【高単価Webライターが語る】テストライティングで100%合格する方法

【高単価Webライターが語る】テストライティングで100%合格する方法

 

Webライターを始めて、テストライティングは受けているものの、なかなか合格出来ないとお悩みではありませんか。

「テストライティングをとりあえず受け続けていればいつか受かる」と思っていたら、絶対にWebライターで稼げるようになりません。

また、1記事1 ,000円程度の誰でも受かるような案件をいくらこなしても、いつまでも大きく稼げる未来がくることはないでしょう。

テストライティングで100%合格する方法は、あなたが依頼主の目的を達成できるビジネスパートナーであるとを示すことです。

本記事では、Webライター1年目から1記事3万円以上の案件受注を継続できた僕が、高単価ライティングの案件受注を可能にした『SEOライティング』と『高単価案件獲得術』をお伝えします。

この方法を身に付ければ、テストライティングで100%合格する事はもちろん、テストライティングなしで高単価のWebライティング案件を受注し続けることが出来る様になります。

 

【文字単価0.3円程度ならOK】初心者でもテストライティングで合格する3つの要素

【高単価Webライターが語る】テストライティングで100%合格する方法

まずはじめに、初心者でもテストライティングで合格する3つの要素をお伝えします。

  • 納期を必ず守ること
  • 執筆ルールに必ず従うこと
  • 連絡は簡潔に、丁寧に

これだけです。

簡単に感じましたか?ですが、これらを守れるライターは3割しかいません。

テストライティングと聞くと緊張や不安を感じるかもしれませんが、これらの要素を守るだけで合格に近づくことができます。

まずは経験も必要ですので、文字単価0.3円程度の初心者向けの案件や、テストライティングなどで実績を積んでみると良いでしょう。

では、3つの要素を順に説明していきますね。

 

納期を必ず守ること

「依頼主への納期を守らない=自分の信用に関わり、案件をもらえない」ということになります。

約束を守ることが常識であると考える人がほとんどだと思いますので、納期は必ず守りましょう。

可能であれば、余裕をもって納期よりも前に納品するといいですね。

依頼主の立場になって考えてみると、納期が近くになるにつれ予定通りに記事が納品されるのか不安になることもあります。

早く納品をすれば、依頼主の不安を解消し好印象を与えられるでしょう。

 

執筆ルールに必ず従うこと

Webライティング案件には、ルール(レギュレーション)や型が存在します。

案件を受注して、執筆ルールを守れていない文章を納品しても、依頼主はその文章を記事として使うことが出来ません。そうなると、あなたの評価は下がってしまい案件受注に繋がらないでしょう。

執筆ルールの解釈が難しい場合もありますので、そんなときはひとりで判断しないで、きちんと依頼主の意志をくみ取れる様に質問をしましょう。

また、依頼主から掲載サイトを紹介される場合があります。

その際には、提示されるルールだけでなく依頼主の掲載予定のサイトのテイストに合わせた、文章の書き方や改行の頻度を合わせる必要があります。

たとえば「です。ます。」調でかしこまった感じだったり、「~ね」や疑問文などを交えながらのやわらかい会話調だったりします。漢字があるのにあえて使わない場合もあります。「概ね」を「おおむね」と書く具合にです。

執筆ルールに従いつつ、この様に依頼主の掲載サイトに合わせたテイストを意識していきましょう。

 

連絡は簡潔に、丁寧に

案件に申し込むと、依頼主との連絡が始まります。

連絡が来た際には、なるべく早く返信をしましょう。誰しも、なるべく回答を聞きたいですし、返信があまりにも遅いと不安になるだけでなく「逃げられたのかな?」と思われてしまう可能性があります。

連絡は、遅くとも必ずその日のうちに返しましょう。

また連絡の書き方や、尋ねる際にも注意が必要です。

あまりにも長い文章ですと読むのも面倒ですし、あなたへのメッセージを作るだけでも手間になってしまいます。

質問はある程度まとめてしたり、依頼主が回答しやすい様に答えをいくつか用意しておくのもいいですね!文章は簡潔で丁寧な言葉を使えるようにしましょう。

同じクオリティのライティングが出来る人がいた場合、最後は人柄で決まります。

一緒にビジネスをしていくわけですから、気持ちよく、効率よく仕事が出来るといいですよね。

連絡は簡潔に、丁寧に、可能な限り迅速で、誠実でマナーの良い対応が必要です。

 

