50代資格なしの女性でも定年のない仕事に就けた方法と7つのおすすめ仕事を紹介

【50代女性必見】稼げる定年のない仕事とは?資格や長く続けられる仕事を紹介!

 

人生100年時代、老後資金の不足、年金問題など、将来の不安は数え切れませんよね。

悠々自適な老後を送りたいけど、万が一のための収入は確保しておきたい…」と、考える方も多いはず。

定年のない仕事で将来的にも収入を得られれば、多くの不安は解消されますよね。

とはいえ、特別なスキルや経験がない方のなかには「何か資格を取ったほうが良いのかな…」と、考えている方も多いでしょう。

結論として、資格は必須ではありません。

本記事では資格が必要ではない理由や、資格がなくても就けるおすすめの仕事を紹介します!

将来に不安を抱えている50代女性は、ぜひ参考にしてください!

【重要】50代女性は資格を取るべき?稼げる仕事と資格の関係性

結論として、50代女性が仕事に就くために新たな資格は必要ありません。

世の中には多くの資格が存在しますが、独占業務がある資格を除き、資格の重要性が低いからです。

独占業務のある資格
  • 医師
  • 弁護士
  • 司法書士
  • 行政書士
  • 税理士
  • 社会保険労務士
  • 宅地建物取引士
  • 土地家屋調査士
  • 測量士
  • 公認会計士 など

独占業務がある資格はいずれも難易度が高く、気軽に取れるものではありません。

独占業務がない資格は、資格保有者でなくてもできるので、資格の目的は「権威性」程度でしょう。

50代女性が定年のない仕事に就くには、「資格」よりも「スキル」が大切です。

「定年のない仕事」というのは、企業側から「継続して雇いたい」「仕事を依頼したい」と思ってもらう必要があるためです。

どのようなスキルで、どのような価値を提供できるかを考える必要があります。

おすすめのスキルや、スキルの習得方法は、記事の中盤でご紹介します!

50代女性が定年のない仕事を探すポイント

50代女性が定年のない仕事を探す際は、次の3つのポイントを重視しましょう。

  1. 在宅ワークができる
  2. 市場が拡大している
  3. 副業から始められる

それぞれについて解説します!

①在宅ワークができる

50代を超えてくると、体力的にキツい仕事はおすすめできません。

ケガの危険がありますし、何より定年後も継続して働くのは難しいでしょう。

在宅でできる仕事であれば、通勤の必要もありませんし、自分のタイミングで休憩が取れるため、自分のペースで長く続けられます。

②市場が拡大している

定年後も働くことを考えると、衰退産業に身を置くのはリスクがありますよね。

現在市場が拡大している業界であれば、人手不足で仕事が豊富にありますし、将来的にも仕事があると予測されるので、定年後も安心です。

また、市場が拡大している業界は収入も良い傾向にあるので、老後の資金不足問題も解決できるでしょう。

60代から新たなことを始めるのは難しくなるので、50代のいま、将来的にも身を置ける市場・業界を探すのがおすすめです。

③副業から始められる

この記事を読んでいる方のなかには、現在仕事に就いている方も多いでしょう。

50代という年齢で新たに転職をするのは、正直難しいですよね。

そのような場合、まずは副業から小さく始めてみましょう

副業からのスタートであれば、リスクなく始められます。

スキルを身につけると業務委託という形で、業務の一部を請け負う働き方が実現できるので、年齢に関係なく仕事ができます。

50代から定年のない仕事で稼ぎたいなら『Web業界』がおすすめ

  1. 在宅ワークができる
  2. 市場が拡大している
  3. 副業から始められる

これらの条件を満たしている仕事が多いのは、「Web業界」です。

Web業界の魅力
  • 場所に縛られない
  • パソコン1つで始められる
  • 仕事が豊富にある
  • 月収20万円以上も現実的
  • 完全未経験から数ヶ月で即戦力に
WebとかITなんてわからない」という方も心配いりません。私も完全未経験からのスタートでした。

完全未経験からでも3ヶ月程度で十分にスキルを身につけられます!

ここからは具体的におすすめの仕事を紹介します!

50代女性が稼げる定年のない仕事8選【資格不要】

50代女性が稼げる定年のない仕事は、次の8つです。

  1. Webライター
  2. Webデザイナー
  3. Instagram運用・運用代行
  4. ブログアフィリエイト
  5. Webマーケター
  6. オンライン秘書
  7. 動画編集者
  8. プログラマー

それぞれの仕事について紹介します!

①Webライター

Webライターの說明画像
平均年収 449万円
将来性 ★★★☆☆
必要資格 特になし
(特化する場合は資格取得がおすすめ)

Webライターは、Webサイトやブログなどに掲載される記事を執筆する仕事です。

今回ご紹介するWeb系職種の中でも、始めやすさはナンバーワンです!

資格も必要ないので、始めようと思えば今日からでも始められます。

なお、将来的に「金融系に特化する」「美容系に特化する」など、執筆ジャンルを絞って活動する場合は、そのジャンルの資格があると強みになります!

Webライターに求められるのは、ライティングで「クライアントの利益に貢献すること」

つまり、自分が書いた記事によって、クライアントが売りたいモノが売れるようにならないと意味がないのです。

「良い記事」を書くためには、相手の立場になって物事を客観的に見るのが大切になります。

何も考えずに書いていると、1文字1円にも満たない低単価案件しか回ってきません。

そして、いずれはAIなどの先進技術に仕事を奪われてしまうでしょう。

稼げるライターとして生き残るためには、適切なスキルを身につける必要があります。

もっと詳しく知りたい人は、Withマーケの『Webライター無料講座』がおすすめです。

今なら特別に、すべて無料でご覧いただけます。

たった5日間で、AIにも負けない高単価ライターの目指し方がわかる内容は必見です!

