裏方で支える仕事を10年やってきた僕が特におすすめしたい仕事7選

裏方で支える仕事を10年やってきた僕が特におすすめしたい仕事7選

「自分よりも誰かが活躍できるように、縁の下の力持ちとして仕事がしたい」

「人前に立ったり人を引っ張るより、裏方の方が性に合ってるし、やりがいを感じる」

「裏方の仕事でも自分の頑張りを評価してほしい」

営業のように前線にバリバリ立つ仕事は向いてないけど、誰かに貢献している実感をしっかり持ちながらやりがいある仕事をしたい。

そんなふうに思う人も多いのではないでしょうか?

本記事では、「裏方としてエンタメやイベントの世界を支える仕事」を10年以上続けている筆者が、誰かや世の中に貢献している感覚を持ちながら働けるおすすめの仕事について紹介していきます!

裏方で人をサポートする仕事ではありますが、成果も目に見えて分かりやすく、貢献している実感を得やすいのが特徴です。

やりがいを持っていきいきと働きたい方は、ぜひ最後までご覧ください!

裏方で支える仕事を選ぶ際の基準3つ【目指せ縁の下の力持ち!】

裏方で支える仕事を10年やってきた僕が特におすすめしたい仕事7選

裏方で支える仕事というと、舞台の裏方さんやテレビ業界でのAD(アシスタントディレクター)さんなどを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

ですが、もう少し広く捉えると、裏方で支える仕事=人をサポートする仕事とも考えられます。

そこで、人のサポートをするのが好きな人が、仕事選びをする際に大切なポイントを3つ紹介します。

裏方で支える仕事選びの基準
  • 働き方が柔軟かどうか
  • 貢献している実感が得やすいか
  • 未経験からでも始めやすいか

①働き方が柔軟かどうか

在宅勤務やリモートワークが一般的になってきた今、フル出社で働くのはしんどいと思う方も多いでしょう。

裏方で支える仕事の中では現場仕事など、出勤が前提となる仕事も多いですが、リモートでも十分に働ける環境も増えてきています。

オンライン上で働けるようになると、地方や海外など、遠方の人も同時に繋がれるため、サポートできる人数がグッと増やせますよ!

また、家庭や子育てと両立したいという方も増えている今の時代は、産休はもとより男性の育休に力を入れている企業も続々と出てきています。

人をしっかりとサポートするには、まずは自分の生活が無理なく充実しているのが大前提です。

働き方が柔軟だと心身ともに余裕が生まれやすく、活き活きと裏方の仕事に注力できますよ。

②貢献している実感が得やすいか

裏方で支える仕事の多くは、あくまで表舞台に立つ人たちをサポートが目的のため、表立って自分の頑張りや活躍が目立ちにくい特徴があります。

例えば舞台役者さんなどが脚光を浴びる一方、舞台裏は客席から見えないように、裏方仕事はなかなか評価されづらい環境だったりもします。

僕の経験上、裏方の人は「雑用のような扱い」をされるケースも確かに存在します…。

また、事務仕事など日々細かなルーティン業務を行うケースもあり、自分の仕事が会社やビジネスに貢献出来ているか、不安に思う場面もあるでしょう。

なので、自分の日々の積み重ねが数字に反映されて評価につながったり、サポートする相手の成長を身近に感じられたり、自分の頑張りが誰かに貢献していると感じやすい仕事を選ぶのがおすすめです。

この後で紹介する「Web系」の職種であれば、クライアントのビジネスに貢献する実感を得やすいため、ぜひ検討してほしいです!

③未経験からでも始めやすいか

裏方の仕事を探す際、未経験からでも始めやすいかどうかは重要な要素です。

なぜなら、興味があるだけで仕事を選んだとしても専門性が高すぎると、仕事にするまでに学習や資格取得までの道のりが険しく、時間がかかりすぎる職種もあるからです。

例えば、医療系の仕事や弁護士など国家資格が必要なジャンルの仕事は、専門学校や大学で何年もかけて学んだとしても、確実に仕事に就けるかはわかりません。

舞台関係でも音響や照明など専門的な技術を要する仕事は専門学校出身の人が多いですが、活躍できる人はほんの一握りです。

ですが、「できるだけ早く裏方で支える仕事で活躍したい」と思っている方も多いでしょう。

未経験からでも始めやすい仕事を選べば、最短で裏方として人をサポートしながらやりがいを持って働くことができますよ!

裏方で支える仕事をしたい人にはWeb業界がおすすめ!