【絶対に受けてはいけない】低単価案件のテストライティングの特徴

【高単価Webライターが語る】テストライティングで100%合格する方法

クラウドソーシングの案件をみますと、非常に単価の低い案件もあります。

この様な案件は低単価案件と言われ、作業量に見合う報酬を得ることができないので、絶対に受けてはいけません。

執筆内容の難易度にもよるので、一概に「〇円以下は低単価案件」とは言い切れませんが、時給換算して最低賃金以下になる様な案件は避けるべきです。

ここでは、そんな低単価案件の特徴について紹介します。

 

テストライティングに対して報酬がもらえない

テストライティングに対して報酬が記載されていない、報酬がもらえない案件は受けてはいけません。

テストライティングと聞くと「本案件前のテストなんだから、報酬がなくてもしかたがないのでは?」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

テストライティングでは、採用されたときの案件の半分程度の報酬が得られることが一般的です。クラウドソーシングサイトによっては、報酬がないテストライティングは規約により禁止されています。

また、著しく報酬が低い場合も避けた方がいいでしょう。

基本的には、テストライティングは1記事の場合がほとんどです。もしかしたら、もう1記事ということもあるかもしれませんが、3記事以上のテストライティングのある案件は受けない方が無難です。

また、求められる文字数が多すぎたり、ライティングと関係ない要求をされたりする場合も避けましょう。

テストライティングの報酬が著しく低い場合には、今後の報酬も低い可能性があります。

日本では商流の高い方や、お金を出す方が立場の上の様な文化が残っている場合がありますが、依頼主とライターは、ビジネスにおいて対等な立場ですので、良質な案件を見極められるようにしましょう。

繰り返しになりますが、テストライティングに対して報酬がもらえない案件を受けないのが鉄則です。

 

本採用になった場合の報酬が不明確

低単価案件の特徴として、報酬を明示してないケースがあります。

「報酬を明示してないのに、案件応募がくるのか?」と思うかもしれませんが、この様な表記をされるとどうでしょうか?

「文字単価〜3円」

文字単価3円に近いイメージを持つかもしれませんが、優良誤認表示の可能性があります。文字単価〜3円は、0.1円の場合も含みますので報酬が非常に低い可能性を捨てきれません。

少なくとも「1円以上」という形で、最低価格を明示してない案件には注意が必要です。

依頼主の中には、この様に受発注のしくみを悪く使い、悪質な取引や要求がある場合がありますので気を付けてくださいね。

また、Webライターの仕事は、ひとりで作業をする場合が多いので「ふつう」が見えにくくなりがちです。なにか疑問に思ったときには相談し合える仲間を作っておくことで低単価案件を避けられるでしょう。

 

文字単価2円以上のテストライティングに合格できるたった2つのスキル

【高単価Webライターが語る】テストライティングで100%合格する方法

低単価案件を絶対に受けてはいけないことがご理解いただけたと思いますが、一方で、「文字単価2円以上」のテストライティングに合格できるのでしょうか?

結論をお伝えすると、あなたが依頼主の目的を達成できる文章を書くことです。

依頼主の目的とは、多くの人に執筆した記事を読んでもらうため、検索されたときに記事が上位表示されたり、収益を発生させたりすることです。

では、文字単価2円以上のテストライティンに合格するための、たった2つのスキルについてご紹介していきましょう。

 

必ずアクセスアップに貢献できるSEOライティングスキル

高単価案件に合格できるWebライターになるための、重要なスキルはSEOライティングです。

読まれる記事を書くためには、検索をしたときに上位表示される必要があることから、SEO対策をする必要があります。

SEOを意識したライティングをすることで、依頼主のサイトへのアクセスをアップさせ、多くの人に記事を読んでもらい、取り扱う商品の売り上げを伸ばすことが出来るからです。

