営業を辞めたい子持ちワ―ママに贈る、無理なく子育てと両立しやすい仕事

営業を辞めたい子持ちワ―ママに贈る、無理なく子育てと両立しやすい仕事

営業として働くワ―ママのみなさん、こんな悩みを抱えてはいませんか?

「営業からの転職を本気で考えるようになった」

「営業から転職してキャリアチェンジしたい」

私も営業職から転職した身ですが、営業はママさんにとって働きやすい仕事とは言えませんよね。。

本記事では、営業職からのキャリアチェンジに成功した私が、

経験を活かした転職術や、未経験でも目指せるおすすめの仕事について徹底解説します。

転職活動中の方、これから転職に向けて動き出したい方など、転職に悩む営業ママさん全員に読んでほしい内容です!

 

転職活動中のママさんへ、どうしても伝えたい1つのこと

営業を辞めたい子持ちワ―ママに贈る、無理なく子育てと両立しやすい仕事

本題に入る前に、すでに転職へ向けて動いているママさんにお聞きします。

「転職活動はうまくいっていますか?」

おそらく、この記事を読んでいる方の中には、転職活動が思うようにいっていない人も多いのではないでしょうか?

そんなときにぜひ活用してほしいのが転職エージェントです。

「プロである転職エージェントに相談してかなり救われた」

「きっと一人きりでは転職の途中で諦めていたと思う」という転職希望者の声は多いです!

一人で悩んでいると悪い方向に考えてしまいがち。

転職エージェントは基本無料なので、検討だけでもしてみることをおすすめします。

\転職成功への近道/

転職エージェントを見てみる

 

【結論】ワーママが営業を辞めたいと思うのは当たり前

営業を辞めたい子持ちワ―ママに贈る、無理なく子育てと両立しやすい仕事

それでは本題に入りましょう。

いきなり結論からお伝えしますが、ママさんが営業から転職したい思うのは当たり前です。

なぜなら、ママさんが営業職を続けていくと以下の問題に突き当たってしまうからです。

  • 体力的に厳しい
  • 精神的にもきつい
  • 子育てとの両立が難しい

 

体力的に厳しい

営業というと、通常はオフィスを離れて活動し、多くの場合は移動が必要な仕事です。

商品やサービスを宣伝・販売するために、様々な場所を訪れ、一日中外出することがよくあります。

また、残業時間も多く、ブルーテックが行った独自のアンケート調査では月35.8時間と出ています。

これは、国が公表しているデータにおける一般労働者の残業平均13.9時間(2023年12月速報)を大きく上回る結果です。

男性でも疲れそうな職場環境なので、女性が体力的な厳しさを感じるのはごく自然なことです。

どうしても健康の不安がつきまとうため、転職を検討するのは当然の判断と言えます。

 

精神的にもきつい

営業は企業の収益に大きな影響を与える、責任の重い仕事です。

営業担当者は常に数字のプレッシャーにさらされ、ノルマ達成のために努力しなければなりません。

また、顧客との直接的なやり取りが多いため、人間関係のストレスも少なくありません。

例えば断られたり、時には失礼な言葉を浴びせられるケースもあります。

そして、成果が出せない場合には上司から圧を感じることもあります。

このような状況下で、精神的な負担を感じながら働く営業職の女性は少なくありません。

 

子育てとの両立が難しい

体力的にも精神的にもつらい営業の仕事。

営業と子育てを両立させるのは簡単ではありませんよね。

仕事のイライラを子供にぶつけてしまうこともあるでしょう。

あなたが体調を崩してしまえば子供にとって頼る人がいなくなってしまいます。

女性が営業から転職したいと思うは決して甘えではありません。

むしろ、子供のことを一番に考えているのであれば、転職やキャリアチェンジに対して積極的に動いてほしいですね。

転職エージェントは、転職への最初の一歩としてもおすすめです!

 

ワーママが営業から転職するときに外せない条件とは?

