で月30万稼ぐ方法を紹介

SNS運用代行を検討している方のなかには、「SNS運用代行は本当に稼げるの?」「違う仕事のほうがいいのでは?」と、考えている方も多いでしょう。

結論として、個人で稼ぐうえでSNS運用代行はかなりおすすめの仕事です!

SNS運用代行の魅力
  • 市場が右肩上がりに伸びている
  • SNS運用で困っているクライアントが多い
  • 副業からノーリスクで始められる

それぞれについて、詳しく解説します!

市場が右肩上がりに伸びている

SNS市場は近年急速に拡大しており、今後も伸びていくことが予測されています。

出典:サイバー・バズ

SNS市場が拡大しているのは、それだけSNSを利用している人が多く、SNS経由で商品やサービスを購入する人が増えているからです。

以下のデータを見ると、いかにSNSのインフルエンサーが多くの人に購買活動に影響を与えているかがわかります。

出典:ネオマーケティング

テレビCMと同じで、多くの人が見るメディアは広告を出した際の反響が大きく、どの企業も積極的に広告を出します。

SNSがある限り運用代行の仕事もなくならないので、将来的にも安泰といえるでしょう。

SNS運用で困っているクライアントが多い

SNSは無料で始められるものの、うまく活用できていなかったり、そもそも利用すらしていない企業や店舗が多く存在します。

なぜなら、SNSマーケティングの知識がなかったり、人手が足りなかったりするからです。

  • 専門知識がない
  • 人手が足りていない
  • 時間がない

このような課題をうまく汲み取れれば、SNS運用代行として食べていけるだけの仕事は十分に確保できます!

副業からノーリスクで始められる

個人事業やフリーランスという働き方を検討するうえで、まずが副業から始められるのは大きなアドバンテージです。

副業から始められるメリット
  • その事業が自分に合っているかわかる
  • その事業で本当に稼げるのかがわかる
  • 事業が軌道に乗ってから会社を退職できる

一念発起して自分の事業を始めたものの、軌道に乗らず事業を断念してしまうケースも少なくありません。

また、始めてみたものの、イマイチ楽しさを感じられないミスマッチが起こることも。

SNS運用代行は副業から始められるので、お試し感覚で始められます。

まずは副業から始めてみて、「SNS運用代行が楽しい!」「生計を立てられるレベルになった」と感じてから独立を検討するのがおすすめです。

 

とはいえ、SNSは競争が激しい世界なので、独学で成果を出すのは難しいのが現状です。

SNS運用代行として個人で稼いでいくつもりであれば、スクールを活用したほうが良いでしょう。

そこでおすすめしたいのが「WIithマーケ」です。

Withマーケでは副業で稼ぎながら学べるため、SNS運用代行に挑戦したい方にぴったりです!

定期的に勉強会もあり、最新の情報をインプットできるのも魅力です。

無料体験も可能なので、ぜひ覗いてみてください!

\まずは無料体験/

Withマーケを覗いてみる

個人がSNS運用代行で稼ぐならこの5つがおすすめ!

SNS運用代行フリーランスの僕が個人で月30万稼ぐ方法を紹介

SNSと一口に言っても種類はさまざま。

どのSNSが良いのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

結論として、既に多くの方に認知されている有名なSNSを選ぶのがおすすめです!

  1. Instagram運用代行
  2. X(旧Twitter)運用代行
  3. ブログ(オウンドメディア)運用代行
  4. YouTube運用代行
  5. LINE運用代行

有名なSNSは利用者が多く、企業も参入したいと考えています。

つまり需要が豊富ということ。

それでは、5つのSNSの特徴について解説します!

①Instagram運用代行

Instagramは、ビジュアル重視のSNSで写真やイラスト、動画がメインのコンテンツです。

投稿の作成では、デザインが重要になりますが「デザインセンスがない…」と感じている方も心配いりません。

近年では、Canvaなど無料で使えるデザインツールが普及しており、多くのテンプレートをもとに簡単にデザインを作成できます。

インスタ運用代行の主な仕事内容
  • 投稿内容のアイデア出し
  • 投稿の作成(画像作成)
  • メッセージやDMへの返信
  • クライアントの商品紹介

投稿やメッセージのやり取りはスマホでできるので、スキマ時間を活用してご自身のタイミングで仕事ができます!