\50代女性が目指せる定年のない仕事/

Webライター
5日間講座を受け取る

※予告なく終了する場合がございます

②Webデザイナー

Webデザイナーの說明画像
平均年収 474万円
将来性 ★★★★☆
必要資格 特になし

Webデザイナーは、Web上のデザイン全般に関わる仕事です。

今回ご紹介する仕事の中で、女性に人気が高いWeb系職種です!

人間社会はすでに発展しきったとも言われており、周りを見渡せば同じようなサービスや商品も多くあります。

その中から自分が売りたいモノを手に取ってもらうには、他よりも目を引く何かがなければいけません。

そこで大事になるのがデザイン、インターネット上ではWebデザインになります。

つまり、見た目は売上につながる重要な要素であるということです。

ホームページは企業の顔といえますし、販売ページ(LP)は、商品やサービスのイメージを決定付けるといってもいいでしょう。

またWebデザインでは、女性の感性が重要視されているのはご存知でしょうか?

そのため、「Web系は難しそう」と思っている女性の方にもおすすめです。

とはいえ、デザインに関する知識が全くない状態からの転職は難しくなります。

そこで、「Webデザイナーについてもっと知りたい」方のために、『Webデザイナー無料講座』をご用意しました。

Webデザイナーについて疑問点があれば、直接質問することも可能です!

\50代女性が目指せる定年のない仕事/

Webデザイナー
無料講座を受け取る

※予告なく終了する場合がございます

③Instagram運用・運用代行

Instagram運用の説明画像
収入の目安 0〜数千万円
将来性 ★★★★☆
必要資格 特になし

Instagram(インスタグラム)運用は、個人でのインスタ運用や、企業アカウントの運用代行を行う仕事です。

ただ企業の立場で考えると、自社アカウントの運用をどこの誰かもわからない人に任せるのは不安ですよね。

そのため、副業で最初から法人案件を獲得できるケースはまれです。

特に未経験の場合には、個人としてインスタ運用を始めることになるでしょう。

個人のインスタグラム運用では、投稿を通じて商品やサービスを紹介し、販売に応じた成功報酬を受け取る形になります。

そして、実績を積んでいけば企業案件が舞い込んでくることも。

また、インスタグラムの運用は、Webマーケターの仕事に通じる部分が多くあります。

そのため、Webマーケター転職への大きな武器にもなる仕事です。

「インスタなら自分にもできそう!」という方は、Withマーケが提供している「インスタ収益化無料講座」をぜひ受けてみてください!

5日間の講座を受講することで、

  • インスタの稼ぎ方
  • 投稿のコツ
などを学び、手始めに月収5万円を目指すことが可能です。

合計4,000名超が受講し、多くの人が成果を出したノウハウを、今なら無料で手に入れることができますよ!

\50代女性が目指せる定年のない仕事/

インスタ
収益化講座を受け取る

※予告なく終了する場合がございます

④ブログアフィリエイト

ブログ・アフィリエイトの説明画像
収入の目安 0〜数千万円
将来性 ★★★★☆
必要な資格 特になし

ブログアフィリエイトの仕組みは、前述した個人のインスタグラム運用と同じです。

商品やサービスを紹介する場所が、インスタグラムからブログに移ったと思ってください。

インスタグラムとの一番の違いは、まとまった文章量が必要になること。

ブログは記事として情報を発信するため、最低でも1記事3,000字程度は書かなければいけません。

なので、ブログかインスタグラムで迷ったときには、

  • 文章を書くのが得意ならブログ
  • デザインが好きならインスタグラム
ということを一つの目安にしてみるといいでしょう。

また、全体の流れを意識して書いた記事は、Webライターのポートフォリオとしても活用できます。

さらに、ブログアフィリエイトで実績を作れると、自動的にWebライティングのスキルがあることが証明されます。

「ブログやアフィリエイトに興味がある」という方は、Withマーケが提供しているブログ無料講座を受けてみてください!
  • まずはブログで月収5万円を達成する
  • 最終的には月収20万円も可能

という有料級のノウハウが、今なら無料で手に入れられます!

\50代女性が目指せる定年のない仕事/

ブログ
5日間講座を受け取る

※予告なく終了する場合がございます

⑤Webマーケター

Webマーケターの說明画像
平均年収 509万円
将来性 ★★★★★
必要資格 特になし

Webマーケターとは、商品やサービスをより多くの人に届けるために、Webを活用して集客・宣伝を行う仕事です。

Webマーケターの役割は、商品やサービスの認知度を高めたり、売り上げを伸ばしたりすること。

そんなWebマーケターが関わるのは、インターネット上にあるものすべてといっても過言ではありません。

ネット社会の現代では、オンラインショッピングは当たり前。

モノの販売にはさまざまなWebサービスが使用されています。

それはつまり、Webマーケターが活躍する場所が限りなく増え続けているということです。

もちろん、Webマーケターの需要はうなぎのぼり!