営業を辞めたい子持ちワ―ママに贈る、無理なく子育てと両立しやすい仕事

ここでは、ママさんが転職先を選ぶ上で重要な条件を3つ解説します。

子供を持つみなさんにとって、転職の条件設定はとても大切です。

方向を間違わないためにも、転ばぬ先の杖として必ず確認するようにしてください!
  1. 転職のハードルが高くないか
  2. これまでのキャリアが活かせるか
  3. 働きやすい環境が整っているか

1.転職のハードルが高くないか

次の仕事が決まるまでの時間は短いに越したことはありません。

そこで重要となるのが、未経験でも転職できるかどうかです。

特に、求人情報に以下のような条件が記載されている場合、転職のハードルが高いと考えられます。

  • 資格必須
  • 実務経験〇年
  • 大卒以上
  • 〇歳まで

※〇に入るのは数字

仕事に関連する資格を取得するのは、多くの場合長い時間がかかり、一発で合格する保証もありません。

また、実務経験を得るためにアルバイトをすることは、経済的に厳しい状況になる危険性があります。

さらに、学歴や年齢の制限があると応募時点で落とされる可能性も高いです。

 

2.これまでのキャリアが活かせるか

営業職がキャリアとして見られないと感じたことはありませんか?

かつては営業は誰にでもできる仕事と見なされることもありましたが、その評価は変わりつつあります。

コミュニケーション能力は世界中で価値のあるスキルとして認識されています。

また、営業の活躍が会社の成果に直結するため、その経験は非常に貴重です。

ですから、営業でのキャリアを捨てるのはもったいないです!

むしろ、今までの経験を生かせる新たな業界を探すべきです。

 

3.働きやすい環境が整っているか

営業からの転職を考えた理由は、おそらく働きにくさに関するものだったでしょう。

したがって、新しい仕事を選ぶ際には女性が働きやすい環境であるかどうかを必ず確認してください。

福利厚生だけでなく、以下の点にも注意を払うことが重要です。

  • 人手は足りているか
  • 女性従業員は多いか
  • 在宅でも働けそうか

人手不足の場合は休暇を取ることが難しくなり、仕事量が増えて負担がかかることも。。

また、男性中心の業界だと女性への配慮が不足している場合もあります。

加えて、在宅ワークの選択肢があるかどうかも重要です。

在宅ワークができることで女性の働き方は大きく変わってきます。

おすすめはパソコン一つで完結する仕事です!

 

【悲報】公開されている求人情報ですべてを知るのは難しい

ここで一つ残念なお知らせですが、公開されている情報のみで大丈夫な求人かを判断するのはかなり難しいです。

求人を出しているからには、人員がほしいと思っているのは間違いありません。

ただ、採用で不利になるような情報を出したがらない会社も多いのです。

そこで便利なのが転職エージェント!転職エージェントは非公開の求人情報が見れます。

またサービスの信頼に関わるため、そもそも転職エージェントでは怪しい会社の求人は扱わないのが普通です。

ブラック企業の罠に引っかからないためにも、最低1つは転職エージェントに登録しておきましょう。

おすすめの転職エージェントについては次章で紹介します!

 

ワーママにおすすめの転職エージェント3選

営業を辞めたい子持ちワ―ママに贈る、無理なく子育てと両立しやすい仕事

それでは、営業からの転職を目指す女性におすすめの転職エージェントを3つ紹介します。

転職エージェントに登録すると、各サービスが独自に集めてきた非公開求人が見れるようになります。

基本的に非公開のほうが条件のいい求人が多いです!