裏方で支える仕事を10年やってきた僕が特におすすめしたい仕事7選

ここまで、裏方で支える仕事を選ぶための基準についてお話してきました。

  • 働き方が柔軟かどうか
  • 貢献している実感が得やすいか
  • 未経験からでも始めやすいか

上記の基準を満たした仕事の中でも、特におすすめなのは「Web業界」の仕事です。

Web業界の仕事がおすすめな理由
  • リモートワーク中心で柔軟な働き方がしやすい
  • サポートへの貢献度が数字で見えやすい
  • 未経験からでもスキルを習得しやすい

まず、Web業界は仕事とプライベートの両立がしやすく、データで売上などの目標に対する貢献度が明確にわかるため、やりがいを感じやすいです。

弁護士などのように何年もかけて資格取得を目指す必要はなく、半年〜1年ほどでも知識やスキルの習得が可能で、フリーランスであれば収入は青天井になる可能性もあります。

未経験から目指せる仕事としては非常に魅力的ですよ!

裏方で支える仕事をしたい人におすすめのWeb系職種7選

裏方で支える仕事を10年やってきた僕が特におすすめしたい仕事7選

これまで少し触れた通り、裏方で支える仕事をしたい人に特におすすめしたいのは「Web系」の職種です!

いずれも先にも紹介したような、柔軟な働き方が実現可能で、未経験からでも目指しやすい仕事ばかりです。

僕も未経験からWebライターを始めましたが、スキマ時間の副業でも月5万円以上をコンスタントに稼げています!

会社員として転職はもちろん、フリーランスとして自由なスタイルで働く事もできます。

今後もWeb業界は右肩上がりに伸びていくとも言われており、今のうちに知識やスキルを身につけておけば、裏方として必要不可欠な人材になれますよ。

裏方で支えるWeb系の仕事
  1. Webマーケター
  2. Webライター
  3. Webデザイナー
  4. Instagram運用代行
  5. ブログ・アフィリエイト
  6. 動画編集
  7. ITエンジニア

①Webマーケター

Webマーケター

Webマーケターは、Webを使って商品やサービスを売るための集客のプロです。

ヒット商品の影の立役者として活躍する存在です。

Web上でものの売買が一般的になっている現在、Webでの集客をしたいと考える企業や個人事業主の方も増えてきています。

そんな中で、Webマーケターとして活躍する人材はまだまだ少なく、市場価値は非常に高いです。

また、企業の売上に直接貢献できるWebマーケターの仕事は、給与水準が高いです。

フリーランスとして独立できれば、収入は青天井になる可能性も秘めています

ですが、完全未経験から目指すにはハードルが高いです。

「Withマーケ」では、Webマーケターの具体的な仕事内容や、目指し方がわかる講座を無料で受けられます。

気になる方は、今すぐ受け取ってみてください!

高収入を実現する

\裏方のスキルが身につく/

Webマーケター無料講座を受け取る

②Webライター

Webライター

Webライターは、企業などのWebメディア上に掲載する記事を執筆する仕事です。

執筆するジャンルはメディアによって様々で、金融やビジネス系、スポーツやエンタメなど、幅広い記事に携わることが可能です。

僕も実際に、金融やエンタメ関連の記事執筆に携わっています!

Webライターとして活躍するには、SEOやWebライティングといった専門的な知識は必要ではあるものの、未経験からでも始めやすいのが大きなメリットです。

他にも、以下のようなメリットがあります。

  • フルリモートで働けるため、時間や場所に縛られず働ける
  • 即金性が高く、未経験からでもすぐに稼ぎ始めることができる
  • ライティングなど、一生モノのスキルが身につく

裏方として企業の運営するメディアの記事制作を支えられる、やりがいのある仕事です。

Webライターに興味がある方は、副業からでも月5万円の収入を目指せる無料のライター5日間講座を受けてみてください!

最短3ヶ月で月5万円

\高単価Webライターになれる/

Webライター5日間講座を受け取る

③Webデザイナー

Webデザイナー

Webデザイナーも、裏方で企業を支える仕事としておすすめです。

企業等のWebサイトを魅力的なデザインにするのが、主な役割です。

在宅で仕事ができるため、子育て世代のママさんにも人気の仕事となっています。

デザインの仕事はセンスがないとできないと思われがちですが、基礎を身につければ誰でも挑戦できます。

企業の顔となるWebサイトを、デザインで支えるという非常にやりがいのある仕事と言えるでしょう。

さらに、WebサイトのデザインやLP制作といった大きな仕事ができるようになれば、副業でも20万円〜30万円ほどの収入を得られるため、フリーランスとして独立も夢ではありません

Webデザイナーに興味がある方は、LINEから簡単に受け取れる「稼げるWebデザイナーになる方法」がわかる無料講座を受講してみてください!