将来性は非常に高いため、定年のない仕事をするのであれば間違いなく候補に入れるべきです。

ただ、全くの未経験からWebマーケターに転職するのはハードルが高めです。

そこで、Webマーケターに興味がある方のために、『Webマーケター無料講座』をご用意しました。

講座を受講いただくと、現役Webマーケターへ直接質問することも可能です!

\50代女性が目指せる定年のない仕事/

Webマーケター
無料講座を受け取る

※予告なく終了する場合がございます

⑥オンライン秘書

平均年収 300〜450万円
将来性 ★★★★☆
必要資格 特になし

オンライン秘書とは、バックオフィス業務をオンラインで行う仕事です。

近年、小さな企業や個人事業主は、事務作業を行う人を雇うのでなく、オンライン秘書に依頼することが増えてきました。

オンライン秘書の主な仕事内容
  • 経理
  • データ入力
  • メール対応
  • スケジュール管理
  • SNS運用 など

オンライン秘書の魅力は、専門的なWebスキルがなくても始めやすいことです。

この記事を読んでいる方のなかには、事務しか経験したことがなく、それ以外の仕事をできる気がしない方も多いでしょう。

メールやチャットなどの最低限のWebスキルがあれば、すぐにでも始められます!

自分には特別なスキルがない…」と、悩んでいる方は、ぜひオンライン秘書を検討してみてください!

⑦動画編集者

平均年収 402万円
将来性 ★★★☆☆
必要資格 特になし

動画編集者とは、動画素材を編集し、完成度の高い動画を制作する仕事です。

近年YouTubeやSNSのショート動画などが普及し、動画編集者の需要が急増しています。

ビジネス面で動画が使われることも多いため、今後さらに仕事は増加していくでしょう。

動画編集では専門のソフトを使用するため、ハードルが高く感じるかもしれませんが、カットやテロップ・BGMの挿入などの基礎スキルであれば1ヶ月程度で身につけられます

基礎スキルだけでも仕事は受注できるので、動画編集に興味がある方は、ぜひ挑戦してみまししょう!

⑧プログラマー

平均年収 494万円
将来性 ★★★★☆
必要資格 特になし

プログラマーとは、情報技術(IT)に関する仕事をする人のことです。

プログラマーの仕事内容は、専門分野によってさまざまです。

  • アプリケーションの開発
  • ウェブサイトの設計
  • ネットワークの構築

といったものが例として挙げられますね。

ITやWebの業界は、毎日目まぐるしく変化しています。

そのため、プログラマーは常に最新の情報を拾い上げ、自ら成長し続ける必要があります。

また、プログラマーはスキル次第で収入を増やせる実力主義の世界です。

つまり、年齢や性別が関係ないということ。

実際に、シニア世代になってからプログラミングを始めて、エンジニアとしてデビューする人も多くいらっしゃいます。

8つの仕事を紹介しましたが、改めてまとめておきます!

おすすめの仕事と無料講座

①Webライター
Webライター無料講座

②Webデザイナー
Webデザイナー無料講座

③Instagram運用・運用代行
インスタ収益化無料講座

④ブログアフィリエイト
ブログ5日間講座

⑤Webマーケター
Webマーケター無料講座

⑥オンライン秘書

⑦動画編集者

⑧プログラマー

未経験からWebのスキルを身につける方法

未経験からWebのスキルを身につけるには、オンラインスクールの受講がおすすめです。

オンラインスクールであれば、動画学習などがメインになるため、時間と場所に縛られずにスキルを身につけられます。

現在仕事をしている方でも、自分のペースで学習できます!

また、プロの講師から直接教えてもらえるため、わからないことを都度確認でき、挫折しにくいのが特徴です。

独学の自身がない方や、最短でスキルを身につけたい方は、ぜひオンラインスクールを受講してみましょう。

ここからは、おすすめのオンラインスクールを4つ紹介します!

Withマーケ高単価ライターコース

Withマーケ高単価ライターコース

ライティングスキルを身につけたい方には、Withマーケ高単価ライターコースがおすすめです。

このコースは、3ヶ月でライター収益5万円(月収)が目指せるコースです。

まずはじめに、SEOライティングといった、市場価値の高いライターとなるための基礎を動画形式で学習します。

そして、実際のクライアントワークを仮体験。

具体的には、企業のSEOライティング案件を通して、稼ぎにつながる実力を身につけていきます。

合計4回のプロによる添削サービスが付いているため、ライティング初心者でも安心です。

  • ZOOMによる個別面談
  • 無制限の質問サービス

などで挫折を防ぎ、サポート期間は1年間と十分にあります。

そのため、自分のペースで進めることができるのもうれしいポイントです。

「Webライターに興味がある」という方は、まずは無料カウンセリングから始めて見てください!

WithマーケWebデザイナー養成コース

Withマーケデザイナー養成コース

Webデザインを学びたい方には、WithマーケWebデザイナー養成コースがおすすめです。

このコースでは、未経験から3ヶ月で高単価Webデザイナーを目指せます。

Webデザインと一言でいっても、学習範囲が広く、何かと迷ってしまいがち。

このコースでは、初心者にもわかりやすい段階的なロードマップが用意されています!

また、高単価案件につながりやすいLPのデザインに力を入れているのが特徴です。

そのため、3ヶ月という短期間で稼げるWebデザイナーになることを可能にしています。

  • 一対一の個別サポート
  • 現役デザイナーからのフィードバックを受けられる添削課題
  • 案件獲得のための活動支援

などもあり、質問も1年間無制限でできるため、安心して学ぶことができます。

「Webデザイナーに興味がある」という方は、まずは無料カウンセリングから始めて見てください!

