【実体験】主婦がWebライターを始めて月20万円以上稼げるようになるまでの全工程

【実体験】主婦がWebライターを始めて月20万円以上稼げるようになるまでの全工程

家事や育児に追われる中でも、「自分の時間を有効に使って収入を得たい」と考えている主婦の方々は多いでしょう。

「Webライターは主婦に向いてるって本当?」「安定して稼げる仕事なの?」といった疑問を持つ人も多いかもしれません。

Webライターで稼ぐ方法を、全く文章が書けないところからスタートして、今は月20万以上稼げるようになった私が解説します!

Webライターは、パソコンさえあれば始められる仕事です。

参入障壁が低い分、正社員と同程度の月20万円以上稼ぐには、効率よくスキルを身に付けて高単価を狙っていかなければ実現できません。

そこでこの記事では、主婦がWebライターとして成功するための全過程を分かりやすくまとめていきます。

これからWebライターを始めたいと考えている主婦向けのご案内もありますので、今より自由に収入を得ていきたい方はぜひご一読ください。

主婦がWebライターで月20万円を稼いだ過程

主婦がWebライターで月20万円を稼いだ過程

Webライターでしっかり稼げるようになるには、適切なプロセスを踏んでいくことが最も重要です。

そこでここからは、主婦である私自身がWebライターとして月20万円を稼ぐまでに行った3つのステップについて、具体的に解説していきます!

主婦がWebライターで月20万円を稼いだ過程
  1. Webライティングを学ぶ
  2. クラウドソーシングで案件に応募する
  3. 文字単価2.0円以上の案件に応募する

それぞれ、詳しく解説します。

①Webライティングを学ぶ

まずは、Webライターとして仕事を受託するために、Webライティングを学びましょう。

基本的な文章の書き方を身につけることが重要です。

人によっては、文章を書くことに抵抗がある人もいるかもしれません。

理系出身の私は、Webライターを始める前、文章を書くことに苦手意識がありました。けれど、Webライティングを学んだことで自信がつきました!

Webライティングは、書籍やブログ、YouTubeなどでも学べますが、私のおすすめは、Webライティング講座を受講することです。

独学で学ぶよりも、理解している人から指導を受けた方が、確実に成長スピードがアップします。

また、自分の中では頑張っているつもりでも間違えた方向に努力してしまうと、時間も労力も無駄にしてしまいますので注意してください。

②クラウドソーシングで案件に応募する

Webライティングを学んだあとは、クラウドソーシングで案件に応募し、実績を作っていくことが大切です。

クラウドワークスやランサーズといった有名なクラウドソーシングサイトには、Webライティングの案件がたくさん出ています。

はじめの頃は単価を気にせず、興味があれば積極的に応募して案件を獲得するのがおすすめです。

私がはじめにライティングで受けた案件は、放送中のドラマのあらすじをまとめる2,000字程度のお仕事でした。

案件をこなしていくと評価が上がり、リピート依頼や高単価案件の受注につながっていきます。

「これなら書けそう、興味のある分野だ」と思ったら、ぜひ応募してみてください。

複数のWebライティング案件を受けていくと、自分にも自信がついてきますよ。

しかし、はじめの2〜3カ月は、がむしゃらに案件を受け続けたにもかかわらず月に2万円程度しか稼げませんでした。

理由は明白で、単価が低いからです。

Webライティングの仕事に慣れたら、いつまでも低単価案件に時間を費やさず、次のステップに進みましょう。

③文字単価2.0円以上の案件に応募する

クラウドソーシングである程度実績を積んだあとは、文字単価2.0円以上の高単価案件を狙うことが大切です。

高単価案件に応募することで、少ない記事数でも、高収入を得られるようになります。

例えば、Webライティングで1記事3,000文字を受注したとしても、文字単価0.5円なら1,500円ですが、文字単価2.0円なら6,000円の報酬が得られます。

文字数が同程度であれば、執筆時間は変わらないこともあるため、文字単価は高い方が効率はグッと上がります。

高単価案件を受注するためには、実績とスキルを証明することが不可欠です。

執筆記事をまとめたポートフォリオを作り、自分のスキルをアピールしましょう。

また、専門的な知識や経験が求められる分野に特化するのもおすすめです。

例えば、医療・法律・ITなどのジャンルは、高単価案件が多数あります。

私は、興味があるという理由だけでIT系の案件にたくさん応募していたら、実績が少しずつできて、高単価案件を受注できるようになりました!