どれも基本無料なので、すべて登録して求人を見比べてみるのもよいでしょう。

  1. リクルートエージェント
  2. Green(グリーン)
  3. マスメディアン

 

1.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは日本最大級の転職エージェント。

業界専門のキャリアアドバイザーが、希望やスキルに合った求人を紹介してくれます。

非公開求人が10万件以上あり、書類添削や面接対策などの充実したサポートも提供。

また、面談は転職の意思が固まっていない場合でも受け付けてくれるため、初心者でも安心して利用できます。

さらに、提案された求人への応募は個人の自由です。

あなたの経験や資格の価値を客観的に評価し、強みを見出す手伝いも行ってくれる心強いサービスです。

 

2.Green(グリーン)

Green

Green(グリーン)

GreenはIT/Web業界の求人・中途採用情報に特化した転職サイトで、

15,000件以上の求人を掲載しています。

登録すると、人事担当者から直接スカウトが届くようになるのが特徴的。

チャット形式でカジュアルにやり取りできたり、写真から企業の雰囲気も把握できたりと、

転職に関するすべてがスマホ一台で完結します。

また、約60%の人がスカウトをきっかけに転職しているというのも驚きです。

Greenは、求職者と企業の最適なマッチングを提供し、

未経験からIT業界へのキャリアアップやステップアップを支援しています。

 

3.マスメディアン

マスメディアンはマーケティング・クリエイティブ職種に特化した転職エージェントです。

求人数と転職支援実績は業界トップクラス!

業界大手の宣伝会議グループの一員として、

マーケティングやデジタル分野の幅広い案件を扱い、転職者と企業のマッチングを支援してきました。

6万人以上の実績を持つマスメディアンなら、転職市場のニーズに合わせたアドバイスが可能。

また、マスメディアンは完全無料のサービスで、利用者の秘密厳守を徹底しています。

 

営業からのキャリアチェンジでおすすめの業界

営業を辞めたい子持ちワ―ママに贈る、無理なく子育てと両立しやすい仕事

実際に求人を見てみていかがでしたでしょうか?

もしかすると「自分ができる仕事は営業くらいしかない」と思ってはいないでしょうか。

そんなあなたへ、営業職からのキャリアチェンジに成功した私が、最もおすすめする業界をご紹介します。

それはWebマーケティング業界です!

これからWebマーケティング職種が保険営業の上位互換である3つの理由を解説します。

  1. 未経験でも目指しやすい
  2. 働きやすい
  3. 青天井で稼げる

 

1.未経験でも目指しやすい

Web業界というと、転職のハードルが高いように感じるかもしれません。

しかし、Webマーケティングの世界に特別な経験が必要とされることはありません。

仕事で何かを改善しようとする意欲があれば十分といえるでしょう。

「より効率的な方法はないか」

「より良い成果を出すためには何をすればいいか」

など、日常の業務の中で自然に考えることが大切です。

また、営業の経験があるとWebマーケティング業界では有利に働くため、営業からの転職にはうってつけです。

 

2.働きやすい

Webマーケティング業界の仕事はパソコンで完結するものがほとんどのため、

体力的な負担が少ないのが特徴です。

営業のようなフィールドワークとは異なり、主にデスクワークが中心で、

場所にとらわれずに仕事ができるため、リモートワークも十分に可能です。

業界全体が働き方改革に取り組んでおり、柔軟な働き方が奨励されているため、

年齢を問わず働き続けることができる環境が整っています。

そのため、営業からの転職でWebマーケティング業界を考えてみる価値は大いにあります。

 

3.青天井で稼げる

AIの進化に伴い、Web業界全体の需要が急速に拡大しています。

『IT関連産業の給与等に関する実態調査結果』によると、IT業界の平均年収は542万円とされています。

これは日本の平均年収443万円(国税庁「令和3年分民間給与実態統計調査」)よりも約100万円高い水準です。

また、在宅ワークで通勤時間がないことから、その時間を副業に充てることもできます。

働きやすさだけでなく、一定の収入も確保したいママさんにとって、

Webマーケティング業界は非常に魅力的な選択肢といえるでしょう。

次章では、Webマーケティング業界の仕事について詳しく解説します!