③Withマーケ |ブログやインスタなどのWeb副業を学べる

Withマーケは、月額4,980円(1日たった166円!)で、

ブログやSNSなどの幅広いWebスキルが学べるオンラインスクールです。

幅広いスキルが学べるので「まだ何を始めていいかわからない」という方にもおすすめです!

また、1つのスキルを身につけた後に、さらに新しいスキルを身につけられるので、人材としての希少価値が高まります!

サイト名 レベル 受講料金
Withマーケ 初級者〜上級者 入会金90,000円
+月額4,980円
(無料アカウントの用意あり)

納得して入会してもらうために、無料お試しアカウントも用意しています。

Withマーケ転職サポートコース

Withマーケ 転職サポートコース

「Webマーケティング」に興味がある方には、Withマーケ転職サポートコースがおすすめです。

このコースは、Webマーケターへの転職を目指す人向けのサービスになります。

コース最大の特徴は、実際にマーケティング会社で業務の一部に関われる点。

そのため、実践的なスキルを身につけることができます。

講師は現役のWebマーケターで、採用面接官も務めているため、内定率が高いと評判です。

また、個別にフィードバックをもらえるため、初心者でも安心です。

さらに、コース内では幅広いWebマーケティング手法について学べます。

複数の手法を身につけることで、市場価値の高い人材を目指すことができますよ。

転職成功後もサポートが受けられるため、Webマーケターとしての活躍を目指す方には最適な環境といえるでしょう。

Webマーケターに興味がある方は、ぜひ無料カウンセリングから始めてみてください!

50代女性におすすめな定年のない仕事と必要な資格|正社員可

【50代女性必見】稼げる定年のない仕事とは?資格や長く続けられる仕事を紹介!

『定年のない仕事』であれば、圧倒的にWeb業界の仕事がおすすめです。

これからさらに年齢を重ねていくことを考えたとき、不安要素はなるべく減らしておきたいですよね。

そんな50代女性にとって、稼ぎやすく自由な働き方が選べることは大きなアドバンテージです。

しかし、「やっぱりWeb系の仕事はちょっと…」という女性の方もいることでしょう。

また、一生モノの資格を持っていたほうが安心できる人もいるかもしれません。

そこで、ここからはWeb業界以外で、かつ資格が必要な『定年のない仕事』をご紹介します。

ただし、残念ながらWeb業界以外となると働き方は制限されます。

もし、少しでもWeb系職種への興味が残っているのなら、ぜひ再検討してみてくださいね。

それでは本題に戻りましょう。

ここでは、権威性の高い国家資格が求められる仕事を中心にお届けします!

①介護職

平均年収 338万円
将来性 ★★★☆☆
転職難易度 ★★☆☆☆
必要資格 場合によって必要

介護職とは、高齢者や障がいを持つ方々の日常生活をサポートする仕事です。

超高齢化社会とも言われる日本において、介護に関わる人材不足はさけばれ続けています。

そのため、募集求人は多く、50代であっても転職難易度は低めといえるでしょう。

もちろん需要は高く、将来性に関しても問題はありません。

ただ、気になるのは平均年収です。

国税庁が実施した「民間給与実態統計調査」によれば、日本人の平均年収は443万円とされています。

介護職とは約100万円の開きがあるのがわかりますね。

介護の現場では、地位向上や働きやすい環境の整備が求められていますが、理想とは程遠いものになっています。

ここに関しては、自分の中で折り合いをつけることが必要です。

次に、介護職の仕事内容を見ていきましょう!