未経験からでも

\Webデザインのプロを目指せる/

Webデザイナー無料講座を覗いてみる

④Instagram運用代行

インスタグラム運用代行

Instagram運用代行とは、文字通り個人や企業のInstagramの運用を代行する仕事です。

Instagram運用自体は、企業の商品やサービスを紹介して広告料を受け取るビジネスモデルですが、投稿の作成やアイデア出し、メッセージへの返信など、クライアントとなる人の代わりを務めるのが代行の役割です。

クライアントに代わって投稿作成するのは、まさに裏方の仕事と言えます。

Instagramの運用代行を目指すなら、まずは自分のアカウントを実際に運用してみて、代行のイメージを掴むのが良いでしょう。

うまくいけば、自分のアカウントで広告収入が得られて稼げる可能性もありますよ!

Instagram運用代行に興味がある方は、副業月収5万円を目指せる完全無料のインスタ収益化講座をご覧ください!

少ないフォロワーでも

\インスタ副業で稼げるようになる/

無料でインスタ収益化講座を受けてみる

⑤ブログ・アフィリエイト

ブログ・アフィリエイト

今までの仕事とは少しイメージが異なるかもしれませんが、ブログ・アフィリエイトをおすすめします。

ブログでは、先に紹介したInstagram運用のように、ブログ記事を通じて企業の商品やサービスを紹介して、成約することで広告料が得られます

企業に属して働いたり、クライアントの仕事を請け負う形ではないため、自分のペースで働けるのが魅力です。

ブログはストック型の収入と言われており、一度稼ぎ始めたら自動的に収益が上がる仕組みを作り上げることができます。

ただし、収益化までには最低でも半年〜1年ほど時間がかかるため、初めのうちは稼げないと考えた方が良いでしょう。

また、実績ができれば将来的にはWebライターやWebマーケターへの転身も可能になるため、リスク無くWebの仕事に挑戦してみたい人には特におすすめです!

ブログで稼いでみたい方は、月収5万円を目指せるブログ無料5日間講座を覗いてみてください!

\月5万円の自動収益化を実現/

無料のブログ5日間講座を覗いてみる

⑥動画編集

動画編集は、YouTubeなどに投稿する映像コンテンツの編集をする仕事です。

動画(映像・音声)の編集やエフェクト・テロップの追加などを担当するため、専門的な知識やスキルが必要な仕事です。

動画のカットやテロップ挿入は基礎的なスキルのため、1ヶ月ほどしっかり勉強すればマスターでき、未経験からでもすぐに仕事に繋げることができますよ。

また、動画編集の仕事はエンタメ系のコンテンツ以外にも、企業の紹介や採用のための動画など、あらゆるビジネスにも転用できるため、需要が高い仕事の一つです。

興味がある方は、Wbe系の裏方仕事の選択肢として検討してみてください!

⑦ITエンジニア

ITエンジニアは「IT技術者」の総称で、コンピューターを動かすためのシステム設計などを行う仕事です。

ITエンジニアにも幅広い職種があり、プログラマーやシステムエンジニアなど、それぞれ専門領域が異なります。

ITエンジニアは理系のイメージがある方も多いでしょうが、文系・理系関係なく活躍している人が多く、正社員以外にも派遣や業務委託、フリーランスとして独立開業も目指せます。

ただし、かなり専門性が高い仕事になるため、プログラミング言語の習得など、合わないと感じると挫折しやすいです。

とはいえ、最先端の技術に目がなく、自分の興味のある分野で専門性を高めたい人には楽しい仕事でしょう。

無料のサイトでプログラミング学習を体験することも可能なため、適性があるかを確認してから挑戦するのがおすすめです。

おすすめの仕事と無料講座
  1. Webマーケター
    → Webマーケター無料講座
  2. Webライター
    → Webライター5日間講座
  3. Webデザイナー
    → Webデザイナー無料講座
  4. Instagram運用代行
    → インスタ収益化講座
  5. ブログ・アフィリエイト
    → ブログ5日間講座
  6. 動画編集
  7. ITエンジニア