また、Instagram運用代行の報酬は、以下を参考にしてください。

1投稿あたりの単価
  • 初心者:1,000円~(構成+画像作成)
  • 初〜中級者:2,000円~(構成+画像作成)
  • 中級者以上:5,000円~(構成+画像作成+運用全般)

インスタは企業のブランドイメージにも繋がるため、フォロワーとのやり取りなども重要になります。

そのためまずは、投稿の作成からスタートし、信頼関係ができてから運用全般に携わるという流れで進むことも。

複数のクライアントと契約し、複数アカウントを運用することで月収30万円以上も十分に狙えます!

 

とはいえ、まったくの未経験からだと「まずは何から始めればいいの?」と不安ですよね。

独学だと時間がかかりますし、成果が出ずに挫折してしまうことも。

そこでおすすめなのがスクールの活用です。

Withマーケならインスタ運用代行の仕事を1から学べます!

無料のカウンセリングを行っているので、ぜひ覗いてみてください!

\月収30万超えの/
インスタ運用代行を目指す
Withマーケを覗く
(プロの無料相談付)

②X(旧Twitter)運用代行

Xはリアルタイムの情報共有とコミュニケーションが強みのSNSです。

Xは他の人の投稿を拡散できるリポスト機能があるため、短期的に情報が広がる「バズ」が生まれやすいのが特徴です。

しかし、多くの人に認知されやすい反面、ネガティブな内容も広がりやすいので、炎上には注意して運用しなければなりません

なお、Xでは長文の投稿もできるようになったので、最後まで文章を読んでもらえるような文章力も求められます

基本的には文字だけの投稿になるため、インスタと比べると投稿の難易度は低いといえるでしょう。

とはいえ、図解の投稿が伸びることもあるので、投稿内容によって変える必要があります。

インスタ運用代行同様に、Xも独学でスキルを身につけるのは難易度が高め。

より効率的に、より高いスキルを身につけたい方は、ぜひスクールを活用してみましょう!

\月収30万超えの/
X運用代行を目指す
Withマーケを覗く
(プロの無料相談付)

③ブログ(オウンドメディア)運用代行

SNS運用代行を始めたい方は、ブログ(オウンドメディア)の知見も深めておきましょう。

通常、ブログとSNSは異なるジャンルに分類されますが、近年ではSNSでブログ記事をシェアし、SNS経由でブログ記事の閲覧に繋げる導線が一般的だからです。

Googleなどの検索エンジンで検索した際に、上位に表示させるSEO(検索エンジン最適化)の難易度があがったことが主な理由です。

ブログの運用代行やコンサルまで対応できるようになると、さらに稼ぎやすくなります!

ブログ運用代行の主な仕事内容
  • ブログの設計
  • 記事構成の作成
  • 商品やサービスの購入に繋げるセールスライティング

ブログはSNS同様にほとんど初期費用をかけずに始められるので、まずは自分でブログを開設してみるのがおすすめです。

ただし、ブログで成果を出すには戦略が欠かせません。

戦略が定まらないと、いつまでも成果が出せず、挫折してしまうことも。

実はブログは月5万円稼げるようになると、同じことを続けるだけで月20万円を突破するのも難しくないのですが、そこまで到達できずに辞めてしまう方がほとんど。

だからこそ、最初はガッツリスクールを利用し、プロに支えてもらいながら、まず月収5万円を目指すのがおすすめです。

スクールとしてぜひ推したいのが「Withマーケ」です。

Withマーケなら、稼ぐためのノウハウが全て集約されてまとまっていますし、プロによる個別添削や無制限の質問回答サービスを利用することも可能です。

さらに、ブログの始め方やジャンル選びに関してなど、プロがたっぷり90分間無料で相談に乗ってくれます。

まずは、無料カウンセリングでWithマーケを試してみてください。

\まずは実績を作る/
ブログ運用代行・コンサルを目指す
Withマーケを覗く
(プロの無料相談付)