数をこなせば、”好き”が”得意”に変わることも珍しくありません。

文字単価2.0円で、継続依頼が5件ほど増えた頃には、副業でも月に10万円稼げるようになりました

そこから月10万円の頃が長く続きましたが、直取引や新規の高単価案件が決まったことで、一気に月20万円まで収入が増えたのです。

今は、安定して20万円を稼げています。

私は、ずっと副業だったこともあり収入が20万円になるまでに3年かかりました

効率のよいやり方ができる方や、専業の方は、もっと早く達成できると思います。

主婦が高単価Webライターになるための3ステップ

主婦が高単価Webライターになるための3ステップ

主婦は自分に使える時間が限られているため、高単価ライターを目指すことをおすすめします。

ここでは、主婦が高単価Webライターになるための以下の3つのステップを紹介します。

  1. SEOの知識を身につける
  2. 法人案件の実績を早く作る
  3. 実績を元に高単価案件を獲得していく

それぞれ、詳しく解説します。

①SEOの知識を身につける

高単価のWebライターになるためには、SEO(検索エンジン最適化)の知識を身に付ける必要があります。

SEOとは、「Search Engine Optimization」の略で、検索エンジンで執筆した記事が上位に表示されるようにするための施策の1つです。

パッと見、「難しそう」と思うかもしれませんが、やり方を覚えればきちんと身に付けられるものなので、大丈夫です!

SEO対策をすることで、より多くの人にWebサイトを見てもらえるようになります。

お客様の多くは、SEOのスキルを求めています。

私も、SEOを学んだことで文字単価0.5円から2.0円にアップしました!

SEOの知識があれば、他のライターとの差別化も図れますし、報酬アップが期待できます。

リライト案件や構成書の作成なども受注できるため、仕事の幅が広がりますよ。

②法人案件の実績を早く作る

法人案件は、個人から依頼されるよりも報酬が高く、安定している傾向があります。

まずは、ポートフォリオを作成し、クラウドソーシング上で法人の案件にどんどん応募していきましょう。

ゼロから1を達成するときが一番難しいので、はじめは応募しても受注できないこともあるかもしれません。

そんなときは、募集ライターの数が多い法人案件を狙っていくと、獲得しやすいのでおすすめです。

私は、法人案件での実績を1つ作り、次はその実績を元に違う案件に応募する、というのを繰り返して応募し続けていました。

法人案件では、マーケティング戦略やブランド強化の一環として計画的に記事制作をしていくため、納期と品質にシビアなことが多いです。

継続案件を獲得するためにも、クライアントからの信頼を得られるよう取り組みましょう。

③実績を元に高単価案件を獲得していく

Webライターとして実績をいくつか積んだあとは、執筆した記事をポートフォリオにまとめ、高単価案件を獲得していきましょう。

個人的には、継続クライアントに単価アップを交渉するよりも、「高単価で募集している案件」に応募するのがおすすめです!

高単価案件の場合は、記事の制作予算を確保した上でライター募集をかけています。

予算がない案件に交渉していくよりも、すでに予算を確保しているところに応募した方が近道です!

もし、実績として出せる記事がないときには、獲得したい案件にマッチしそうな記事を書いて、ポートフォリオを作ってみてください。

最短で高単価Webライターを目指すならスクールがおすすめ

Withマーケ Webライターコース

ちなみに、SEOライティングの指導、ライティング指導、などは、ライティングスクールなどでも行われています。

独学だとどうしても非効率な学習をしてしまったり、相談できる相手がいなくて挫折してしまったりします。

失敗する確率を減らし、最短で高単価Webライターを目指すならスクール受講が圧倒的におすすめです!

体系化されたカリキュラムで効率的に学べますし、経験豊富なプロのWebライターに直接相談できる環境があったり、挫折しない環境を整えられます。

特に、動画講義をメインで進められるオンラインスクールなら、忙しい社会人でもスキマ時間を有効活用できますよ!