最短でWebスキルを習得したいならスクール活用もおすすめ

裏方で支える仕事を10年やってきた僕が特におすすめしたい仕事7選

インターネット上に情報が溢れている今、Web系の仕事で必要な知識やスキルは、書籍以外にもWeb上の記事やYouTubeなどの動画配信でも手軽に学べます。

独学なら低コストで学べますが、一方でかなり時間がかかってしまったり、行き詰まった時に聞ける人が居なくて挫折しやすいです。

そのため、最短でスキルを習得したい方には、スクールの活用をおすすめします。

Webマーケティングを学べるオンラインスクール「Withマーケ」なら、現役プロの講師陣から直接教わることが可能です。

また、動画学習が中心のため、好きな場所・時間帯で自分のペースで学習できます。

定期的に勉強会も開催しており、講師へ直接質問できる機会も多くあるため、不安を解消しながら最短でスキルを身につけられます

以下では、あなたの興味に合ったおすすめのコースについて紹介していきます!

Withマーケ|ブログ・SNS副業を学べる

月額制Webマーケティングスクール Withマーケ

Withマーケは「副業で稼ぎながら学べる月額制Webマーケティングスクール」です。

月額4980円(1日経った166円!)でブログやSNS などのWebスキルを幅広く学べます

Withマーケの魅力
  • 幅広いWebマーケティングを学べる
  • 無料個別相談が受けれる
  • 回数無制限の質問回答サービスがある
  • 勉強会でノウハウを学べる
  • 400本越えの動画コンテンツが見放題

Withマーケは学習ロードマップがあるため、未経験からWeb系の裏方仕事を目指したい人でも、自分に合った学習の進め方が見つけられます。

また、LINE無料個別相談で「収益化までの方法を提案」もしてくれます。

無料個別相談をしているので、些細なことでも悩みを相談してみましょう。

\ 400本以上の動画で副業が学び放題! /

「Withマーケ」を覗いてみる

Webライティングコース|3ヵ月で高単価Webライターを目指せる

Withマーケ Webライターコース

続いて紹介するのが「WithマーケWebライティングコース」です。

裏方の仕事としてWebライターを始めてみたい、副業でしっかり稼ぎたい人におすすめのコースです。

Webライターの基礎から案件の獲得法まで学べるため、未経験から最短3ヶ月で高単価Webライターを目指せます。

高単価Webライターになるためのノウハウが充実しているため、文章で人をサポートしながらしっかり稼げるようになりますよ。

無料個別相談で、プロのWebライターに相談できます。

\まずは、無料個別相談/

Webライティングコースを覗いてみる

Webデザイナーコース|3ヵ月で高単価Webデザイナーが目指せる

Withマーケ Webデザイナーコース

次に紹介するのが「WithマーケWebデザイナーコース」です。

表現するのが好きで、デザインで人のサポートができる仕事に興味がある人におすすめのコースです。

デザインの基礎から学べるため「センスがないから・・・」と諦めている人でも、挫折することはありません。

また、プロのデザイナーに直接添削指導してもらえるため、最短でプロ視点のデザインが分かるWebデザイナーになれます。

さらに、Webデザイナーは1つの案件が高単価なので、副業でも本業並みに稼ぐこともできます

未経験から3ヵ月で高単価Webデザイナーを目指せるノウハウが学べるため、デザインで人の役に立ちたいという人はぜひ挑戦してみてください。

今なら、期間限定の無料カウンセリングも実施中です。

\まずは、無料カウンセリング/

Webデザイナーコースを覗いてみる

SEOマーケター即戦力コース|現場で活躍できるSEOマーケターを目指せる

Withマーケ SEO即戦力コース

最後に紹介するのが「WithマーケSEOマーケター即戦力コース」です。

SEOマーケティングの裏方として、企業の売り上げに貢献したい人におすすめのコースです。

SEOとはGoogleの検索エンジンで記事を上位表示させる施策のことです。

企業は基本的に大きな広告費をかけて集客をしますが、SEOができると広告費を減らしつつ集客をすることができるようになります。

広告費の削減と売上UPに貢献ができるため、高収入を得やすいのが特徴ですね。

リモートワーク中心の働き方が可能なため、自分の生活を充実させながら裏方の仕事に専念できます

現役プロのマーケターが、「合計6回の個別面談」「職務経歴書の添削」「面談対策」などの個別サポートを行ってくれるなど、未経験からでも3ヵ月後には現場で活躍できるカリキュラムで学ぶことが可能です。