④YouTube運用代行

YouTube運用代行とは、企業や個人のYouTubeチャンネルの運用を代行する仕事です。

どこまで代行するかは契約によって異なりますが、一般的には次のとおりです。

  • YouTube動画の企画
  • 台本の制作
  • 動画撮影・編集
  • 投稿
  • 分析・レポート
  • 広告運用

動画に本人が登場するなど、属人性が高いチャンネルの場合、撮影だけ本人(クライアント)が行う必要がありますが、その他は基本的に運用代行の仕事です。

企画は徐々にマンネリ化してきますし、多くの工数がかかるので、SNS運用代行のなかでも難易度は高めです。

ご自身のチャンネルで収益化できているなど、一定の成果がある方でなければ難しいでしょう。

とはいえ、難易度が高い分、収入も高い傾向にあるので、YouTubeが好きな方はチャレンジしてみる価値があります!

⑤LINE運用代行

日本人であれば多くの方が利用しているLINE。

その利用率は脅威の83.7%という調査結果があります。

出典:NTTドコモ モバイル社会研究所

これほど利用率が高いツールは、ほかにはありません。

つまり、LINEを上手に活用すれば、より多くの方に情報が届けられ、効果的なマーケティングができるということ。

LINE登録のQRコードが設置されているお店も増えましたよね。

また、ステップ形式にLINEを送り、購入検討者の購買意欲を高め、受注・商談へと繋げるためのマーケティング活動(リードナーチャリング)も一般的です。

しかし、世の企業や店舗の多くは、LINEを導入してはいるものの、使いこなせている訳ではありません。

  • 適切な文章の作成を作成できていない
  • 送るタイミングや頻度が決まっていない
  • 開封率などのデータ収集が疎かになっている

このように、LINEを導入しただけで終わっている企業や店舗が数多く存在します。

つまり、それだけSNS運用代行の仕事があるということです。

公式LINEは個人でアカウントを作成できるので、手始めに自分の公式LINEを作成してみましょう。

以上、5つの方法を紹介しましたが、改めてまとめておきます!

おすすめのSNS運用代行

  1. Instagram運用代行
  2. X(旧Twitter)運用代行
  3. ブログ(オウンドメディア)運用代行
  4. YouTube運用代行
  5. LINE運用代行

※上記全てが学べるおすすめスクール
月収30万超が目指せる!Withマーケ

SNS運用代行の始め方3ステップ【初心者でも挫折しない】

SNS運用代行フリーランスの僕が個人で月30万稼ぐ方法を紹介

SNS運用代行の働き方やスキルの身につけ方はわかったものの、「実際にどうやって稼いでいけばいいの?」と、疑問に感じている方も多いでしょう。

ここからは、SNS運用代行の始め方を3ステップで解説します!

SNS運用代行の始め方

  1. 注力するSNSを決める
  2. スキルを身につける
  3. 仕事を受注する

3つのステップに沿って進めることで、初心者の方でも挫折せずにSNS運用代行を目指せます!

それぞれについて、見ていきましょう!

①注力するSNSを決める

これからSNS運用代行を始める方は、まず注力するSNSを決めるのがおすすめです。

最初は1つのSNSに特化したほうが仕事を受注しやすいからです。

まだSNS運用代行として実績のない方が、「幅広くSNS運用をサポートします!」といっても信ぴょう性がありません。

Instagram運用をサポートします!」「LINE運用をサポートします!」と、対象を絞ったほうが仕事を取りやすいのです。

この記事で紹介した以下5つのSNS。

  • Instagram
  • X(旧Twitter)
  • ブログ(オウンドメディア)
  • YouTube
  • LINE

この中から自分が特化するものを決めるといいでしょう。

1つのSNSに特化したほうが、自分のアカウントでも成果を出しやすいので権威性に繋がります。

幅広く対応したい方は、まずは1つのSNSで成果を出し、徐々に横展開していくのがおすすめです!

②スキルを身につける

注力するSNSを決めたら、運用に必要なスキルを身につけましょう。

普段利用しているSNSであれば、使い勝手もわかりますし、サービスの良いところや悪いところもユーザー視点で理解できているため、スキル習得もスムーズです。

ただし、SNS運用代行の仕事は、普段消費者側でSNSを眺めているときとは訳が違います。

  • ユーザーに何回表示されたか
  • 何回クリックされたか
  • どれくらい離脱されたか

このような数値を分析する必要があります。

また、アルゴリズムも日々アップデートされるため、最新の情報をキャッチしなければいけません。

そこでおすすめなのが、スクールを受講することです。

特におすすめしたいのが「Withマーケ」。

Withマーケでは、SNS運用のスキルが学べることに加え、定期的なオンライン勉強会で知識をアップデートできます!