 

ワーママにおすすめ!営業経験が活かせる仕事10選

営業を辞めたい子持ちワ―ママに贈る、無理なく子育てと両立しやすい仕事

いよいよ、営業からの転職でママさんにおすすめの仕事を紹介していきます。

イチ押しはWebマーケティング業界です!なぜなら、、
  • 未経験でも目指せる
  • 営業職としての経験が活かせる
  • 在宅ワークが可能
ママさん転職の好条件が3拍子で揃っているからです。

Webマーケティング業界では、業務工程を一本の川に見立てて考えます(ウォーターフォールモデル)。

今回は、その上流から下流に沿った形で職業を10個厳選しました。

※上流下流というのは、あくまで仕事上の流れを表したものになります。

いわゆる格付け的な意味合いではありませんのでご注意ください。

 

1.Webマーケター

Webマーケターの說明画像

Webマーケターの仕事は、インターネット上で売れる仕組みを作ること。

市場の動向や競合状況を分析し、需要を満たすための戦略を立てます。

そのため、Webマーケターはビジネスの中核部分に位置しており、

新しいアイデアや製品を生み出すことに貢献しています。

責任が重いポジションですが、それに見合った高い報酬が得られます。

営業と同様に、Webマーケターも製品やサービスの価値を伝えることが重要です。

ですので、営業で得た経験やスキルを存分に活かせる仕事といえるでしょう。

\営業キャリアが武器になる/

非公開求人を確認する

 

2.コンサルタント

「マーケティング」としばしば混同されるのが「コンサルティング」です。

マーケティングが商品やサービスの販売方法に焦点を当てるのに対し、

コンサルティングはクライアントの問題を解決し、解決策を提案することが主な役割です。

専門領域に応じて経営コンサルタントやITコンサルタントなどと呼ばれます。

利益を最大化するためのプロとして、Webマーケターがコンサルティングを行うことも。

営業職でいうところの『企画営業』に近い仕事です。

\営業キャリアが武器になる/

非公開求人を確認する

 

3.商品企画

商品企画は、新しい商品やサービスの構想を考える仕事です。

商品企画には創造性や感性が必要ですが、もっと重要なのは「市場需要」という視点です。

斬新なアイデアを持っていても、需要がなければ意味がありません。

そのため、Webマーケターが発見した市場を理解することが不可欠です。

営業経験のある人なら売り込むことを考えるのは得意ですから、

企画が失敗しないようにアドバイスでき人材として重宝されます。

\営業キャリアが武器になる/

非公開求人を確認する

 

4.商品開発

商品の企画が完成したら、次は商品の開発が待っています。

商品開発では、企画段階でのアイデアを実際の商品として形にしていきます。

ただし、単に企画通りに進めるだけであれば誰にでもできる作業です。

ここでも重要なのは、「利益を生み出す」という最終目標を忘れないことです。

商品開発は予算との闘いでもありますから、

  • 人件費
  • 原材料費
  • 価格帯
などを計算しながら、採算がとれるのかを見ていくポジションです。

開発が実現不可能である場合には企画を見直すこともあります。

方々との折衝スキルが求められるため、営業で鍛えたコミュニケーション能力が役立ちます。

\営業キャリアが武器になる/

非公開求人を確認する

 

5.ITエンジニア

商品開発の範囲は有形の「物」だけでなく、無形の「サービス」も含みます。

つまり、Webサービスなどの「モノ」を生み出すのも商品開発の一環です。

この役割を担うのがITエンジニアです。

ITエンジニアは、プログラミングのスキルを駆使して、Web業界において重要な役割を果たしています。

一見すると営業とは全く異なるように思えますが、優れたITエンジニアはマーケティングの知識も備えています。

そのような技術者はフルスタックエンジニアとして知られ、業界でもトップクラスの存在です。

\営業キャリアが武器になる/

非公開求人を確認する

 

6.Webデザイナー

Webデザイナーは、商品やサービスに魅力を与える役割を果たします。

しかしながら、Webデザイナーの仕事は個人の好みや趣味に任せるわけではありません。

  • 消費者ニーズ
  • ターゲット層
  • 商品コンセプト
などを考慮しながら、「売れるデザイン」を生み出すのが使命です。

近年では、女性の感性を取り入れることが重要視されています。

そのため、Webデザインの分野は女性にとって魅力的であり、転職先としても人気があります。

そして、「売る」という視点を持ったデザイナーは、現場で高く評価されるでしょう。

\営業キャリアが武器になる/

非公開求人を確認する

 

