月50万稼ぐ僕がWebライターはきつい!を全否定する訳【辛い仕事は嘘】

Webライターがきついと言われる真相を月50万稼ぐ僕が語る【つらい仕事ではない】

 

Webライターって、きついし、稼げないって本当なのかな…?

本記事をお読みの方は、Webライターという仕事に興味はあるけど、

「Webライターはきついし、稼げない」という噂を聞き、不安になっている方が多いかと思います。

実際のところ、Webライターの仕事は決して楽な仕事ではありませんし、全員に相性がいいとも言い切れないのは事実です。


しかし、断言させてください!

「Webライターがつらい、きつい…」と言っている人の多くは、仕事ができない人の意見だと思っています。

もちろん、ライター初心者の時期は「きつい…」と感じる時期はあると思います。僕もそうでした。

でも、そもそも、どんな仕事も「ラクだ〜!最高だ〜!」なんて感じるものではないでしょう。

 

そして、Webライターはしっかりと1年ほど取り組めば、月収20〜30万円くらいは十分に狙えます。

筆者である僕自身も、ライター歴5年で2,000万円超は稼ぎましたし(平均月収は40〜50万)、現在は数十名以上のライターさんをマネジメントする会社を経営しています。

本記事では、まず、僕自身が「大変な経験」をしつつも、Webライターとして稼げるようになった経験をお話しさせてください。

併せて「Webライターがきつい」と言われる理由や、きつい想いをせずに、効率よく稼いでいくためのコツもお伝えします。

 

Webライターがきついのは最初のみ。月50万稼ぐまでの実体験を語る。

Webライターがきついと言われる真相を月50万稼ぐ僕が語る【つらい仕事ではない】

まずは、筆者である僕の実体験を簡単に共有します。

結論からお話ししますと、僕は半年ほどで、ライターとして月50万円ほど稼げるようになりました。

最初こそ、きつかったですが、こんなに素晴らしい副業はないと思っています。

2分ほどになりますが、「僕がWebライターとして月50万円稼ぐまでの全過程」を、ぜひお読みください。

 

大学時代、ブログ運営に挫折したため、Webライターに挑戦

6年前の僕は、ただの大学生。もちろん、Webライターは未経験。

イケベトモヒロ
さらに「パソコンのタイミングもできない」「国語は苦手」「大学のレポートも適当にこなし、

ギリギリ単位が取っていた(何度も単位を落としましたが)」という、、

今でこそ、文章のプロであり、ライターを育成する立場にありますが、6年前は文章もほとんど書けない、未経験Webライターでした。

僕が「Webライターで稼ごう!」と思った理由は、

就活が終わった後に「将来の選択肢のために個人で稼ぐ経験を積みたい…!」と思っていたからでした。

そんな時期に、当時はWebライターではなく、ブログ運営を始めたわけですが、

結論から言うと、ブログ運営には、激しく挫折。


頑張って50記事ほどは書いたのですが、アクセスはなかなか増えず、稼ぐことはできませんでした。

そんな時期に始めたのがWebライターです。

文章を書くという意味ではブログと共通していますし、

「誰かから依頼を受けて、記事を書く」というのであれば、僕にでもできそうだと思いました。

 

【Webライターデビュー】旅行メディアの求人で初案件ゲット!

こうして、僕はWebライティング案件を獲得したのですが、

初めての案件は、僕が愛読していたメディアでのライティングでした。

当時の僕は、とある海外旅行系メディアのファンだったのですが、そのメディアの端に「ライター募集」と小さく書かれていたのです。

イケベ
僕の人生を変えてくれたメディアだったので「これはチャンスだ!」と思いましたね。

早速、自分の熱意や海外経験を書いて、応募したら、無事採用されました!!

これが僕の初案件。Webライターデビューです!