まずは無料体験もあるので、ぜひ覗いてみてください!

\まずは無料体験/
SNS運用代行を目指す
Withマーケを覗く
(プロの無料相談付)

③仕事を受注する

スクールでスキルを身につけた後は、実際に仕事を受注しましょう。

SNS運用代行として仕事を受注する方法は、大きく分けて3つあります。

  • クラウドソーシング
  • SNS
  • オンラインスクール

それぞれについて見ていきましょう!

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、Web上で仕事の受発注を行うマッチングサービスです。

クラウドソーシングには、初心者向けの案件も豊富にあるので、これからSNS運用代行を始める方は、ぜひ登録しておきましょう。

たくさんのクラウドソーシングサービスがありますが、とくにおすすめなのは次の3つです。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • ココナラ

クラウドワークスとランサーズは、クラウドソーシング業界の大手TOP2です。

案件数が豊富にあるので、まずはSNS運用代行の仕事を探してみましょう。

ココナラとは、自分のスキルを販売できるスキルシェアサービスです。

SNS運用代行をパッケージ商品として出せるので、サービス内容も価格もすべて自分で決められます。

出品すれば後は待つだけなので、自動的に仕事が入ってくる仕組みを作れます!

SNS

SNS運用代行の仕事を取るには、やはりSNSを活用するべきです。

SNSを活用して仕事を取る方法は、大きくわけて3つあります。

  • SNS経由で依頼をもらう
  • SNSのお仕事募集に応募する
  • SNSアカウントに直接営業する

インスタやXなどのプロフィールに「SNS運用代行」と入れ、日々発信をすることで、発信を見てくれた方から声をかけてもらえる可能性があります。

また、SNSで「運用代行募集」と検索してみると、案件の募集がヒットします。

条件に見合う案件があれば、メッセージなどを送り応募してみましょう。

SNSでの応募はクラウドソーシングよりも競合の数が少ない傾向にあるので、案件を受注しやすいのが特徴です。

なお、最もおすすめなのはSNSアカウントに直接営業すること

情報発信をしている方に運用代行の提案をしたり、別のSNSアカウントを新たに立ち上げることを提案したりと、カスタマイズの幅は無限大です。

少しハードルが高く感じるかもしれませんが、日々その人の発信を追っていれば、魅力的な提案ができるでしょう。

直接営業は競合がいないので、仕事を取る際の穴場です。

オンラインスクール

オンラインスクールを挙げた理由は、受講生同士の繋がりから仕事になるケースも非常に多いためです。

例えば、以下のような事例です。

  • 実店舗の経営者がLINE運用に手が回っていない
  • ブログ運営者が新たにSNS経由で読者を集めようとしている
  • YouTubeの撮影・編集が忙しくアカウントの分析ができていない

受講生はそれぞれ色んな事業に取り組んでいます。

このような悩みを抱えている方はたくさんいるので、何気ない雑談から仕事に繋がることも。

オンラインスクールを選ぶ際は、受講生同士の交流会が開催されているかなどもチェックしてみましょう。

実際にWithマーケでも、勉強会をきっかけに受講生同士でお仕事に繋がった事例があります!

オンライン・オフラインともに勉強会や交流会を開催しているので、ぜひ活用してみてください!

\まずは無料体験/
SNS運用代行を目指す
Withマーケを覗く
(プロの無料相談付)

実績を作り、より好条件の仕事を獲得しよう!