どんなに良い文章であっても読まれなければ意味がなく、読まれるためには検索で上位に表示される必要があります。

SEOライティングの方法を知っているか、知っていないかだけで、あなたの未来は大きく変わります。

あなた自身の文章スキルに、SEOの要素を入れるだけで文字単価は上がり、市場価値の高いWebライターになれるのです。

ひいては依頼主にとって必要とされるWebライター、手放したくないWebライターになれるでしょう。

アクセスを増やし、多くの人に記事を読んでもらい、収益をあげるために必要なスキルが、SEOライティングです。

 

文字単価2円以上の案件獲得スキル

文字単価2円以上の案件を獲得するためには、他にもWebライティングスキルが必要になってきます。

Webサイトに適した読みやすい文章にするための、ライティングの型を身に付けて行きましょう。

基本的にWebライティングでは、簡潔で論理的な文章が求められることから、結論を先に伝える方法が用いられます。

実際にWebライティングで使われる、代表的な2つの型をご紹介しますね。

それが、「PREP法(プレップ法)」と「SDS法」です。

特徴としては、PREP法は結論を明示し、根拠となる理由や例文を交えて伝えていく方法でSDS法は自分の主張を、相手に強く伝えたいときに用いられます。

なかでもWebライティングの多くはPREP法が用いられ、主張だけでなく根拠を示してあげると読者も納得がしやすいからです。

PREP法は、Point(結論)・Reason(理由)・Example(例)・Point(結論)の頭文字をとった呼び方で、書き方は次の通りになります。

  • Point     (概要・主張)
  • Reason  (理由)     「なぜなら~」
  • Example(例え)        「たとえば~」
  • Point     (結論)        「つまり~」

PREP法を使った、例文をご紹介しますね。

Point(概要・主張)
高単価案件の獲得に必要なスキルはSEOライティングスキルです。

Reason(理由)
なぜなら、依頼主が求めているのはサイトからの問い合わせや売上の増加であり、問い合わせや売上を増やすにはSEOライティングで書かれた記事を上位に表示させる必要があるからです。

Example(例え)
たとえば、あなたが悩みを持っていて検索をした際にどの記事から読みますか?おそらく一番上の記事から読みますよね?

記事が上位に表示されることで多くの人の目にとまり、そこで紹介されている商品やサービスを読者に買ってもらえる可能性が高くなります。

Point(結論)
つまり、記事を検索の上位表示させるSEOライティングスキルを持っていることは、依頼主の売上に貢献ができ、貢献できるということは報酬に直接、つながってくるのです。

どうでしょうか?とても分かりやすい構成ですし、納得を得られそうな文章ですよね。

収益をあげる文章にするためには、記事全体で導線を作る必要がありますが、SEOライティングスキルと、Webサイトに適するPREP法で作る文章スキルがあれば、必要とされるWebライターになれます。

とは言っても、「SEOライティングも、Webサイトに適するPREP法で作る文章も、どう学べばいいのか分からない…」と思う方も多いですよね?だからこそ、現在、僕らはWebライター教育事業を行っており、SEOライター養成講座というのものを行なっております。

SEOライター養成講座では、Webライターとして3ヶ月で完全未経験から月収5万円稼ぐための本質をお話します。

本講義の肝となる6本の動画講義を無料で体験できます。この機会にぜひ、ご利用ください。

\未経験から高単価Webライターが目指せる!/

無料特別講座を受講する

※公式LINE限定の追加特典もあります。

 

文字単価2円以上のテストライティングを受ける方法

【高単価Webライターが語る】テストライティングで100%合格する方法

テストライティングは、依頼主がライターの記事作成能力や、人柄を判断するためのテストです。

文字単価2円以上のテストライティングになると、単に文章が書けるだけでは採用されません。

高単価案件の多くは、執筆ジャンルに専門性があるか問われる案件です。

またクライアントは一緒に仕事をしていけるような方なのか?言葉使いや対応力なども見られています。

そこで役に立つものが、ポートフォリオ(実績)と営業手法です。

 

ポートフォリオ(実績)を作る

ポートフォリオとは、過去に作った制作物になります。過去に受けた案件をポートフォリオとして使わせてくれる依頼主もいますので、掲載したい場合は事前に確認をしておきましょう。