 

【低単価がつらい..】Webライター初案件は時給換算で150円


しかし、最初はWebライターという仕事がキツかった…。

なぜなら、報酬は1記事あたり、たったの500円で、時給換算だと150円を切っていたからです。

その後も、頑張って10記事以上は書きましたが、長期的な仕事として続けることはできないと判断。

さすがに割に合わなさすぎたんです。

このように、ライターがつらい…きつい…と感じる方のほとんどは、低単価案件が原因です。

逆に言うと、案件の単価が高ければ、つらいとか、きついとかは、感じないと、当時の僕は思いました。

 

そうして、別のライター案件を探しました。

案件は、ランサーズなどのクラウドソーシングで探したのですが、おかげさまでスムーズに仕事を取ることができました。

なぜなら、初案件である海外旅行メディアのライティング実績があったから(報酬は安かったですが、実績として仕事獲得時に評価されたのです!)。

こうして、早速2つ目の案件を獲得することができ、収入額も増えてきました。

ライターデビューし、2ヶ月が経たないくらいのタイミングで、月収2〜3万円に到達しました。

 

たった6ヶ月ほどでライター月収50万円を達成…!

その後、さらに報酬は上げていきたいと思い、自分なりに戦略を立てました。

僕が意識したことは2点。

月17万稼ぐために意識したこと
  1. 自分の強みが活かせること
    自分が詳しいジャンルを選びました
  2. SEOライティングを学んだこと
    あとで詳しくお話しします

すると、いきなり文字単価2円(1記事10,000円ほど)で受けることができましたし、最終的に1記事20,000〜30,000円ほどの記事を頂くこともできました。

時給換算でいうと、2,000円〜4,000円ほど。

ライターを始めて、たった4ヶ月で月収17万円を達成できたのです!

その後は、以前挫折したブログも再開し、ブログの方でも収益化に成功。

Webライターの仕事を通して、培ったライティングスキルが、そのままブログ運営に生きたんです。

その後も、どんどん収入は伸び、ブログとWebライターを合算して、6ヶ月目には月収50万円を達成することができました!

 

きついのは知識不足のせい!高単価ライターになるための最短ルート

ここまでお話ししたように、ライターの単価は安ければ時給数百円程度ですし、きついと感じる人がほとんどでしょう。かつての僕もそうでした。

一方で、スキルがあり、高単価案件を取れるライターは、時給換算で3,000〜5,000円の案件もたくさんありますし、

早ければ、3ヶ月で月収5万円。

そして、6ヶ月もあれば、月収20万円〜は十分に狙えます。

つまり、たった半年ほで、独立できる可能性もあるのです。

知識とスキルがあればWebライターは最高の仕事

そのため、

僕は「Webライターがきつい」と言われるのは、知識不足・スキル不足のせいであって、

Webライターという仕事そのものは、最高の仕事だと思っています。

だから、Webライターに興味を持った人は、ぜひ挑戦して欲しい。

正しい知識と、努力があれば、十分な副業収入が期待できますし、いつでもお金になる、手に職としてあなたの心強い武器になるはずです。

 

高単価ライターになることに特化したスクールに通うのが最適

ただ、未経験のうちは何からやっていいかわからないものですし、本当に稼げるのか、不安も感じるでしょう。

そこで、最適なのが、高単価ライターになることに特化したスクールを利用することです。


中でもおすすめしたいのがWithマーケ Webライティングコースです。

「ゼロから3ヶ月で月収5万円超の高単価ライター」というコンセプトの元、”最短で収益化すること”に特化した学習環境が整っています。

受講生の多くが「数ヶ月で月収5万円超」を稼ぎ、中には半年以内に月収10万円超を稼ぐ方もいます。

Withマーケでは、高単価ライターになることが前提なので、高単価案件に直結するSEOライティングが学べます。

また、案件保証、プロによる個別の記事添削、案件獲得サポート面談など、個別サポートが充実している点が強みです。

そして、ここまでのサポートがありながら、金額は199,800円なので、かなりリーズナブルです(他スクールは20〜30万円が多い)。

副業・フリーランスを視野に入れた「稼ぐための手に職」として、ライティングを学びたい方は、「Withマーケ高単価ライターコース」がおすすめです。

Withマーケでは「無料カウンセリング」も行っているので、気軽に覗いてみてください。

\まずは無料で/
働き方や稼ぎ方を相談
Withマーケ
ライターコースを見てみる

 