7.営業企画

商品企画が商品の構想を練るのに対して、営業企画は営業戦略を練る仕事です。

営業企画は、営業チームのリーダーとして、どのように販売するかについての答えを見つける役割を果たします。

通常、現場では営業企画が提示した戦略に基づいて活動します。

そのため、実際の営業活動の苦労を経験した方にとっては最適な仕事と言えるでしょう

また、営業企画は営業以外のアプローチも検討する場合も。

会社に有能な営業担当者がたくさんいても、投入できる人員には限界がありますよね。

特に、Webマーケティング業界ではインターネットを活用することが最優先されます。

\営業キャリアが武器になる/

非公開求人を確認する

 

8.広告プランナー

営業以外の選択肢として、広告による宣伝活動が挙げられます。

日本ではテレビ広告費が最大を占めていましたが、2019年にインターネット広告が逆転。

2021年には、新聞・雑誌・ラジオ・テレビのマスコミ四媒体の合計を、インターネット広告費が初めて上回りました。

出典:電通報「2021年 日本の広告費」

そんなWeb広告の企画や進行管理業務を担うのが広告プランナーです。

一部のWebマーケティング企業は広告部門も持っていますが、代理店に依頼する場合もあります。

広告業界にもさまざまな役割があります。

広告プランナーはWebマーケターや企画職と同じく、その流れの上流部分に位置する職業です。

\営業キャリアが武器になる/

非公開求人を確認する

 

9.販売促進

広告の利点は、多くの人の注目を集めやすいことです。

しかし、細かい情報を消費者に届けるのは難しく、費用も大きいため、全ての企業や店舗が広告を出せるわけではありません。

そこで登場するのが販売促進(販促)の仕事です。

例えば、店頭での試食を考えてみてください。

広告で「新商品発売!」と伝えるよりも、実際に商品を試食してもらうことで魅力が直接伝わりますよね。

さらに、チラシやポスターの作成、メールマガジンの送信など、

販売促進はユーザーにより近い形で宣伝活動を行います。

\営業キャリアが武器になる/

非公開求人を確認する

 

10.広報・PR

広報やPRは、企業の自社製品やサービスを周知させる仕事です。

現代の消費者はネット社会で様々な情報にアクセスできるため、単独での宣伝では信頼を得られません。

そのため、第三者のメディアを活用して、安全で信頼性の高いサービスであることをアピールするのが広報の目的です。

広報やPRは、BtoB(企業間取引)向けの活動も含まれており、営業と似通った側面もあります。

両者とも顧客へのアプローチを担う役割であり、川の下流や市場の海に近いところにある職業です。

\営業キャリアが武器になる/

非公開求人を確認する

 

【番外編】こんな考え方もあります

営業もWebマーケティングの仕事も、販売の対象は商品やサービスでした。

では、「モノ」を「人」に置き換えるとどうでしょうか?

例えば、みなさんと同じ転職希望者も、最後は希望する会社に自分を売り込まなければいけません。

つまり、人を紹介する仕事でも営業のキャリアは活かせるというわけです。

番外編として、人材派遣の仕事も2つ紹介しておきますね!

 

キャリアアドバイザー

キャリアアドバイザーは、自分のキャリアに悩む人を支援する仕事です。

通常、転職に関する一般的な相談を受けることが多く、キャリアの方向性を模索する際の初期段階を担います。

この仕事は個人のキャリアに関するアドバイスに焦点を当てており、必ずしも転職を奨励する立場ではありません。

転職だけでなく、同じ職場でのキャリアの進展など、さまざまな選択肢についても相談に乗ります。

キャリアコンサルタントと同様の役割を果たす国家資格がある一方で、

キャリアアドバイザーとして活動するためには特別な資格は必要ありません。

仕事内容を知るために、まずは自分が相談してみるのもよいでしょう。

 