また、自身で運営されているブログサイトなどがあれば、テストライティングの応募の際に伝えてみるのがおすすめです。

そうすることでライティングスキルだけでなく、どのジャンルに強い人なのか、どのくらいのライティング経験があるのか、どのような人なのか伝えられます。

もしポートフォリオを作るのであれば、WordPressで作るサイトがおすすめですよ。無料ブログや、noteはおすすめできません。

なぜなら、WordPressはサイトを作る際に必要になるシステムで、Webライティングの案件もWordPressで作られているサイトも多く、直接入稿をお願いされることも多々あります。

普段からWordPressに慣れておくことで、依頼者にSEOスキルや WordPressの知識があることも伝えられますからね。

余談になりますが、WordPress直接入稿や、記事の装飾、画像の選定は、別途報酬が発生することがあります。

あなた自身が実際に経験してきた事や、現場で得た知識は、一次情報と言われとても貴重なものです。近年では、この一次情報がとても貴重になっています。

あなたの正しいライティングスキルとその貴重な経験を示せれば、文字単価2円以上の案件を受注することが出来るようになります。

 

高単価案件を獲得できる営業手法を身に付ける

高単価案件を受注するためには、営業手法や応募文もとても大切です。

テストライティングに進む前に、応募文のみで採用するか判断されることも珍しくありません。

ビジネスを一緒に行う相手に不適切な言葉遣いや、的外れな応募文を書いてしまっていては受注は難しくなるでしょう。

僕が採用倍率が数十倍の高単価案件を受注してきた、5つのコツをご紹介します。

  • 可能であれば本名の一部や、きちんとしたハンドルネームで名乗る
  • 応募文に反応する
  • 自分を採用するメリット
  • 依頼主の案件に貢献できることを伝える
  • ポートフォリオの提示

それぞれを見ていきましょう。

 

可能であれば本名の一部や、きちんとしたハンドルネームで名乗る

無理のない範囲で苗字や名前、もしくはきちんとしたハンドルネームを用意しておきましょう。

Twitterや、クラウドソーシングをみますと、ビジネス向きでないハンドルネームが付いている方もいます。そのハンドルネームのまま提案文で名乗ってしまうと違和感を感じる場合もあります。

一緒にビジネスを行おうとしている相手への提案文に記載する名前には、違和感を与えないようにしましょう。

 

応募文に反応する

応募文に書かれている要求に反応するような回答をすると、きちんと読んでくれる人との印象を与えることが出き、こちらの誠意を伝えられます。

また、依頼主との内容の不一致をさけることもできます。

例)
応募文 「週に2記事の執筆をお願いできる方」
提案文 「週に2記事作成をお引き受けできます」

 

自分を採用するメリット

依頼主の要求に対して、自分ならどのように貢献できるのか具体的に伝えましょう。

例)
「ご希望であれば、WordPressへの直接入稿や、文字装飾も対応できます」
「○○業界の職歴がありますので、専門的な記事を書くことができます」

案件を受けたい意志だけでなく、依頼主へのメリットを示して強い印象を残せます。

 

依頼主の案件に貢献できることを伝える

応募文を丁寧に読んで、募集内容から依頼主の目的を理解していることを伝えます。

そして、依頼主と目的を共有できている、その目的に対して自分の体験やスキルが生かせる、またそのライティングスキルも持ち合わせているので貢献できることを記載して提出してみましょう。

また、根拠も伝えられるといいですね。

例)「私が執筆した記事は、「○○ジャンル」の、「○○」キーワードで検索1位を獲得しています」

 

ポートフォリオの提示

ポートフォリオの有用性に関してはすでにお伝えしましたが、提案文にポートフォリオのURLを載せるのもおすすめです。実際に依頼主に見てもらうことで、実力も伝わりますし、より明確に目的を共有できます。

先ほどご紹介させていただいた、SEOライター養成講座では、SEOライティングだけでなく、高単価案件を獲得できる営業手法なども解説しています。

本講座をお試しいただける「SEOライター養成講座無料体験」を期間限定で行なっておりますので、この機会にぜひ!