Webライターがきつい仕事だと言われる7つの理由

Webライターがきついと言われる真相を月50万稼ぐ僕が語る【つらい仕事ではない】

さて、ここからは、Webライターがきつい仕事だと言われる7つ理由を、お伝えしていきます。

ただ、最初にお伝えしておくと「ライターがつらい」と言う人の大半の理由は「稼げないから」。

逆に言うと、稼げる知識とスキルが手に入れば「Webライターがきつい」と感じることは少ないのです。

あらためて「Webライターの仕事は、なぜきついと言われるのか」に注目し、

きつい要素を7つ挙げて解説していきましょう。

 

1.激安案件が多く稼げない

仕事がきついと感じるとき、その多くは「きつさに見合った報酬が得られていない」状況に陥っています。

Webライターがきついのも同じことで、初めのうちは下手すれば、文字単価・記事単価が安過ぎて書いても書いても稼げません

初心者ライターの多くはクラウドソーシングで案件を探しますが、2000文字20記事報酬2,000円(1記事100円文字単価0.05円)』などという度を超えた激安案件も少なくありません。

【案件内容】
・20記事執筆完了時に報酬2,000円の支払い
※すべての記事の納品完了後のお支払い予定
・1記事あたり納期は3日(ご相談により納期の調整可能)

引用:クラウドワークス

上記は文字単価0.05円の例です。

このような0.1円以下の案件は山ほど見つかりますが、こんな低単価案件をいくら要領良くこなしたところで、月3万円くらいしか稼げませんからね。

稼げなくてきつい、という点はWebライターがきつい仕事である根拠のもっとも大きな部分だと言えます。

 

2.クライアントに振り回されて精神的に疲弊


Webライターも、他の仕事と同じように、お客様(クライアント)がいます。

ライティングの仕事は基本「クライアントワーク」となるため、自分一人でペースを決めて好きなときに書いて好きなときに提出するというフローにはなりません。

クライアントの希望する期日に間に合うように一つ一つの案件をこなします。

結局は「人とのコミュニケーションが多く発生する仕事」なので、

クライアントとの相性が悪ければ毎日の仕事はストレスの多いものになってしまいます。

中には、「Webライターを下に見ている発注者」も多くいるため、

フリーランスで独立してもなお、「人に良いように使われている」ようなストレスから離れられないと感じているライターもいます。

逆に言うと、案件を選べるくらい、スキルを身につければ、クライアントを選ぶことができます。

そのため、結局は知識とスキルがあれば、解決できる問題だといえます。

 

3.納期に追われスケジュール管理が難しい

Webライターは確かにどこでも働けますが、その分スケジュール管理が難しい仕事です。

全ての案件の納期を自分の好きなように設定できれば楽ですが、特に駆け出しのころはそんな状況とは程遠く、「あれもこれも一気に納期が重なってきつい!」という状況がほとんど。

一般的な会社員のように週休2日を確保することも難しくなり、気づけばいつでも仕事ばかりしているWebライターは相当多いです。

ただこういった問題も、スキルを身につけ高単価案件を受注できるようになれば、短い時間で、高い収入を得ることができます。

 

4.孤独感を強く感じる


Webライターの仕事は孤独との戦いです。

毎日仕事中は特に人と話すこともなく、人の顔を見ることもありません。

オンラインのミーティングくらいしか、「人と一緒に仕事をしている」ことを実感できない点はWebライターのきついところですね。

仕事がうまくいっても、ミスをして落ち込んでも、自分を褒めたり慰めたりするのは自分自身。

Webライターとして長く活躍するのなら、メンタルの強さが求められるのは確かです。

 

5.稼げるようになる保証がない

Webライターの仕事だけで生計を立てる、もしくは大きく稼ぐことを目標とする場合、その目標に達することができるかどうかはあなた次第。

もっと言えば、このままきつい仕事を継続したところで、一向に稼げるようにならない可能性もあります。

人間、「確実なゴール」があれば多少の困難は乗り越えられますが、不確かなままだとモチベーションを保つだけでも大変です。

特に、初めから独学でライターの仕事を始め、アドバイスを求める先輩やメンターがいないライターにとっては、この点がとてもつらく感じてしまうものです。

 