転職エージェント

キャリア相談を受けて本人が転職を熱望する場合には、転職エージェントの登場です。

転職エージェントは求職者と雇用主の間で仲介役を務め、人材派遣のフロントラインで活躍します。

  • 希望条件のヒアリング
  • キャリアの棚おろし
といったことはもちろん、
  • 書類添削
  • 面接指導
など具体的な転職ノウハウについても教えます。

転職エージェントは、企業が求める人材を見つけ出すことで報酬を得るシステム。

その意味では、「転職エージェント」=「人材派遣界の営業マン」ともいえるでしょう。

まずは、営業からの転職を目指す利用者として、自ら体験してみるのがおすすめです。

おすすめ転職エージェントまとめ
  1. リクルートエージェント
    圧倒的な求人数と抜群の信頼性
  2. Green(グリーン)
    IT/Web業界特化で未経験から目指せる
  3. マスメディアン
    マーケティング・クリエイティブ職種特化

 

まずはここから!営業からの転職に向けてやるべきこと

【女性向け】営業からの転職とキャリアチェンジ成功術を元営業職の私が解説

「転職に興味はあるけど、何から始めていいかわからない」という方もいることでしょう。

そこで、ここでは営業からの転職に向けて最初にやるべきことを解説します。

すでに転職活動中のみなさんも、自分の方向性についてもう一度確認してみてください!

 

自己分析

社会人なら誰しも通ってきた自己分析ですが、転職における意味合いは少し違います。

学生時代の自己分析は、自分の性格や傾向を理解するためのものでしたが、

社会人になると、理想やキャリアの目標がより明確になっています。

そのため、今後のキャリアで重視するものに焦点を当てることが重要です。

  • お金
  • やりがい
  • 自由
  • 家族
  • その他
よくわからない場合は、「営業に不満を感じて転職を考えた理由」を考えると、答えが見つかることがあります。

このような自己分析を行うことで、転職時に重視すべき仕事の要素が明確になります。

 

経験やスキルの棚卸し

転職を考える際には、理想だけを追求するだけでなく、過去の経験を振り返るのも重要です。

そこでぜひやってほしいのが、

  • 営業職として経験してきたこと
  • 営業職として身につけたスキル
を洗い出してみることです。

転職活動を行う際には職務経歴書を準備する必要がありますが、書ける情報が多いに越したことはありません。

自分の持つ長所を把握しておけば、自然とその長所を活かした戦略を考えれるようになります。

これにより、転職活動の効率が向上し、無駄な時間を使わずに作業を進められます。

 

誰かに相談する

自己分析や棚卸しでは自分を俯瞰的に見るのが大事ですが、自身を客観視するのはなかなか難しいもの。

そのような場合には、誰かに相談することが役立ちます。

ただし、転職に関する意見を知人に求めるのはリスクが伴います。

なぜなら、「転職はやめたほうがいいんじゃない?」という展開になりやすいから。

もちろんあなたを思っての発言でしょうが、これでは話が前に進みません。

その代わりに、業界の専門家に相談するのが良いでしょう。

転職エージェントならプロに無料で相談できますし、職務経歴書の作成などの事務手続きも手伝ってくれます。

仕事と転職活動を同時に進めるのは大変ですから、一人で悩まずに転職エージェントをおすすめします。

転職エージェントの代行サービス例
  • 応募手続き
  • 書類作成
  • 面接の日程調整
  • 給与交渉
  • 入社手続き他

 

営業からのキャリアチェンジを目指す際の注意点

【女性向け】営業からの転職とキャリアチェンジ成功術を元営業職の私が解説

くり返しになりますが、将来を考えている女性は営業からの転職に向けて積極的に動くべきです。

ただ、転職にはいくつか注意点もありますので、ここで一度確認しておきましょう。

 

一人きりの転職活動はつらい

ママさんの転職活動は総じて忙しくなります。

なぜなら、子育てと仕事を両立しながらも、転職活動に向き合わないといけないからです。

  1. 自分と向き合い履歴書や職務経歴書を作成、、
  2. 求人情報を確認しながら各企業の評判をリサーチ、、
  3. 書類選考に通ったらアポ取りと面接練習、、
  4. 今の仕事を辞める算段も立てておく必要あり、、
  5. and more.
転職準備を全て自分で行うのは、非常に負担が大きいです。