自身のアカウント運用や、運用代行の仕事で成果が出たら、その実績をもとにより好条件の案件を獲得しましょう。

  • どのようなアカウントを運用したのか
  • どのような成果を出せたのか
  • どのような強みがあるのか

このような内容をまとめたポートフォリオを作成することで、実績が見える化されるため、より案件を受注しやすくなります。

好条件の案件を受注できると、その分収入も伸びるので、モチベーションにも繋がりますね。

気になるSNS運用代行フリーランスの収入

SNS運用代行フリーランスの僕が個人で月30万稼ぐ方法を紹介

個人で行うSNS運用代行の収入は業務内容によって異なります。

投稿の作成だけであれば、1投稿あたり3,000〜5,000円程度ですが、広告運用などマーケティング業務を含めると月30〜50万円以上の収入も見込めます。

ブログやYouTubeなどは1投稿あたりの金額ではありませんが、運用代行を一通り行う場合、月40〜60万円程度が目安です。

また、請け負うクライアントを増やすと、収入はさらに増やせます。

最初から多くの仕事を受けるのは難しいため、1つのアカウントで成果を出し、徐々に仕事の幅を広げていきましょう。

ここからは個人でSNS運用代行をするメリット・デメリットについてお伝えします!

現役が語る:個人でSNS運用代行をするメリット

SNS運用代行フリーランスの僕が個人で月30万稼ぐ方法を紹介

個人でSNS運用代行をするメリットは、次のとおりです。

  1. 無料で気軽に始められる
  2. スキマ時間で作業ができる
  3. 結果が目に見えやすい
  4. 今後も必要とされる
  5. 自分のアカウント運用にも活かせる

それぞれについて解説します!

①無料で気軽に始められる

SNS運用代行はSNSのアカウントさえあれば、すぐに始められます。

会社を設立したり、オフィスを借りたりする必要がないので、初期投資ゼロでスタートできるのは魅力ですよね。

副業として始めやすい仕事なので、これから個人で稼いでいきたい、ゆくゆくはフリーランスを目指したい方におすすめです。

また、パソコンやスマートフォンで仕事ができるので、場所に縛られることはありません。

地理的な制約を受けないので、全国どこにいても同じ条件で仕事ができます。

それでいて、徐々に実績とスキルを積み重ねていけば、本業を超える月収を得られる可能性があります。

②スキマ時間で作業ができる

SNS運用代行は場所や時間に制約されずに作業できるため、忙しい人でもスキマ時間を活用して仕事ができます。

例えば、投稿やメッセージのやり取りなどはスマホで完結するので、電車での移動時間や昼休みなど、日常のスキマ時間を有効活用できますね。

作業内容も1つ1つの工程が短時間で完結するものが多く、短時間でも効率的に作業を進められます。

③結果が目に見えやすい

SNS運用代行は、投稿の反応やフォロワー数の増加など、成果が目に見えやすい仕事です。

クライアントに対しても、具体的な数字を示すことで、運用の効果を明確に伝えることができます。

これらの数字を詳細に追うことで、自分の作業の成果を可視化できます。成果が目に見えることで達成感も得られ、継続的なモチベーションの向上にも繋がるでしょう。

また、実績が積み上がることで、新しいクライアントを獲得しやすくなります。

④今後も必要とされる

SNSは、現代のビジネスやマーケティングにおいて欠かせないツールです。

商品やサービスの紹介のみならず、フォロワーさんとのコミュニケーションができるので、ファン化にも繋げやすいのが特徴です。

SNS市場は今後も拡大が見込まれているため、SNS運用代行は今後も必要とされる仕事といえるでしょう。

SNS運用は専門知識を持っている人が少ないことから、一企業内で完結するのが難しく、外部に委託するケースが多いのが現状です。

今後も新しいSNSが誕生することを考えると、スキルを磨くことで継続的に仕事を得られるでしょう。

⑤自分のアカウント運用にも活かせる

SNS運用代行を行うことで、自身のアカウント運用のスキルも向上します。

クライアントのアカウントを運用する中で、SNSマーケティングのスキルが高まるためです。

YouTubeやブログ、Instagramなどを運用している場合、収益化にも繋げられるでしょう。

さらに、自身の商品を持つことで、事業を加速できます。

  • SNS運用代行の収入
  • 自身のSNSの広告収入
  • 自社商品の売上

このように収入源を増やせるので、収入の額や事業の安定性が増します。

筆者がSNS運用代行で感じたデメリット

SNS運用代行フリーランスの僕が個人で月30万稼ぐ方法を紹介

SNS運用代行には、メリットがある一方で、次のようなデメリットもあります。

  1. 覚えることが多い
  2. 流行り廃りがある
  3. ライバルが多い

それぞれについて解説します!