6.キャリアアップの道が見えにくい

Webライターで仮にそこそこ稼げるようになったとして、その先の目標やキャリアアップの道筋が見えずに悩むのもライターという仕事のきついところですね。

ライターで稼ぐのなら、今後も記事をひたすら書き続けなくてはなりません。

大きく単価を上げ、少ない記事数で大きく稼ぐことはある程度可能ですが、その先は?と考えたときに行き詰まってしまいやすいのは中級・上級レベルのWebライターの悩み。

先の見えない長いトンネルをひたすら一人で進み続ける感覚に、疲れてしまうライターもたくさんいます。

 

7.高い自己管理能力が求められる

Webライターのほとんどは在宅で仕事をしていますが、そこにはかなり高い自己管理能力が求められます。

極端に言えば「いつまででも寝ていられる」、「休みたいときに休むことができる」という状況の中で、毎日こつこつと記事を書き続けるというのは、想像以上に難しいこと。

どうしても気乗りがせずパソコンが開けない、納期が迫っているのに全く集中できない、という状況を乗り越えながらキャリアを積んでいくのは容易なことではありません。

 

そういった方こそ、スクールの活用がおすすめです。

プロのサポートを受けることで、挫折しづらくなりますし、稼ぐまでの期間も短くなるので、モチベーションを維持し続けやすいです。

Withマーケ高単価ライターコース」なら、個別サポートを受けながら成果が出せるため、挫折せずに、収入UPを実現できるでしょう。

\まずは無料で/
働き方や稼ぎ方を相談
Withマーケ
ライターコースを見てみる

 

冷静に最高!「つらい」を上回るWebライターのメリット

Webライターがきついと言われる真相を月50万稼ぐ僕が語る【つらい仕事ではない】
イケベトモヒロ

ここまででWebライターの仕事がなぜきついと言われるのか」については十分理解できたことと思います。

しかし、Webライターの仕事、きつさやよりも、大きなメリットがあります。

ここからは、やっぱりWebライターを目指す価値がある理由についてお伝えしていきます。

 

理由①パソコンとネット環境さえあれば始められる

Web系の仕事で稼ぐことを考えると、

まず何かしらのスキルが必須だったり、実績を積む必要があったりと、スタートまでに準備が必要なケースがほとんどです。

しかし、Webライターの仕事は極端に言えば今から、まさにこの瞬間から始めることが可能です。

Webライターにもスキルはもちろん必要ですが、ライターの仕事を始めるにあたり必要な条件や実績はありません。

もちろん、資格や検定も不要です。

必要なのはパソコンとネット環境だけ!

この点はWebライターの大きな魅力と言えますね。

 

理由②どこにいても稼げる


旅行が好きな人や、逆に家から出にくい状況にある人(育児・介護など)
にとっては、どこにいても稼げるWebライターの仕事はものすごく魅力的に見えるでしょう。

どこにいても稼げるのは、Webライターの強みです。

例えば、月に10万くらいは稼ぎたいけれど、親の介護のため自由な時間が取れない、という方にとっては、介護の片手間で収入を得られるWebライターの仕事がぴったりです。

何かしらの事情で「勤めに出たくない」人なら、Webライターを検討する価値が大いにあります。

 

理由③スケジュールを自分の好きなように決められる

納期こそクライアントに決められてしまいますが、そこから先の仕事の進め方はあなたの独断で決められるのがライティングの仕事の特徴。

例えば、今月は4週目に旅行に出かけたい!とすれば、その前までに全ての案件を完了させるため、休み返上で一気に終わらせる、なんてことも可能です。

普通の会社員や、パート・アルバイトなら、まずこのような働き方はできません。

クライアントに迷惑をかけない範囲で、スケジュールを自由に調整できる点は、Webライターという仕事の嬉しいポイントです。

Withマーケ高単価ライターコース」を受けた方に関しても、

受講生の多くが、スキマ時間を利用し、自分のペースで収入を得ています。

\まずは無料で/
働き方や稼ぎ方を相談
Withマーケ
ライターコースを見てみる

 