また、実案件で実践経験を積むことができ、仕事獲得のサポートもついているため安心です。

SEOマーケティングの裏方で即戦力として働きたい人は、まずはLINE無料個別相談を受けてみてください

\まずは、LINE無料個別相談/

SEOマーケターコースを覗いてみる

裏方で支える仕事に向いている人の5つの共通点

裏方で支える仕事を10年やってきた僕が特におすすめしたい仕事7選

裏方で支える仕事で活躍をしている人には、共通点があります。

ですが、今回紹介する共通点は、必ずしも全て当てはまっている必要はありません。

一つでも当てはまっていれば、裏方の仕事に向いていると言えます。

人をサポートする仕事を目指したいと考え、本記事を読んでいるあなたなら、向いている要素が必ずあるはずです。

一緒に自分に合った強みを見つけていきましょう!

①人をサポートするのが好き

人のサポートをするのが好きな方は、間違いなく裏方の仕事に向いています。

冒頭でも説明した通り、「裏方で支える仕事=人をサポートする仕事」だからです。

人前に立ったり、先頭に立って引っ張ったりするのは苦手でも、誰かの役に立つためなら頑張れると思える「縁の下の力持ちタイプ」の方が当てはまります。

舞台に立つ演者の方を輝かせるように、陰ながらの努力が苦でなければ活躍できるでしょう。

②人の成長を素直に喜べる

サポートした相手の成長する姿を見た時に、自分ごとのように素直に喜べる人は裏方で支える仕事にマッチしています。

一緒になって喜んでもらえたら、相手も嬉しいですし、次も安心して仕事を任せたいと思ってもらえるからです。

僕はイベントの仕事に携わっていますが、クライアントが主催するイベントに伴走し、年々規模が大きくなっていく様子を間近に見れた時に喜びを感じますし、「次もお願いしますね!」と言われた時は非常にやりがいを感じます!

Web系のクライアントワークなどでも同じで、自分が稼ぐことだけ考えるよりも、取引先のビジネスで成果を出すために一緒に考え、共に成長していける人をビジネスパートナーとして選びたいと思うはずです。

③他の人と協力できる

リモートワークが普及してきた今、自宅にいながら一人で黙々と作業できると考える方も多いですが、実際には他の人との協力が不可欠です。

世の中に、完全に一人で完結する仕事は無いからです。

商品を売ろうとすれば購入する相手がいますし、何かを作るために誰かに協力を得ないといけない場面もあります。

裏方で支える仕事を探している人の中には、話すのが苦手な方もいるかもしれません。

ですが、リモートワークだからこそチャットツールを活用すれば対面せずにやり取りも十分できます

僕も落ち着いて文章を考えられるため、テキストコミュニケーションの方が向いていると感じています。

④泥臭い作業でも苦にならない

裏方で支える仕事は、基本的に地味で泥臭い仕事が多いです。

事務方の仕事もルーティンワークが中心なため、地味に感じる人も多いでしょう。

舞台やイベント関係の裏方業務は雑用のような仕事もありますし、舞台をイチから搬入して組み上げていく作業は、泥臭さの代表格とも言えます。

体力的な大変さもありますが、舞台役者さんや営業や広報など花形とも言える仕事よりも圧倒的に地味であるのは間違い無いでしょう。

めんどくさいと感じる仕事が苦手だと思う人が多い中、地道にコツコツと続けられる人は重宝されるので、裏方の仕事に適任です。

⑤変化に柔軟に対応できる

感染症の影響など、日本国内だけでなく世界中で大きな変化が起きる場面もある現代。

舞台の世界やイベントの世界でも、技術が日進月歩で進化していくため、常に環境の変化に晒されています。

裏方で支える立場で働く人たちも、仕事のアップデートを常にしていく必要があります。

Web業界も同様で、SNSやGoogleのアルゴリズムと呼ばれる指標が常に変化を続けており、ChatGPTなど新しい技術の登場など、数年の間に一気に変化が訪れる環境です。