特に子育てをしながら転職活動をするためには、どこか一つだけでも任せられる場所を用意しておきましょう。

 

未経験での転職は簡単ではない

たまに「営業はキャリアにならない」という意見を見かけますが、それは誤解です。

むしろ、営業職としてのキャリアに自信を持って転職に臨んでほしいですね。

ただし、どの職種からでも、未経験でのキャリアチェンジは容易ではありません。

一発で転職に成功することは稀であり、希望の会社から何度も断られることも覚悟しなければなりません。

どんなに準備をしたとしても、失敗してしまうこともあるでしょう。

そんなとき支えてくれる人が1人でもいると、気持ち的にかなり救われます。

 

誰かを頼るのは逃げじゃない

まとめると、孤独な未経験転職は挫折しやすいので注意ということです。

しかしながら、他人に頼ることは勇気が必要です。

営業は個人の努力が成果として現れる仕事ですから、自分の弱い面を他人に見せることが苦手な人もいるでしょう。

ただ、転職において誰かを頼りにするのは決して逃げではありません。

逆に、強がって転職から遠回りするほうが間違っています。

身近に転職について相談できる人がいないなら、専門サービスを利用しましょう。

例えば、転職エージェントは無料で利用できますし、プロから転職成功への具体的なアドバイスをもらえます。

本当に営業から転職したいのであれば、まずは心の殻を破るところから始めてみてはいかがでしょうか?
おすすめ転職エージェントまとめ
  1. リクルートエージェント
    圧倒的な求人数と抜群の信頼性
  2. Green(グリーン)
    IT/Web業界特化で未経験から目指せる
  3. マスメディアン
    マーケティング・クリエイティブ職種特化

 

【必見】営業からの転職で有利になるスキルを紹介

【女性向け】営業からの転職とキャリアチェンジ成功術を元営業職の私が解説

営業の経験やスキルは間違いなく武器になりますが、他にもアピールできる強みがあればさらに転職に近づきます。

おすすめはITスキルを身につけること。

これからの時代に何かしらのITスキルは必須です。

また、基本的に発展し続ける分野なので、一度身につけたITスキルは生涯無駄になりません。

ここでは、営業からの転職と相性が良いITスキルを3つ紹介します!
  1. Webマーケティング
  2. Webデザイン
  3. プログラミング

 

Webマーケティング

Webマーケティングは、オンライン上で商品やサービスをより魅力的にプロモーションする技術です。

営業経験があれば、セールススキルを証明するのに十分です。

ただし、企業は「営業の経験だけでいいのか?」と疑問を抱くかもしれません。

この違いを回避するためには、「Webマーケティングの知識も持っています!」ということを強調することが重要です。

これにより、Webマーケティングのスキルを活かせる上流のポジションも考えられるようになります。

Webマーケティングが活かせる職業
  • Webマーケター
  • 営業企画
  • 広告プランナー

 

Webデザイン

Webデザインは、Web技術を駆使して創造されるデザインの総称です。

かつては紙が唯一のデザイン媒体でしたが、ITの進歩により、デザイン制作はコンピューター上でどこでも行えるようになりました。

Webデザインで大事な視点は、クライアントの目的に合ったデザインを提供すること。

個人のセンスを押し付けるのではなく、クライアントのニーズにマッチするデザインを作り出すことが重要です。

営業とWebデザインを融合させると、ターゲットを意識したデザインが生まれます。

自己中心的ではないWebデザイナーは、どの業界でも重宝されます。

Webデザインが活かせる職業
  • 商品企画
  • Webデザイナー
  • 販売促進

 