つらい経験をせず、最短で自由な高単価Webライターになるコツ3選

Webライターがきついと言われる真相を月50万稼ぐ僕が語る【つらい仕事ではない】

ここからは、稼げないつらい時期をできるだけ早く終え、最短で高単価ライターになるコツを3つお伝えしていきます。

今からお話しする3つを抑えれば、案件を選ぶ余裕ができる、自由な高単価ライターになることが可能です。

 

①SEOライティングを学ぶ

まず、1つめ。

高単価Webライターに一番大事なスキルは、SEOライティングスキルです。

イケベトモヒロ
僕も、SEOを学んだことで、Webライターの月収が1万円→20万円になりました!

SEOとはSearch Engine Optimization(検索エンジン最適化)の略で、Googleの検索結果で記事を上位表記させる施策を行うことを「SEO対策」といいます。

SEO対策がなされた記事は、アクセスを獲得しやすく、商品の販売にもつながりやすいんです。


そして、企業がwebメディアを作成するのは、ほとんどSEO対策のためである場合がほとんど。

自社で作成した記事をグーグルの検索結果に上位表示させることができれば、より多くの人の目につきやすくなります。

すると、あなたが書いた記事がたくさんの人に読まれて、お客さんは自社サービスや商品を訴求しやすくなる=売り上げに繋がるというわけです。

高単価Webライターは、もれなくSEOライティングを学んでいます。

 

②法人案件の実績をいち早くゲットする

続いて、2つ目。高単価Webライターになる上で重要なのは、法人案件の実績になります。

法人とお仕事をした実績があれば、その後、信頼され、仕事を獲得しやすくなりますし、どんどん収入も積み上がっていきます。

イケベトモヒロ
実績があるかないかで、仕事の取りやすさ、収入はだいぶ決まってきます!

そのためいち早く法人とのお仕事の実績があればいいわけですが、ライティング経験が弱いうちは、大きな案件を取ることは難しいでしょう。

そのため、まずは無料でも、格安案件でもいいので、とにかく仕事を獲得しましょう。

小さな仕事であっても、実績は実績。

なので、一番最初の案件は、単価や報酬にあまりこだわらず探した方がいいかもしれませんね。

 

③プロに記事添削をしてもらい、客観的な自分の弱点を改善する


最後は「プロに記事添削してもらうことの重要性」をお話ししておきます。

イケベトモヒロ
記事添削は、ライターデビューしてからでも遅くはないですが、早ければ早いほどいいです!

スポーツなどと同じで、プロ目線で、客観的に自分はどう動いているかをフィードバックしてもらうと、成長も速まります。

というのも、ライティング初心者のうちは、自分の文章の癖に気づけないですし、知らない間にクライアントの評価を落とす可能性があるからです。

最初からうまくいく人はいいですが、「失敗する理由」がわからないまま、突き進むのはやはり危険です。

そのため、効率よく高単価ライターになるためには、できればプロから指導を早めにしてもらうといいでしょう。

自信を持って、前に進むことができます。

 

最短で高単価Webライターになるにはスクールの活用もあり

Webライターがきついと言われる真相を月50万稼ぐ僕が語る【つらい仕事ではない】

さて、ここまでWebライターを強くおすすめしてきましたが、

SEOなど、肝心のスキルはどのように身につければいいでしょうか?