「昔のやり方だけ」に固執し続けていると置いて行かれてしまいます。

変化を受け入れ、柔軟に自分も変わっていこうとできる人、率先して学んで取り入れていこうと考えられる人は、裏方として活躍できるでしょう。

裏方で支える仕事のやりがい3選

裏方で支える仕事を10年やってきた僕が特におすすめしたい仕事7選

裏方で支える仕事は、どうしても表舞台で活躍する花形の仕事と違って地味な印象があるのも事実です。

ですが、裏方として人をサポートできる仕事ならではのやりがいも存在します。

あなたの今までの経験から、やりがいに感じたことのある部分に重なる点があれば幸いです。

①人を輝かせられる

裏方の仕事の醍醐味は、サポートする人を輝かせられる点が挙げられます。

芸能界でも舞台役者の方でも、スポットライトを浴びる人の影には必ずサポート役が存在します

マネージャーや監督、プロデューサーなど、スターを誕生させるためにあらゆる裏方の人が活躍しているんですよね。

他のビジネスでも同じで、例えばWeb系の仕事でも、あなたの努力次第でヒット商品の立役者になれる可能性もあります。

自分の携わった人や商品が成長したり、売れていく様子を目の当たりにできたりしたら、やりがいはひとしおです。

②専門的なスキルが身につく

裏方の仕事は、ある意味で他の人を「楽にさせる」仕事でもあります

どんなビジネスでも規模が大きくなるほどに、全て一人で対応することは難しく、専門的な知識を持つ人によるサポートを必要としています

経理や税理士の仕事などが、特にイメージしやすいのではないでしょうか。

Webで集客をしたいと考える人のサポートであれば、SEOやWebデザインの知識やスキルを使ってサポートすることができます。

裏方の仕事で専門性を身につければ、市場価値の高い人材になれますよ。

オンラインスクール「Withマーケ」であれば、Webマーケティング全般の知識から、ブログの運営、Webライティング、Webデザイン、SNS運用など、より専門性の高い知識やスキルも身につけることが可能です。

プロの講師から教わることができるため、いち早く専門性の高いスキルを身につけられます。

今ならプロに無料で直接相談できる機会を提供しているので、専門性を高めたい人はチェックしてみてください!

\専門性を身につけるなら/

Withマーケでプロに無料相談する

③人の役に立ち自信につながる

裏方の仕事で人をサポートして役に立てた時、「ありがとう」と感謝の気持ちを受け取ることも多いでしょう。

人から感謝されて嬉しくない人はいないのではないでしょうか?

また、「誰かの役に立つ=誰かの不足を補っている」とも言えます。

つまり、不足を補えるということは、その人にとってあなたが必要不可欠な存在になれるということを意味します。

リーダーシップを発揮して引っ張ってくれる存在も頼り甲斐はありますが、そんな人こそ誰かに頼りたいと思っているはず。

頼られていると実感できたら、裏方仕事が誇りに思えるでしょう。

裏方で支える役割を担う仕事【Web系以外】

裏方で支える仕事を10年やってきた僕が特におすすめしたい仕事7選

最後に、Web系以外の裏方で支える仕事を厳選してご紹介します。

少なからず、これまでに紹介してきた内容に当てはまる仕事ばかりです。

Web系の仕事以外にも選択肢を幅広くみておきたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

Web系以外の裏方で支える役割を担う仕事
  1. 芸術と文化をサポートする仕事
  2. 安全と健康をサポートする仕事
  3. 次世代の成長をサポートする仕事
  4. 目標達成をサポートする仕事
  5. 人の心をサポートする仕事

①芸術と文化をサポートする仕事

芸術と文化をサポートする仕事といえば、舞台やイベントなど、エンタメ系の仕事が思い浮かぶのではないでしょうか。

エンタメ系の仕事はかなり幅広いですが、今回はイメージしやすい代表的な例を紹介します。

舞台監督

舞台監督は、演劇やコンサートなどの舞台芸術やイベントに関わる裏方仕事で、公演をスムーズに進行させるためには不可欠な存在です。

公演のプランニングから携わり、音響や照明、映像、舞台セットなど、舞台上の演出に関わるあらゆる要素を取りまとめます。

自分の演出した公演で、観客の反応を間近に見られるのは非常にやりがいのある仕事と言えるでしょう。

舞台監督として活躍するためには、舞台・映像・音響・照明など演出に関わる深い知識を身につけ、各専門の協力会社やチームと組み、理想的な演出を実現するために緻密なコミュニケーションや指揮が必要です。