そこでここからは、ライティングスクールを選ぶ際に絶対抑えていただきたい3つのポイントについて解説していきます。

Webライタースクールの選び方3つ

Webライタースクールを選ぶときには、以下の3つのポイントを押さえましょう。

Webライタースクールの選び方
  • 収入アップが目的である
  • 法人案件の保証がある
  • 個別サポートが充実している

それぞれ、詳しく解説します。

収入アップが目的である

収入アップを目的にWebライタースクールを選ぶときには、カリキュラムの内容と卒業生の実績に着目しましょう。

具体的には、SEO対策、Webマーケティング、専門分野のライティング技術など、実践的なスキルを学べるコースをおすすめします。

また、卒業生が実際に収入アップしているなど、成功事例が豊富なライタースクールを選ぶのもポイントです。

さらに、収入アップを目指すためには、スキルアップだけでなく、多様なカリキュラムがあると安心です。

例えば、案件の獲得方法やクライアントとのコミュニケーション方法などは、Webライターとして仕事を獲得し続けていくために必要なスキルです。

いくつかのWeライタースクールを検討して、自分にあうと思った講座を選ぶ方法もおすすめです。

法人案件の保証がある

Webライタースクールを選ぶときには、法人案件の保証があるのも大切なポイントです。

スクールが企業と提携しているなど、卒業後に法人案件を紹介してくれる制度があるかどうかを確認しましょう。

法人案件保証があれば、学んだスキルをすぐに実践に移せるため、自信を持って仕事に取り組めます。

また、法人案件を通じてポートフォリオが作れるため、高単価案件にもすぐに応募できるようになるのは大きなメリットです。

私が受けたライティング講座は法人案件保証がなかったので、1つ目を受注するのに苦労しました。

今からスクールを選ぶ人には絶対おすすめします!

個別サポートが充実している

Webライタースクールを選ぶときには、個別サポートが充実しているスクールを選ぶことも大切です。

一部のスクールでは、動画学習が配信されているだけで、記事の添削指導が受けられないことも珍しくありません。

個別サポートがあれば、一人ひとりの学習ペースや目標に合わせた指導が受けられるため、上達スピードがアップします。

例えば、専任のメンターや講師がついて、1対1でのフィードバックや相談ができる体制が整っているスクールがおすすめです。

また、スクール卒業後に、実際に受注した案件に対する相談などもできると安心です。

最短で高単価Webライターが目指せるスクールのご紹介

最後に、特におすすめのスクールWithマーケ Webライティングコースをご紹介させてください。

こちらのライタースクールは、「ゼロから3ヶ月で月収5万円超の高単価ライター」というコンセプトの元、”最短で収益化すること”に特化した学習環境が整っています。

高単価ライターになることが前提なので、高単価案件に直結するSEOライティングが学べます。

また、案件保証、プロによる個別の記事添削、案件獲得サポート面談など、個別サポートが充実している点が強みです。

そして、ここまでのサポートがありながら、金額は199,800円なので、かなりリーズナブルです(他スクールは30万円超えが多い)。

気になる方はLINE無料個別相談で詳しいお話を聞いてみてください。

\主婦さんも多数受講中/

Webライティングコースを見てみる

主婦がWebライターとして収入を増やすためのコツ5つ

主婦がWebライターとして収入を増やすためのコツ5つ

Webライターとして主婦が収入を増やすためには、以下の5つのコツがあります。

主婦がWebライターとして収入を増やすためのコツ
  • 直案件を取る
  • 単価交渉をする
  • 得意なジャンルで執筆する
  • 作業範囲を広げる
  • プロに相談できる場を持つ