結論としては、オンラインスクールで学ぶのが1番効率が良いです。

勿論、独学でも学習は出来ますが、

教材選びが難しかったり、理解できないポイントがあったときに質問できる環境がなく、挫折しやすいのであまりおすすめしません。

また、オンラインスクールを利用すれば、スクール側が案件を用意しくれたり、プロによる個別の記事添削もあったりします。

金銭の余裕があれば、スクールを活用できるといいです。スクールへの費用がかかっても、結果大きく稼げるようになるでしょう。

 

この3点を満たすスクールは、今すぐ活用するべき

ただ、スクールならなんでも言い訳ではなく、下記3点を満たしているスクールにしましょう。

  1. 収入UPが目的のスクールを選ぶ
  2. 案件保証が付帯しているスクールを選ぶ
  3. 個別サポートが充実してるスクールを選ぶ

まず大前提として「収入UPが目的のスクール」を選ぶこと。中には「ただ文章術を学ぶ」みたいなスクールもあり、仕事に繋がらないこともあります。

また、できれば「案件保証が付帯している」「個別サポートが充実しているスクール」を選ぶこと。

受講中に案件が獲得できれば、即実績も収入も得られて、その後も案件獲得もラクになります。

また、スクールの価値は、プロから記事添削を受けたり、仕事獲得の指導を受けることです。そのため、個別サポートが充実しているスクールを選びましょう。

あとは、先ほどもご紹介したように、SEOライティングを学べるスクールがいいでしょう。

 

Withマーケライティングコースなら最短で高単価ライターが目指せる

Withマーケ_Webライティングコース
参照元:Withマーケ Webライティングコース


Withマーケ Webライティングコース
は、

「ゼロから3ヶ月で月収5万円超の高単価ライター」というコンセプトの元、”最短で収益化すること”に特化した学習環境が整っています。

受講生の多くが「数ヶ月で月収5万円超」を稼ぎ、中には半年以内に月収10万円超を稼ぐ方もいます。

Withマーケでは、高単価ライターになることが前提なので、高単価案件に直結するSEOライティングが学べます。

また、案件保証、プロによる個別の記事添削、案件獲得サポート面談など、個別サポートが充実している点が強みです。

そして、ここまでのサポートがありながら、金額は199,800円なので、かなりリーズナブルです(他スクールは20〜30万円が多い)。

運営元 特徴など 案件保証

個別サポート
料金
Withマーケ
高単価ライターコース
3ヶ月で月収5万円稼ぐ
高単価
Webライターコース
・案件保証(有)
※受講中に稼げる
・記事添削4回付き
・仕事獲得面談付き
199,800円

副業・フリーランスを視野に入れた「稼ぐための手に職」として、ライティングを学びたい方は、「Withマーケ高単価ライターコース」がおすすめです。

Withマーケでは「無料お試し受講」や「無料カウンセリング」を行っているので、気軽に覗いてみるのがいいと思います。

\まずは無料で/
働き方や稼ぎ方を相談
Withマーケ
ライターコースを見てみる

【結論】Webライターはつらい仕事ではない。きついのは最初だけ。

Webライターがきついと言われる真相を月50万稼ぐ僕が語る【つらい仕事ではない】


最後に、改めてWebライターの良さを紹介して、本記事を終えます。

本記事で何度もお伝えした通り、Webライターは知識がない人、スキルがない人、稼げない人にとっては、きつい仕事かもしれません。

しかし、Webライターという仕事そのものは、最高の仕事だと思っています。

3ヶ月で月収5万円、半年〜1年で独立も目指せる。こんな素晴らしい副業はなかなかありません。

だから、Webライターに興味を持った人は、ぜひ挑戦して欲しい。

正しい知識と、努力があれば、十分な副業収入が期待できますし、いつでもお金になる、手に職としてあなたの心強い武器になるはずです。

先ほどもご紹介しましたが、最短で、Webライターを目指すのであれば、ぜひWithマーケなどの高単価ライターコースを覗いてみてください。

「無料カウンセリング」も行っているので、ライターの働き方やコースのことを理解した上で、入会することが可能です。

\まずは無料で/
働き方や稼ぎ方を相談
Withマーケ
ライターコースを見てみる

ABOUT US
池邊友大株式会社グロースバリュ 代表取締役
未経験からWebマーケターになったのち、フリーランスを経て、Withマーケを運営する株式会社グロースバリュを創業。これまで、大手企業含め、40社超の企業をコンサルティングし業績を伸ばし、自社組織が30名を超える規模まで事業拡大。 You Tubeでは、Webマーケティングやブログについての情報を日々発信中。