表舞台の人たちと密接な関わりがありつつ、他の裏方チームの取りまとめが必要なため、非常に多くの人たちと関わる必要があります。

また、業界全般に言えることですが、舞台の設営から本番、撤収まで全てを監督する必要があるため、かなりハードワークになりがちな点には覚悟が必要です。

テクニカルスタッフ

舞台監督や演出家の人たちを技術的にサポートするのが、テクニカルスタッフの仕事です。

テクニカルスタッフは、舞台芸術にとどまらず、コンサートやイベントなど幅広い分野に携わります。

音響、照明、映像、それぞれ専門知識やスキルが必要となり、日進月歩で変わっていく最先端の技術も抑える必要があります。

希望の演出を叶えるためのプランニングから、会場設営、本番時のオペレーションまで携わります。

希望する演出を叶えられた時は、非常にやりがいを感じられる仕事です。

一方で、舞台監督と同様に、現場ありきの仕事のためハードワークになりがちです。

また、本番時は失敗できないという強いプレッシャーがのしかかる仕事とも言えるでしょう。

②安全と健康をサポートする仕事

次に、人々の生活の安全や健康をサポートする仕事を紹介します。

日々の生活や仕事のトラブルなど、心身ともに健康的に過ごせるようにサポートする仕事なので非常にやりがいがあります。

医師・看護師

医師や看護師は、病気の治療や看護を通じて、人々の健康を守ることで社会を支える重要な役割を担います

患者の一人ひとりと向き合うことで、病気を治せた、回復に向かったなど、健康的な生活をサポートできる点では非常にやりがいのある裏方仕事と言えるでしょう。

ただし、いずれも専門的な知識や資格が必要な仕事のため、何年もかけて専門学校や大学の医学部などで勉強し、実務経験を積む必要があります。

学費も非常に高いので、職業に就くまでに相当なお金がかかる点にも留意が必要です。

弁護士

弁護士は、法律に基づくアドバイスなどを行い、法的に個人や企業の権利や安全を守る役割を担います

民事事件や刑事事件などでの法律相談や訴訟、和解・示談交渉、不服申し立てなどを行い、法律の中で様々な問題を解決し、守られるべき利益を公正に受けられるように務めます。

一見華やかにみえる仕事ですが、離婚や相続、労働問題など、様々なトラブルを扱うため、実際には泥臭い仕事でもあります。

また、医師や看護師と同様に、専門性の高い法律の知識を身につける必要があり、国家資格の取得のために大学の法学部を経て実務経験を積む必要があります

③次世代の成長をサポートする仕事

教育や保育の世界も、裏方として次世代を担う人たちの成長を支える仕事と言えます。

子供たちの将来を実現するための重要な役割となり、やりがいも大きな仕事です。

また、人に教えることを通じて、生徒たちと共に成長していける点でも、充実した仕事と言えるでしょう。

教師・塾講師

教師や塾講師や子どもたちや生徒の教育・指導を通じて、成長を支える重要な役割を果たしています。

学校教育にとどまらず、個別指導を通じて学生の学びを深め、将来の可能性を引き出す仕事は、まさに人を輝かせることが可能です。

もちろん、資格取得のための塾やオンラインスクールで、社会人の成長を支える仕事も存在します。

オンラインスクールなら、リモートワークを実現しやすいですね!