それぞれ、詳しく解説します。

直案件を取る

主婦がWebライターとして収入を増やすためには、クラウドソーシング経由の仕事だけでなく、直案件を取ることが重要です。

クラウドソーシングサイトを通すと、10%や20%といった手数料が、報酬から引かれてしまいます。

例えば、1万円の案件を受注しても実際に手元に残るのは8,000円から9,000円程度ということになります。

一方、直案件であれば、手数料がかからずに全額を自分の報酬として受け取ることができます。

直案件を取るには、自分のポートフォリオを作り、SNSやブログで実績を公開しましょう。

また、既存のクライアントに継続取引を依頼したり、紹介をお願いしたりするのも有効です。

クライアントと信頼関係を築くことで、直案件の依頼が増え、収入が安定することにもつながります。

単価交渉をする

半年以上継続してお仕事をしているクライアントがいる場合には、単価交渉するのも方法の1つです。

文字単価を引き上げてもらうことで、同じ作業量でも収入が増えていきます。

単価を上げてもらうためには、発注者に「このライターにまた依頼したい」と思ってもらうことが大切です。

例えば、納期を守る、記事の質が高い、コミュニケーションが円滑に取れるなど、発注者の期待を超える仕事をしていれば、単価アップの交渉に応じてもらえることが多くなります。

継続してお仕事をしている分、自分もWebライターとして成長しているはずです!

自信を持って単価交渉してみてください!

”スキルが上がったこと”、”アクセスアップや記事の品質担保に貢献していること”などを交渉材料として、ベースアップを検討してもらいましょう。

得意なジャンルで執筆する

主婦がWeライターとして収入を増やすためには自分の強みを活かせる得意なジャンルを持つこともポイントです。

今の時点で知識や経験がなくても、単価の高いジャンルや案件に挑戦するのは十分に可能です。

はじめは何も知らなかった私ですが、ライティングを通してIT系にも詳しくなり、今では短時間で長文を書けるようになりました!

自分が書きやすいジャンルを見つけて、その分野で特化ライターとして活動すれば、収入アップも目指せます。

ただし、主婦だけの特権と言えども「子育て」や「家事」ジャンルは飽和状態にあるため、注意が必要です!

狙い目は、需要があって専門性の高いジャンルです。

例えば、美容ライターは、コスメ・スキンケア・エステなど、幅広いトピックを扱えますし、需要も安定しています。

また、転職や婚活ジャンルは需要が高いため、これまでに転職や婚活をした経験のある方はチャンスです。

自分の”好きなことに関する知識”や”これまでの体験”を、Webライティングで発揮しましょう

作業範囲を広げる

主婦がWeライターとして収入を増やすには、作業範囲を広げるのもポイントです。

Webライターは、前述したSEOスキルの他に、以下のような作業ができると単価アップが見込めます。

  • WordPressへの入稿
  • 画像や図表の作成
  • 構成作成
  • 記事のリライト

作業可能な範囲を広げていくことで、1つの案件で高い報酬が得られる可能性があります。

例えば、執筆だけの案件を3記事制作するよりも、執筆と画像を1記事制作した方が、短い時間で高い報酬を得られることも少なくありません。

Webライターの執筆案件に慣れてきたら、ぜひスキルの幅を広げることを意識してみてください。

プロに相談できる場を持つ

主婦がWebライターとして収入を増やすためには、プロに相談できる場を持つことをおすすめします。

ライティングスキルは独学で磨くこともできますが、プロのアドバイスやフィードバックを受けることで、効率的にスキルアップできます。

また、実際にWebライターの案件を獲得していくと、いくつも悩みが出てくるものです。

Webライターとして活躍しているプロの経験談や成功事例を参考にすることで、自分の進みたいキャリアの道が見えてくることもあります。

そして、ライティングスクールに参加すると、現役のWebライターや編集者と交流する機会を作ることができます。

講座によっては、受講者同士で情報交換できる場があることも珍しくありません。

同じ目標を持つ仲間と交流しながら勉強を進められれば、モチベーションの維持にもつながりますよ。

Withマーケ WebライティングコースではLINE無料相談を行っているので、ぜひお気軽にお話を聞いてみてくださいね!