\未経験から高単価Webライターが目指せる!/

無料特別講座を受講する

※公式LINE限定の追加特典もあります。

 

テストライティングなしで案件受注を可能にする2つの方法

【高単価Webライターが語る】テストライティングで100%合格する方法

テストライティングは、本案件の単価よりは落ちるものの、報酬を得ながらクライアントからのフィードバックがもらえたり、自分がそのジャンルで書いていけるのか?を判断できる良い機会になります。

ですが、毎回テストライティングがあるのも手間と時間がかかってしまいますし、得意なジャンルであれば面倒に感じてしまうこともあります。

ここでは、テストライティングなしで案件受注を可能にする2つの方法についてお話しますね。

 

ココナラでWebライティングのサービスを売る

これまでは依頼主の募集に応募する方法をお伝えしてきましたが、ココナラのようなクラウドソーシングでは自分からWebライティングのサービスを売ることもできます。

これまで話したきた内容と真逆に感じるかもしれませんが、必要なことは同じです。

ココナラの募集文に、あなたのスキルをアピールをしたり、ポートフォリオ(実績)や自身で運営しているブログサイトを提示したりすることで、あなたのライティングスキルや人柄を、依頼主に伝えられます。

ポイントとしては、「○○ができます!」だけではなく、どのジャンルで、月間どのくらいのPVがあるかなど数値的な根拠を示すと、さらに依頼主側も実力を把握しやすくなります。

自身の強みだけでなく、他のライターと違う強みを出せるといいですね!

 

Webライターを探す依頼主をブログやTwitterで集める

案件獲得はクラウドソーシングを使わなくてもSNSからも可能です。

Twitter経由ですと、テストライティングを必要としていない案件が多くあります。

ライティング案件の探し方は、ハッシュタグ検索をしてもいいし、自身でツイートしてみるのも良いですね。「#Webライター募集」や「#ライター募集」がよく使われています。

すでにフォロー、フォロワー関係になっている方であれば、普段からのツィートも目にしているのでどのような方なのか判断もしやすく、やり取りがある方であれば信頼関係があるので、テストライティングが不要になってきます。

Twitterは案件募集のときだけでなく、ふだんから積極的に実績やスキルをアピールしておくと、依頼主側から仕事を頼まれることもありますのでおすすめです。

これまで必要なライティングスキルや、クラウドソーシングやTwitterでの案件受注のやり方は理解したけど…、そんなにいきなり全てを身に付けられないと思いますよね。

月額制WebマーケティングスクールWithマーケでは、副業やフリーランスの仕事に直結する Webで必要になるマーケティングスキルを300本を越える動画で簡単に学ぶことができます。

一度に高額な料金を支払う事がなく、月額制でリーズナブルな価格(1日当たりたったの166円!)で学び始められるのが特徴です。

巷にあふれている枝葉の運用方法が注目されがちですが、大切なのはそこではありません。

プロの講師が教える「十分に仕事を獲得し、仕事を選べる状態」になるスキルを身に付けることができます。

月額制WebマーケティングスクールWithマーケも、無料お試し版をご用意させていただきました。ぜひご受講ください!!

\高単価Webライターに必要なスキルが身につく!/

5日間の無料特別講座を受講する

※公式LINE限定の追加特典もあります。

 

テストライティングなしで食いっぱぐれない2つのポイント

【高単価Webライターが語る】テストライティングで100%合格する方法

Webライターとして仕事を獲得していても、単発の案件だけを受けていると将来の収入が不安になりますよね。

稼ぎ続けられるWebライターには何が必要なのでしょうか?

安定した収入を得ていくための方法について、2つのポイントをご紹介していきます。

それは、継続案件を獲得すること、新規案件をいつでも取れることです。

 

一度依頼された依頼主からリピートされること

Webライターが収入の不安をなくす方法は、一度、依頼された依頼主からリピートされること、つまり継続案件です!

案件をリピートして依頼を受けることが出来れば、収入を見通せるだけでなく新しい案件を探すとき間と手間を省くことができますよね。

「1度でもテストライティングに合格するだけでも不安なのに、継続案件なんて難しそう」と思われるかもしれませんが、難しいことではありません。

継続案件を獲得するために必要なのは、依頼主の収益をあげれる文章を作ればいいのです。

依頼主に収益が出れば、収益の中からWebライターへの報酬に当てることも可能になり、良い循環が生まれます。それに、相性の良い優秀なライターさんは手放したくありませんよね?