①覚えることが多い

SNS運用代行では、SNSの仕組みやアルゴリズム、最新トレンドなどを常に把握する必要があります。

プラットフォームごとに特徴が異なるため、Instagram、X、YouTubeなど複数のSNSの運用ノウハウを習得しなければなりません。

また、時にはコピーライティング、デザインなどのスキルも求められます。

これらのスキルを習得するには、毎日少しずつ学び、実践していくしかありません。

とはいえ、すべてのプラットフォームをマスターするのは大変なので、まずは注力するSNSを絞るのがおすすめです。

また、オンラインスクールやコミュニティを活用して、効率よくインプットするのも大切です。

②流行り廃りがある

SNSの世界はトレンドが常に変わるため、流行り廃りが激しいです。

新しい機能の追加やアップデートが頻繁に行われ、ユーザーの興味や行動パターンも変化します。

これに対応するためには、常に最新の情報をキャッチアップし、試行錯誤を繰り返さなければなりません。

また、プラットフォーム自体の人気も変動します。

2000年代前半からFacebookが台頭し、日本でもGREEやmixiなどのSNSが普及しました。

しかし、現在ではTwitterやInstagram、TikTokなどのSNSがメジャーとなっています。

また、近年Meta社がThreads(スレッズ)をリリースするなど、SNS業界は常に変化しています。

注力しているプラットフォームの人気が下がるとこれまでの努力が無駄に感じることもありますが、変化に柔軟に対応することで、長期的に成功する可能性が高まります。

また、プラットフォームが変わろうと、SNSマーケティングの本質は変わりません。

XやInstagramなど、媒体が変わっても成果が出せる運用代行を目指すためにも、マーケティングの知識を身につけましょう。

その際におすすめなのが「Withマーケ」です。

Withマーケでは、どのビジネスにも欠かせないマーケティングの本質が学べます。

無料体験も可能なので、ぜひ覗いてみてください!

\まずは無料体験/
SNS運用代行を目指す
Withマーケを覗く
(プロの無料相談付)

③ライバルが多い

SNS運用代行は無料で始められることもあり、新規参入が多い業界です。

その分、市場は競争が激しく、ライバルも多くなっています。

このような状態で成果を出すには、特定のプラットフォームに特化して強みを持ったり、実店舗に特化して活躍の場を変えたりする工夫が求められます。

価格競争に陥らないためにも、自分の強みを持ち、独自の価値を提供しましょう。

また、継続的に依頼を受けたり、紹介を受けたりする関係性を構築することが大切です。

SNS運用代行で稼ぐポイント【個人で食っていく】

個人やフリーランスのSNS運用代行になること自体は難しくありません。

難しいのは、継続して稼いでいくことです。

個人として仕事をする以上、誰も助けてくれません。

以下のようなポイントをもとに、個人で稼ぎ続けられるSNS運用代行を目指しましょう。

  • 継続案件を確保する
  • マーケティングスキルを身につける
  • 徐々に仕事の幅を広げる

それぞれについて解説します!

継続案件を確保する

同じクライアントから継続して仕事を任せてもらえれば、安定した収入を得られますし、営業にかかる手間やコストを削減できます。

継続案件を確保するために必要なことは「クライアントから信頼してもらうこと」です。

  • スムーズなコミュニケーションを取る
  • 相手のタメになる提案をする
  • 成果に責任を持つ

このようなことを徹底することで、自然と継続案件は増えていきます。

まずは目の前の案件に精一杯取り組みましょう。

マーケティングスキルを身につける

SNS運用代行として成果を出すために必要なのは、マーケティングスキルです。

  • 顧客のニーズ・心理を把握する
  • 商材の理解を深める
  • 数値を適切に分析する
  • 新たな企画を立てる

これらのことにしっかりと取り組むことで、成果を生み出すSNS運用ができるようになります。

とはいえ、これらのことを未経験から独学で学ぶのは難易度が高めです。

そこでおすすめなのが「Withマーケ」です。

Withマーケでは、数値分析だけでなく、マーケティングの本質となる顧客理解・商材理解について学べます。

まずは無料で体験できるので、ぜひ覗いてみてください。

\まずは無料体験/
SNS運用代行を目指す
Withマーケを覗く
(プロの無料相談付)