仕事内容

前述したように、介護職はサポートが必要な人の日常生活を支援すること。

  • 食事の提供
  • 入浴介助
  • 衣服の着脱の手助け

などが仕事内容に含まれます。

また、健康管理も重要な仕事の一つです。

利用者の健康状態を観察し、必要に応じて医療スタッフに報告します。

ベッドでの体位変換や車椅子への移乗、歩行のサポートといった身体的ケア。

コミュニケーションや対話を通じて安心感を与える心理的ケアなども大事ですね。

加えて、レクリエーションの計画や実施も行い、利用者の社会的な交流を促進します。

基本的に、医療福祉関係の仕事に定年はありません。

なぜなら、慢性的な人手不足により、定年があったとしても再雇用の可能性が高いからです。

ただ、体力が求められることも理解してください。

続いて、介護職に必要な資格についてです。

必要な資格|介護職員初任研修

学習時間 約130時間
受験資格 なし
受験費用 スクールによって異なる
試験日程 任意
合格率 非公表
主催団体 厚生労働省

実は、介護職に必須の資格というのはありません。

ただ実際には、国が認めた以下の研修を受けたほうが採用されやすくなっています。

  • 介護職員初任研修
  • 介護福祉士実務者研修

未経験の場合は、介護職員初任研修から始めましょう。

介護職員初任研修の合格率は非公表ですが、カリキュラムをしっかり受講すればほぼ合格すると言われています。

合格者にしか担当できない業務もあるため、仕事に幅も生まれますよ。

上級に位置する実務者研修に挑戦することもできますが、何の知識もない状態ではついていけなくなる可能性があります。

そのため、張り切りすぎて無理をしないようにしてください。

なお、実務者研修を受け、現場で3年働くと、国家試験である介護福祉士の受験資格が得られます。

②医療事務

平均年収 309万円
将来性 ★★★☆☆
転職難易度 ★★★☆☆
必要資格 場合によって必要

医療事務とは、医療機関での事務業務を担当する人たちを指します。

介護職と同様に、医療職の人材不足も深刻な状況です。

そのため、求人数も豊富で、50代からでも十分に目指せる仕事です。

また、人間社会がある限り、医療業界がなくなることはありません。

そのため、将来性についてもバッチリです。

ただ、本格的なAI時代が訪れると、事務系作業は自動化されるのではないかと言われています。

なので医療事務は、医療業界の中でも数少ない、AIに仕事が奪われる可能性がある仕事です。

とはいえ、人の健康に関わる医療データを、手放しで機械に任せられるようになるのは先の話です。

50代女性のみなさんが働けるうちは、あまり心配する必要はないでしょう。

次に、医療事務の仕事内容を見ていきましょう!

仕事内容

まず、患者の基本情報や医療記録を電子データベースやファイリングシステムで管理します。

医療事務が扱うデータには、

  • 個人情報
  • 診療履歴
  • 検査結果
  • 処方箋
などが含まれています。

そのため、機密性とプライバシーに関する規則や法律に準拠することが肝心です。

また、患者からの予約を受け付け、変更やキャンセルの処理を行います。

予約システムを使用して、効率的なスケジュールを立てることが求められるでしょう。

加えて、患者や来客を出迎える受付業務も担当します。

電話やメールでの問い合わせへの対応も必要ですね。

患者の診療費の請求業務や、医療記録に関する書類作成もあります。

仕事の範囲は広いものの、内勤で体力的な不安がないのは、50代の女性にはうれしいポイントです。

続いて、医療事務に必要な資格についてです。

必要な資格|医療事務資格

学習時間 約200時間
※最も難易度が低い試験の場合
受験資格 なし
受験費用 試験ごとに異なる
試験日程 毎月1回
※医療事務認定実務者の場合
合格率 60%~80%

※医療事務認定実務者の場合

主催団体 本文を参照

医療事務に関しても、資格は必須ではありませんが、持っていることで転職の可能性が広がります。

医療事務資格には多くの種類がありますが、代表的な資格は以下の4つです。

  • 医療事務認定実務者(全国医療福祉教育協会)
  • 医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)
  • 医療事務管理士(技能認定振興協会)
  • 診療報酬請求事務能力認定試験(日本医療保険事務協会)

上から下にいくにつれて難易度が高くなります。

特に、診療報酬請求事務能力認定試験は厚生労働省が認定しているため、国家資格と同等の価値があります。

その代わり、合格率は30%という難関資格です。

医療現場で間違いは許されません。

医療業界への転職を目指す際には、資格の勉強を通して十分な知識を得ておきたいですね。

③調理師

平均年収 340万円
将来性 ★★★☆☆
転職難易度 ★★★☆☆
必要資格 調理師免許

調理師とは、飲食店やレストランなどで料理の調理や盛り付けをする人のことです。

それだけだと、キッチンスタッフと変わらないように思えるかもしれません。

しかし、調理師は食事処だけではなく、ホテルや病院などの施設でも働ける点が大きな違いです。

つまり、食事を提供する必要がある場所すべてが職場となり得る仕事です。

コロナ禍も終わり、外食業界のインバウンドが期待されている中で、調理師の需要はさらに高まっていくでしょう。

そのため、将来性については問題ありません。

ただ、後ほど解説しますが、調理師の資格を取るには、2年間の現場経験か調理師学校の卒業が必要になります。

なので、今すぐ調理師を目指せるわけではないため、転職難易度は低くはないでしょう。

次に、調理師の仕事内容を見ていきましょう!

仕事内容

調理師は、その名にあるとおり調理に関する1から10までを担当します。

まず、献立の考案と計画です。

調理師は、栄養面や全体のバランスに配慮しながら、提供する料理のメニューを考えなければなりません。

その際に、調理師は必要な食材を選定し、仕入れの発注業務に関わることもあります。

また、「食材が足りなくなった」なんてことにならないよう、在庫管理も大切な仕事です。

もちろん、料理を作るために、

  • 食材を洗う
  • 切る
  • 下処理をする

などの準備作業も行います。

食品の品質や、衛生面を適切に管理するのも忘れてはいけません。

子供やお年寄りがいる施設で働くときには、より注意が必要です。

料理好きな女性には、趣味を仕事にできるため、調理師はおすすめの職業といえるでしょう。

続いて、調理師に必要な資格についてです。

必要な資格|調理師免許

学習時間 200〜400時間程度
受験資格 2年以上の調理実務経験
受験費用 お住まいの地域によって異なる
試験日程 年1回
※日程は都道府県ごとに決定
合格率 60%
主催団体 調理技術技能センター