大切なのことなので繰り返しますが、依頼主に収益が出せるライターになるために必要なスキルは、SEOライティングスキルです。

先ほど「SEOライティングスキルは、記事を検索で上位表示させれば読まれる機会が増える」と説明しましたが、上位検索されればされるほど収益が発生しやすくなります。

検索上位になるためには読者が役に立つ、分かりやすい文章を作ることです。

結果に繋がれば、信頼関係も築かれて行きますので単価交渉や、依頼主から単価アップの提案が来ることもあり、Webライターとしての収入が増えるでしょう。

高単価Webライターを目指すのであれば、SEOの知識は必要です

収入の半分以上を継続案件で受けることができるようになると、効率が良くなっていきます。

依頼をリピートされるために、依頼主の目的を達成させましょう。

 

新規案件をいつでも取れる状態を作っておくこと

常に依頼主からの案件があるのは理想的ですが、続いていた案件が終了することもあります。その際には、新規案件を探さなくてはなりません。

せっかく高単価案件を受けれるようなライターになれても、続けて高単価の案件を獲得できなければ一過性のもので終わってしまいます。

クラウドソーシングサイトを使うのもいいですが、より高単価で継続案件を獲得するには、自分自身で依頼主と直接の契約につなげることです。

食いっぱぐれないWebライターになるためには、いつでも高単価の案件を獲得する仕組みが必要です。

代表的な方法をご紹介します。

  • Twitterを活用する
  • ブログサイトの記事下エリアや、プロフィール欄などを活用する
  • コミュニティでのつながりや、これまでの人脈を生かす

特にTwitterの活用は、Webライターが仕事の幅を広げるなら欠かせないツールです。Webで仕事をしていくためには名刺以上の存在になりますので、活動や実績を発信し人の目に触れるようにしましょう。

また、ポートフォリオを兼ねたブログサイトがあれば、記事やプロフィールの中でWebライター案件の募集ができます。検索で上位表示されている記事であれば、実力も示すことができますよね。

これにはSEOスキルをはじめ、Webマーケティングの知識があれば実現することができます。

Webマーケティングを学ぶことで、高単価案件獲得術が身に付き、継続して十分に仕事を獲得し、仕事を選べる状態を作ることができる様になるのです。

記事を検索上位表示させることができるWebライターは、必要とされるので高単価案件が継続して獲得しやすくなります。

僕らが行っているWebライター教育事業では、期間限定でSEOライター養成講座無料体験とをご用意してますので、この機会にぜひご受講ください!!

また、継続案件があると言ってもその案件が永遠にあるわけではないので、新規案件をいつでも取れる状態を作っておくことは、収入や心の安定にもつながります。

多くの駆け出しのWebライターは、満足に仕事獲得ができていません。仮に仕事が取れても「案件が単発で終わる…」「なかなか仕事の単価が上がらない…」と、理想と現実のギャップに苦しんでいます。

しかし、Webマーケティングを学べば「十分に仕事を獲得し、仕事を選べる状態」を作ることができます。

月額制WebマーケティングスクールWithマーケでは、副業やフリーランスの仕事に直結する Webで必要になるマーケティングスキルを300本を越える動画で簡単に学ぶことができます。

Withマーケも、無料お試し版をお試しいただけます!

\高単価Webライターに必要なスキルが身につく!/

5日間の無料特別講座を受講する

※公式LINE限定の追加特典もあります。

 

まとめ

依頼主の立場になってライターになにを求めているのかを考えられれば、高単価案件のテストライティングで100%合格も現実のものとなってきます。

テストライティングに限らず、Webライターとして最も大切なスキルは、依頼主の利益をあげられる記事を書くことです。

そのためには、SEOライティングとWebマーケティングのスキルが欠かせません。

この2つのスキルを身に着けて、ぜひ高単価ライターを目指してくださいね!

ABOUT US
池邊友大株式会社グロースバリュ 代表取締役
未経験からWebマーケターになったのち、フリーランスを経て、Withマーケを運営する株式会社グロースバリュを創業。これまで、大手企業含め、40社超の企業をコンサルティングし業績を伸ばし、自社組織が30名を超える規模まで事業拡大。 You Tubeでは、Webマーケティングやブログについての情報を日々発信中。