徐々に仕事の幅を広げる

SNS運用代行として継続的に稼いでいくには、徐々に仕事の幅を広げるのが大切です。

最初は、SNSの投稿やユーザーとのやり取りなどがメインになりますが、徐々に広告運用なども巻き取ることで、仕事の幅を広げられます。

仕事の幅が広がるということは、それだけ提案の幅も増えるということ。

よりクライアントの成果を生み出す運用代行として活躍できるでしょう。

SNS運用代行に向いている人

SNS運用代行フリーランスの僕が個人で月30万稼ぐ方法を紹介

SNS運用代行に向いているのは、以下に該当する人です。

  • SNSが好き
  • デザインや文章表現が得意
  • コミュニケーション力が高い
  • データ分析が得意
  • 責任感がある

SNS運用代行は、日頃から多くのSNSを利用し、トレンドに敏感で新しいサービスを取り入れるのが好きな人に向いています。

また、投稿に興味を持ってもらうには、魅力的な文章やデザインが欠かせません。

このあたりはスキルの部分なので、日々の投稿を分析し、どのような投稿だと反応が良いのかを試行錯誤する必要があります。

なお、SNS運用代行はクライアントワークなので、クライアントの要望をきちんと汲み取り、信頼関係を築くコミュニケーション力が必要です。

SNS運用代行は、結果責任が伴うことを十分に理解し、質の高いサービス提供を心がけましょう。

SNS運用代行に関するQ&A

SNS運用代行フリーランスの僕が個人で月30万稼ぐ方法を紹介

ここからは、SNS運用代行に関するよくある質問に回答します!

SNS運用代行で取ると良い資格はありますか?

SNS運用代行をするにあたって資格は必要ありません。

ただし、マーケティング分野の知見を深める必要はあります。

例えば、SNSマーケティング検定やWeb解析士の勉強をするなど。

必ずしも資格を取得する必要はありませんが、知識として知っていて損はありません。

副業として大きく稼ぐこともできますか?

もちろん可能です!

クライアントの数を増やす、投稿だけでなく広告運用まで巻き取るなど、方法はたくさんあります。

ご自身の稼働時間などを踏まえて、適切な方法を選びましょう。

自分で起業することもできますか?

自分で起業も目指せます!

SNS運用代行をすることで、SNSの知見がどんどん深まります。

ご自身の商品を作りさえすれば、これまでの知見を活かしてSNSで多くの顧客を獲得できるでしょう。

なかなか案件を受注できないのですが、どうすれば良いですか?

はじめはポートフォリオを充実させることをおすすめします。

運用実績を積み重ね、成果が分かる資料を用意することで、信頼を獲得しやすくなります。

また、SNSを活用した自身のプロモーションも大切です。

専門性をアピールし、ほかのSNS運用代行との差別化を図りましょう。

横の繋がりも重要になるので、異業種の方と交流するのもおすすめです。

Withマーケでは受講生同士の交流会や勉強会を頻繁に開催しているので、ぜひ活用してみてください!

\まずは無料体験/
SNS運用代行を目指す
Withマーケを覗く
(プロの無料相談付)

個人のSNS運用代行で稼ぐならWithマーケ

SNS運用代行フリーランスの僕が個人で月30万稼ぐ方法を紹介

SNS運用代行で稼ぐには、あらゆるプラットフォームの理解と、試行錯誤が求められます。

しかし、自分1人で運用を行うだけでは、得られるノウハウに限度がありますし、何よりもスピードを速められません。

だからこそ、本気でSNS運用代行で稼ぎたい方は、スクールを活用するのがおすすめです。

スクールでは、プロの講師からアドバイスを受けられるほか、受講生同士の繋がりがあるため、自分では気づけなかった知見が手に入ります。

Withマーケなら、月額たった4,980円で、あらゆるSNSのノウハウや仕事獲得術を学べます。

SNS運用代行を学び、個人やフリーランスとして稼ぎたい方には、特におすすめです。

納得して入会してもらうために、無料お試しアカウントも用意しているので、ぜひ試してみてください!

\まずは無料で/
SNS運用が学べる

Withマーケの
詳細を見てみる