なお、教師の仕事には教員免許が必要なため、大学での教育課程の履修や試験をクリアする必要があります

塾講師については資格は必須ではありませんが、人に教えられるだけの専門的な知識を身につける必要はあるでしょう。

保育士

保育士は、保育が必要な子どもたちを保育園等で預かり、お世話を通じて教育と成長を支えます

働くパパやママ世代の人たちの生活を支える意味でも、人をサポートしていると言えますね。

子どもの成長は早く、見違えるように成長する姿を間近で見れるのは、やりがいがあるでしょう。

一方で、子どもたちの命を預かる仕事でもあり責任は大きく、神経や体力を使う仕事でもあります。

また、保育士は国家資格がいる仕事なため、高校や短大、大学や専門学校等で学び、保育士試験に合格する必要があります。

④目標達成をサポートする仕事

就職や転職、ビジネスなど、人生における様々な目標に向かって邁進する人をサポートする裏方の仕事も存在します。

専門的な知識や経験を元に、相手の目標達成のために具体的なアドバイスを行なっていきます。

相手への深い理解や、客観的な分析力など、裏方の仕事ならではのやりがいを感じやすい仕事と言えるでしょう。

キャリアアドバイザー

キャリアアドバイザーは、学生の就活支援から、社会人の転職支援など、人のキャリア形成のサポートを担う仕事です。

一人ひとりの個性や興味、能力や価値観を深く理解し、最適な職業を紹介したり、キャリアプランを一緒になって考えアドバイスをします。

人の人生に関わる裏方の仕事ともいえ、サポートした人が自己実現を果たし、仕事を通じて充実した人生を送る役に立てるため、非常にやりがいのある仕事と言えるでしょう。

キャリアカウンセリングからスタートし、自己理解のサポートやクライアントとなる企業との調整など、非常に細やかなコミュニケーション力が大切になります。

コンサルタント

コンサルタントは、企業や組織が直面する様々な経営課題に対して、専門的な知識や経験を元に解決策を提案する仕事です。

市場の分析や戦略立案、実行支援など、クライアントのビジネスの成長や業務効率化を支援します。

コンサルタントには経営戦略や人事、財務、ITなど、様々な専門分野があり、担当するクライアントの業界への深い理解や、解決策の提案のための深い専門知識が必要です。

また、常に最新の業界トレンドに精通している必要があるため、勉強をし続けられる人が向いていると言えるでしょう。

なお、クライアントの目標達成のために結果を求められるため、非常にプレッシャーがかかり、時にハードワークになる場合もあるでしょう。

⑤人の心をサポートする仕事

心のサポートを必要としている人も、世の中には多くいます。

そういった方々をメンタル面で支えられる裏方の仕事も、社会的に重要な役割を果たしています

なお、人の心に寄り添う仕事でもあるため、カウンセラー自身の心身の健康を保つ努力も大切になってきます。

スクールカウンセラー

スクールカウンセラーは、名前の通り学生の精神的な健康を支え、学習や人間関係、進路選択など学生生活に関わるあらゆる悩みを解決するための支援をする仕事です。

多感な時期の学生一人ひとりの心の声に耳を傾け、適切なアドバイスを行うことで、健全な学生生活を送れるようにサポートします。

また、家族や他の教員の相談にものり、学生たちが抱える様々な問題の根本的な課題解決を目指すなど、社会的意義も大きい仕事と言えます。

学生の成長を間近で見られて、自己実現に向けて前進できるようにサポートできる点では、非常にやりがいがあるでしょう。

一方で、カウンセリングを行うためには専門の資格はないものの、臨床心理士や精神科医の資格を持つケースが多く、相応の時間や労力をかけて勉強をする必要があります

産業カウンセラー

産業カウンセラーは、職場での人間関係やストレス、働き方に関する悩みなど、企業に属する従業員が抱える心身の健康に関する問題を扱う専門家です。

個別のカウンセリング等を通じて、従業員のメンタルヘルスの改善や、職場環境の工場を目指します。

産業カウンセラーも、社会人が自身の理想の働き方やキャリア形成を実現できるように、メンタルケアを通じてサポートできる点は、やりがいの大きな仕事と言えます。

産業カウンセラーになるには資格は必須ではないものの、心理学などの深い専門知識が必要となるため、信頼獲得のためにも資格があると安心です。

【結論】裏方で支える仕事はやっぱりWeb系がおすすめ!

裏方で支える仕事を10年やってきた僕が特におすすめしたい仕事7選

ここでご紹介した裏方の仕事はあくまで一部ですが、どうしても体力的にしんどかったり、未経験から挑戦するには時間がかかりすぎる仕事が多いのも事実です。

そんななかで僕は完全未経験から副業でWebライターに挑戦しましたが、初めて報酬が振り込まれた瞬間「個人でも誰かの役に立てる」と実感することができました!

リモート環境、一生ものの専門知識やスキル、やりがいと報酬、これらを未経験からでも手に入れやすい環境は「Web業界」の仕事です。

おすすめの仕事と無料講座を改めてまとめておきますので、ぜひ興味がある講座を覗いてみてください!

おすすめの仕事と無料講座
  1. Webマーケター
    → Webマーケター無料講座
  2. Webライター
    → Webライター5日間講座
  3. Webデザイナー
    → Webデザイナー無料講座
  4. Instagram運用代行
    → インスタ収益化講座
  5. ブログ・アフィリエイト
    → ブログ5日間講座
  6. 動画編集
  7. ITエンジニア

これらのスキルを最短で身につけるには、スクールの活用がおすすめです。

改めてまとめておきます!

おすすめのオンラインスクール
  1. Webマーケターで裏方を目指すなら
    → SEOマーケター即戦力コース
  2. Webライターで裏方を目指すなら
    → WithマーケWebライティングコース
  3. Webデザイナーで裏方を目指すなら
    → Withマーケデザインコース
  4. ブログやインスタ代行などの裏方を目指すなら
    → Withマーケ