正式に調理師と名乗るには、『調理師免許』が必要になります。

調理師は、厚生労働省が定める調理師法にもとづいた国家資格です。

そして、社会的地位が高いわりに、合格率も60%と難しくないため、コスパがいい資格ともいえるでしょう。

ただ、国家資格に変わりはなく、取得には以下のように明確な条件が設けられています。

  • 2年間の実務経験と試験合格

もしくは

  • 指定の調理師学校を卒業する

いずれにしても、時間や費用がかかるため、未経験から目指すにはハードルが高いかもしれません。

しかし、取得すれば自分で飲食店を開くことも可能になります。

開業に興味がある場合は、

  • 食品衛生責任者
  • 防火管理者

といった関連資格についても見ておくといいでしょう。

④食生活アドバイザー

平均年収 340万円
将来性 ★★☆☆☆
転職難易度 ★★★☆☆
必要資格 食生活アドバイザー

食生活アドバイザーとは、食事や栄養に関する知識を活かして、健康的な食生活をサポートする仕事です。

高齢化が進む日本では、健康維持や予防医療への関心が高まっています。

加えて、生活習慣病の増加ダイエット志向の高まりなど、食生活に関する問題もクローズアップされています。

そんな中で、食生活アドバイザーの需要は今後ますます高まっていくでしょう。

また、食生活アドバイザーは、他の資格やスキルと組み合わせることで真価を発揮します。

例えば、栄養士などの資格を取得すれば、病院や福祉施設で働くことも考えられます。

食品メーカーなど、食に関わる企業への転職も選択肢の一つです。

次に、食生活アドバイザーの仕事内容を見ていきましょう!

仕事内容

食生活アドバイザーの仕事には、主に2つの役割があります。

まず、一つ目は食事プランの作成と提案です。

食生活アドバイザーは、個々の体調や生活環境に合わせた献立を作成します。

  • 栄養バランスや食材の組み合わせ
  • 食事の時間帯や頻度

などを考慮しながら、健康的でバラエティ豊かな食事を提案することが大切です。

また、生活スタイルや好みに合わせた食事プランを作ることも重要になります。

二つ目は、食材の選び方と保存方法のアドバイスです。

  • 旬の食材や栄養価の高い食材の選び方
  • 食材を無駄にしないための保存方法

などに関する助言も行うことも、食生活アドバイザーの大事な仕事になります。

続いて、食生活アドバイザーに必要な資格についてです。

必要な資格|食生活アドバイザー

学習時間 50~100時間程度
受験資格 なし
受験費用 3級:5,500円

2級:8,000円

試験日程 例年6月と11月
合格率 3級:約65%

2級:約40%

主催団体 FLAネットワーク協会

食生活アドバイザーは、FLAネットワーク協会が主催する民間資格です。

これまでに紹介してきたような国家資格ではないため、権威性の面では少し劣ります。

ただ、学習時間も少なく済み、しっかり勉強すれば合格するのは難しくありません。

そのため、食に興味のある女性の方には、基礎知識を身につける入門編としておすすめです。

食生活アドバイザーの資格は2級と3級に分かれていますが、現在のところ1級は設置されていません。

より高いレベルを望むときには、前述した調理師や栄養士などを目指すとよいでしょう。

食生活アドバイザーの試験は年2回行われます。

2級と3級の併願受験もできるため、一回の試験で2つの級に合格することも可能です。

⑤マンション管理人

平均年収 447万円
将来性 ★★★☆☆
転職難易度 ★★☆☆☆
必要資格 特になし

マンション管理人は、住宅となるマンションの共用施設を管理する人のことです。

現在マンション価格は高騰していますが、それでも買い手がつくバブル状態となっています。

そのため、新築マンションが続々と建築されており、マンション管理人の募集も多くなっています。

平均年収も比較的高く、ここで紹介している中で唯一日本の平均値を超えている仕事です。

とはいえ、すべての求人が好条件というわけではありません。

年収ベースで500万円を超えるものもあれば、200万円程度のものまでピンキリです。

基本的に、担当範囲の広いほうが給与も高い傾向にあります。

正社員か業務委託かによっても違うため、しっかり確認するようにしてください。

次に、マンション管理人の仕事内容を見ていきましょう!

仕事内容

マンション管理人の大事な仕事の一つに、入居者への対応があります。

入居者からの要望やクレームがあった際には、迅速かつ丁寧な対応が求められます。

また、入居者との円滑なコミュニケーションを図ることも大切です。

入居者の声を聞きながら、住環境の改善やサービスの向上に努めていきましょう。

定期メンテナンス業務も重要な仕事です。

部屋や共有施設の点検を定期的に行い、問題があれば修理や改修を行います。

共有施設とは、例えばプールやジム、ラウンジなど、住人が利用できる施設のことです。

定期点検は、建物や設備の劣化や故障を未然に防ぐために欠かせません。

常に入居者が快適に過ごせるように心がけることが、マンション管理人の役割といえますね。

続いて、マンション管理人に必要な資格についてです。

必要な資格|マンション管理士

学習時間 約500時間
受験資格 なし
受験費用 9,400円
試験日程 例年11月
合格率 10%前後
主催団体 マンション管理センター

マンション管理人の仕事に活かせる資格には、以下の2つがあります。

  • マンション管理士
  • 管理業務主任者

両方とも国家資格ですが、どちらかといえば『マンション管理士』がおすすめです。

なぜなら『管理業務主任者』は、試験に合格しても、実務経験を積まなければ登録できないからです。

その点『マンション管理士』は、合格後に必要書類を提出するだけで登録できます。

まずは『マンション管理士』に合格し、働きながら『管理業務主任者』とのダブルライセンスを目指すのもいいでしょう。

ただし、国家試験には変わりありません。

勉強期間も1年間はかかると言われており、合格率は10%を切ることもある難関資格です。

相当の覚悟を持たないと、時間の無駄になってしまう恐れがあるため注意してください。

【資格なし】50代女性でも長く続けられる仕事|パート

【50代女性必見】稼げる定年のない仕事とは?資格や長く続けられる仕事を紹介!