プログラミング

プログラミングは、Web業界における一種の職人技と言えます。

その専門性は高く、習得には時間と努力が必要です。

それゆえに、プログラミングをマスターした人材は業界内でも注目されます。

今ではプログラミングが小学校で必修化されるなど、初心者でも取り組める言語が増えています。

つまり、未経験者でもプログラミングを習得することは可能です

まずは自分が何をしたいのかを考え、その目的に合った言語を選びましょう。

とどのつまり、プログラミングはモノ作りです。

挫折を避けるためには、学ぶ目的と楽しみを見失わないことが大切です。

プログラミングが活かせる職業
  • コンサルタント
  • 商品開発
  • ITエンジニア

 

未経験から最短でスキルを身につける方法

【女性向け】営業からの転職とキャリアチェンジ成功術を元営業職の私が解説

未経験でITスキルを身につけるならスクールを活用しましょう。

なぜなら、独学では時間がかかりすぎるから。

転職活動に活かすためにITを学ぶわけなので、最短距離で身につけなければいけません。

また、実際に通っている暇はないですから、オンラインスクールを利用しましょう。

オンラインで学べるおすすめのスクールを3つ紹介しておきます!
  1. skimama(スキママ)
  2. Withマーケ
  3. Webデザイナー養成コース

 

1.skimama(スキママ)

お子さんを持つ女性には、ママ専用スクールであるskimamaがおすすめです。

skimamaは、未経験のママたちを2ヶ月で在宅ワーカーに導くスクール。

基礎から学べるカリキュラムで、

  • Webツール
  • SNS
  • Webライティング
  • デザイン
  • Instagram運用
などのスキルを磨いていきます。

さらに、少人数グループ制でのサポートが受けられるため、安心して学べる環境が手に入ります。

仕事の獲得保証もあり、他社にはない手厚いサポートが魅力です。

初心者でも始められる体制で、料金は初期費用のみ!

学習期間は柔軟で、忙しい場合も無理なく進められます。

 

2.Withマーケ

月額制Withマーケ

Withマーケ

Withマーケは、業界初の月額制Webマーケティングスクールです。

他社との違いはマーケティング学習の目的。

Withマーケでは、学んだ知識を直接仕事に結びつけることができます。

SNSやSEO、広告など幅広いマーケティング手法を学び、それらを組み合わせて成果を最大化できます。

価格はリーズナブルでありながら、学習環境は高品質!

未経験者でも無理なく学べる仕組みが整っており、個別サポートや交流会も充実しています。

Withマーケでは、さまざまな背景を持つ人々が自身のスキルを高めて収入を増やすために活動中です。

 

3.Webデザイナー養成コース

WithマーケWebデザイナー養成コース

Webデザイナー養成コース

Withマーケには、さらに特化型のWebデザイナー養成コースがあります。

Withマーケのデザインコースは、未経験から3ヶ月で高単価Webデザイナーを目指せるプログラムです。

お小遣い程度ではなく、本格的なデザイナーを目指せることが最大のメリット。

多くの人がWebデザインを副業や独立のために学んでいますが、その後低単価や単発案件に苦しむことが珍しくありません。

未経験者向けには段階的なロードマップが用意されており、基礎から始めて実践的なスキルを身につけられる設計。

プロの個別添削や質問対応、コミュニティ参加など、受講生が安心して学べる環境も整えられています。

 

まとめ

子供との将来を見据える中で、ママさんが営業からの転職を考えるのは何も間違っていません。

そして、あなたが営業で得た経験やスキルは、転職において想像以上のアピールポイントになります。

しかし、営業はキャリアにならないと悩む人が多いのもまた事実。

つまり、営業としての自分を客観的に見るのはとても難しいことを意味しています。

転職の悩みは、その道のプロである転職エージェントに解決してもらうのが一番です。

この記事を参考にして、あなたが転職に向けて一歩でも踏み出せることを願っています。

おすすめ転職エージェントまとめ
  1. リクルートエージェント
    圧倒的な求人数と抜群の信頼性
  2. Green(グリーン)
    IT/Web業界特化で未経験から目指せる
  3. マスメディアン
    マーケティング・クリエイティブ職種特化