「今から資格取得のために勉強できるか心配…」

そんな女性の方向けに、資格がなくても長く続けられる仕事についてもご紹介します。

Web業界以外で、かつ資格不要となると、50代から正社員になるのは厳しいでしょう。

そのため、現実的な選択肢はパート勤務になります。

パートはシフト制のため、働きたいときに働けるというメリットもあります。

「老後資金には余裕があるけど、社会との関わりは持っていたい」

その場合にも、パート勤務はおすすめの働き方です。

自由度の高いパート勤務であれば、プライベートとの釣り合いも保つことが可能です。

ただし、リモートで働けるWeb業界とは違い、体力勝負になるのは避けられません。

今回は、50代女性向けのパートで働ける仕事を5つピックアップしました!

①ベビーシッター

平均時給 1,076円
将来性 ★★☆☆☆
転職難易度 ★★☆☆☆
必要資格 特になし

ベビーシッターとは、子供たちを一時的に預かり、保護者の代わりに面倒を見る仕事です。

ベビーシッターの仕事内容は、基本的には子供の世話をすることです。

おむつの交換やミルクの用意、食事の準備など、子供の日常生活に必要なことをすべて行います。

また、子供が安全に遊べる環境を整えることも大切です。

ベビーシッターは、保護者の都合に合わせて日時や時間帯を調整することが一般的です。

もちろん、子供たちと良い関係を築くことが求められます。

しかし、あくまで仕事なので、感情的になってはいけません。

そのため、ベビーシッターには、冷静な判断力と忍耐力が求められます。

子供が好きな人や、子育て経験のある女性の方には向いている仕事といえるでしょう。

②保育補助

平均時給 1,016円
将来性 ★★☆☆☆
転職難易度 ★★☆☆☆
必要資格 特になし

保育補助とは、保育施設や幼稚園などで働く保育士のサポート役です。

保育施設では、赤ちゃんや幼児だけではなく、元気に走り回る年少児まで幅広い世代の子供たちを預かります

そのため、ベビーシッターのような仕事はもちろんですが、子供の遊び相手の要素が強くなります。

子育て経験のある方ならわかると思いますが、子供はエネルギッシュです。

なので、面倒を見る側にも、ベビーシッターとは比較にならないくらいの体力が必要になると考えてください。

ただ、あくまで補助の立場なので、担当する業務範囲は保育士よりも狭くなります。

それでも、子供たちの成長に貢献できる、やりがいのある仕事に変わりはありません。

資格も必要ないため、子供好きな女性の方は検討の余地があるでしょう。

③接客業

平均時給 1,015円
将来性 ★★☆☆☆
転職難易度 ★☆☆☆☆
必要資格 特になし

接客業とは、主に客に対してサービスを提供する業種のことを指します。

接客業と一言で言っても、飲食店やホテル、旅行代理店など、働き口は多岐にわたります。

どこで働くかを考える際には、自分の経験やスキルが活かせる場所を重点的に見ていきましょう。

例えばホテル業界では、フロント業務やレストランで働いた経験が、そのまま仕事に役立つ可能性が高いです。

また、自分のキャリアの延長線上にある仕事のほうが採用率は高くなります。

経験値が高い場合には、時給アップにつながるケースもあります。

定年はないに等しい業界なので、長く続けられるのも魅力的ですね。

人と接することが好きだったり、コミュニケーション能力に自信のある女性の方にはおすすめの職業です。

④家事代行

平均時給 1,099円
将来性 ★★☆☆☆
転職難易度 ★★☆☆☆
必要資格 特になし

家事代行とは、他人の代わりに家事をするサービスのことです。

共働き世帯が増えている今、家事代行への需要は高まっているのが現状です。

家事代行は、基本的にクライアント宅内での家事を請け負います。

具体的には、

  • 掃除
  • 洗濯
  • 料理

などですね。

また、クライアントは希望すれば、買い物など外に出る仕事を任されることもあります。

家事代行に必要なスキルは、自分の生活でつちかうことができます。

そのため、特別なことは何もなく、比較的転職しやすいといえるでしょう。

ただ、クライアントの自宅で家事を代行するためには、しっかりとした技術が求められます。

信頼がないと継続依頼もこないため、コミュニケーションも大切になります。

⑤コールセンター

平均時給 1,161円
将来性 ★★☆☆☆
転職難易度 ★☆☆☆☆
必要資格 特になし

コールセンターは、企業や組織が顧客からの問い合わせや、相談を受け付けるための拠点です。

「コールセンター」ですから、基本的に電話で顧客とのコミュニケーションを取ります。

ここで紹介している中では、最も体力的な問題が少ない仕事です。

なぜなら、コールセンターのスタッフ業務はデスクワークに近く、座ったまま働くことができるからです。

ただ、精神的には一番つらい仕事といえるかもしれません。

それは、クレーム対応があるためです。

内心穏やかではない顧客と接触する場合は、細心の注意が必要です。

一歩間違えると、本部にまで連絡がいくような大ごとにつながってしまう可能性もあります。

ただ、募集も多く、時給が1,500円を超えるケースもあるため、仕事が合う人にはおすすめです。

50代女性が定年のない仕事を探す際に活用すべきサービス

【50代女性必見】稼げる定年のない仕事とは?資格や長く続けられる仕事を紹介!

ここまで、『定年のない仕事』をさまざま紹介してきました。

ご自身の興味のある仕事は見つかったでしょうか?

  • 他の仕事についても知りたい
  • 自分でもいろいろ調べてみたい

そんな方もいるかもしれませんね。

その場合には、仕事探しに便利なサービスを利用しましょう。

50代女性におすすめのサービスは以下の2つです。

  • セカンドキャリア支援団体
  • 転職エージェント

一人で悩んでいては、いつまで経っても変わりません。

50代にとって、毎日の1分1秒が貴重な時間です。

ぜひ、行動は積極的に起こすようにしてください。

 

もし、自分だけでは次のステップを決められないときには、Withマーケの『無料カウンセリング』がおすすめです。

弊社の現役Webマーケター兼コンサルタントが、あなたの悩みを直接伺います。

①セカンドキャリア支援団体

セカンドキャリアを支援してくれるサービスで、最も身近にあるのはお住いの自治体です。

ただ、自治体ごとに支援状況は異なります。

例えば、地元企業などと連携し、新しいキャリア形成の後押しをしてくれるケースがあります。

詳しくは、役所などの行政団体に問い合わせてみるといいでしょう。

全国的に利用できるという意味では、ハローワークもメジャーな存在です。

登録すればネットからでも簡単に仕事が探せますし、条件を満たしていれば職業訓練も受けられます。

まずは、お近くのハローワークに直接行ってみてください。

また、東京都内限定にはなりますが、『東京しごとセンター』というものもあります。

国ではなく都が管轄しているので、都内で働きたい方とってはより有益な情報が手に入るでしょう。

②転職エージェント

転職エージェントは、求職者と企業をマッチングさせる専門のサービスです。

みなさんが希望する条件や、スキル・経験などを伝えると、エージェントが適切な求人を探してくれます。

そのため、忙しい日常の中で求人情報を探す手間を省くことが可能です。

また、転職エージェントは業界のプロですから、市場動向や企業のニーズなどを把握しています。

なので、より自分に合った求人に出会う機会も増えます。

効果的な活用には、自分のキャリア目標や希望条件を明確にすることが必要です。

転職エージェントは、あなたの要望に基づいて行動するため、

  • 自分がどのような職種や業界に興味があるのか
  • どのくらいの給与水準を希望しているのか
などを具体的に伝えられるようにしておきましょう。

ここでは、50代女性におすすめの転職エージェントを3つご紹介します!

❶type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント

参照元:type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェントは、女性に特化した転職エージェントです。

25年以上の実績を持ち、多く企業と長期的なパートナーシップを築いている信頼性の高いサービスです!

type女性の転職エージェントは、これまで10,000人以上の女性転職者に対してキャリアカウンセリングを行ってきました。

そのため、女性の転職に関するさまざまなノウハウを持っています。

また、幅広い転職ノウハウだけでなく、独自の非公開求人まで紹介してくれます。

さらに、専任のキャリアアドバイザーが経験の整理やスキルの評価、求人案内などを担当。

  • 応募手続き
  • 面接日程の調整
  • 内定後の年収交渉

などの代行サービスもあるため、転職を考えている50代女性の強い味方になってくれるでしょう。

❷リクルートエージェント

リクルートエージェント

参照元:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、日本最大級の転職エージェントサービスです。

専門知識豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの要望やスキルに合った求人を厳選して紹介してくれます。

非公開求人も含めると、求人情報の保有数は10万件以上!

転職に関するサポートも充実しており、

  • 書類の書き方アドバイス
  • 面接対策
  • 業界や企業に関する情報提供

などを行っています。

加えて、面談の調整や条件交渉まで代行してくれるのは心強いですね。

求人紹介後の応募は自由なので、変に気を遣う必要もありません。

リクルートエージェントは、自分では気づかないような有効活用できる強みを見つけることも得意としています。

転職意欲が固まっていない状態の人でも利用できるため、相談だけでもしてみてはいかがでしょうか?

❸マイナビミドルシニア人材サービス

マイナビミドルシニア人材サービス

参照元:マイナビミドルシニア人材サービス

「マイナビミドルシニア人材サービス」は、ミドルからシニア世代向けの転職支援サービスです。

名前にあるように、業界大手のマイナビが提供しています!

本サービスの特徴は、経験を活かすだけではなく、あなたと社会との関係性を重視していること。

そして、ミドル・シニア世代が活気を持って働けるようにサポートしています。

マイナビグループの総合力を活用し、豊富なノウハウと実績に基づいて最適な求人を紹介してくれるのも魅力です。

さらに、多様な雇用形態や業種・職種に対応し、より理想に近いマッチングを実現しています。

本サービスは、ミドル・シニア世代の意欲に応えると同時に、企業の人材不足解消にもつながるWin-Winのサービスです。

50代女性が定年のない仕事につくには|まとめ

【50代女性必見】稼げる定年のない仕事とは?資格や長く続けられる仕事を紹介!

ここまで、『50代女性が目指せる定年のない仕事』をテーマに解説しました。

本記事の結論としては、やはりWeb業界の仕事をおすすめします。

もちろん、ご自身の都合に合わせていただいて結構です。

しかし、資格が不要で自由に在宅ワークができる仕事は、簡単に見つかるものではありません。

特に、Webマーケターは未経験からでも目指しやすく、女性が活躍できる環境もそろっています。

さらに、Webマーケターはフリーランスとして独立もでき、高収入が見込める職業でもあります。

働きながらスキルを身につけることもできるため、選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!