\主婦さんも多数受講中/

Webライティングコースを見てみる

Webライターが主婦におすすめな理由

Webライターが主婦におすすめな理由

Webライターが主婦におすすめな理由には、以下の5つがあります。

Webライターが主婦におすすめな理由
  • 時間と場所を問わずに仕事ができる
  • 経験を活かした記事を書ける
  • 家事・育児の予定にあわせられる
  • 年齢を気にせず続けられる
  • 副業から始められる

それぞれ、詳しく解説します。

時間と場所を問わずに仕事ができる

Webライターが主婦におすすめな理由は、時間と場所を問わずに仕事ができるためです。

小さな子どもがいる場合でも、昼寝の合間や寝かしつけをしたあとなどで、自宅で仕事ができます。

朝早くや夜遅くなど、自分の都合の良い時間に作業ができるので、家庭のリズムに合わせた働き方が可能です。

また、通勤の必要がないため、時間と交通費の節約にもなります。

Webライターはインターネット環境下にいればどこでも仕事ができるため、送迎の合間や旅行先でも作業ができるのも魅力です。

私は、ノートパソコンを持って子どもの習いごとの送迎に行き、合間に仕事をしています!

朝は子どもを学校に送り出し、その後、時間に集中して記事執筆をして、午後は家事や買い物に時間を使うといったスタイルも実現できるでしょう。

経験を活かした記事を書ける

主婦は、経験を生かした記事を書けるため、Webライターの仕事には向いています。

家事や育児のノウハウをまとめた記事や、子育てのアドバイスなど、日常生活で培った知識や経験をそのまま記事にできます。

私は、「夜泣き対策の方法」や「子どもの習い事の選び方」といったテーマの記事を書いたことがあります。

経験があることは書きやすく、執筆でリサーチした内容は、プライベートにも役立ちますよ!

 

自分の経験が直接収入につながるとやりがいも感じられますし、情報発信を通じて多くの人に役立つことができるのも魅力です。

家事・育児の予定にあわせられる

Webライターが主婦におすすめな理由の1つは、家事や育児の予定にあわせて柔軟に働けることです。

例えば、急な用事や子どもの体調不良などで予定が変更になっても、自宅で仕事ができるため柔軟に対応できます。

Webライターを始める前は派遣社員として通勤していました。

子どもが熱を出すたびに早退しなければならず、肩身の狭い思いをしていました。。。!

また、子どもの学校行事や家庭のイベントにも柔軟に対応できるため、家庭生活を大切にしながら働けるのも魅力です。

年齢を気にせず続けられる

年齢制限や体力的な制約がある仕事もありますが、Webライターは基本的にパソコン1台あればどこでも仕事ができるため、年齢に関係なく続けられます。

子どもが小さいうちは育児に専念しながらライティングを副業として始め、子どもが成長した後に本格的に取り組むこともできます。

また、ライティングの仕事は在宅で行えるため、通勤のストレスもなく、体力的な負担も大きくありません。

Webライターは、年齢やライフステージに合わせて柔軟に働ける仕事です。

副業から始められる

Webライターが主婦におすすめな理由の一つは、副業から始められることです。

家事や育児の合間に少しずつ取り組めるため、生活に負担をかけずに新しいキャリアを築けます。

私は、もともとフルタイムで勤務していましたが、通勤をやめたくて副業でWebライターをはじめました。

今は専業ライターに移行して自由な生活が出来ています!

まだWebライターの仕事をし始めた頃は、本当にライターが自分にあっているのか、判別つかないことも珍しくありません。

副業から始めることで、リスクを最小限に抑えながらゆっくり見極められます。

ぜひ、週に数時間だけの作業から始めて、自分に向いているかどうかを確かめてみてください。

副業でも、地道に続けていけば自分の実績を積み上げられます。

反対に、向いていないと思ったら、やめるだけなのでリスクはほとんどありません。

Webライターの仕事に少しでも興味があるなら、ぜひチャレンジしてみてください。

主婦がWebライターをやる際の注意点

主婦がWebライターをやる際の注意点

主婦がWebライターをやるときには、以下の3つに注意しましょう。

主婦がWebライターをやる際の注意点
  • 他人と比べない
  • 低単価案件ばかりに応募しない
  • 税金の基礎知識をつける

それぞれ、詳しく解説します。

他人と比べない

主婦がWebライターとして活動する際の重要な注意点は、他人と自分を比較しないことです。

主婦は、独身の方のように、休日に自由に時間を使える生活とは異なります。

家事や育児など、家庭の役割を果たしながらWebライティングの勉強や仕事を進めていかなければなりません。

他人と比べてしまうと、自分の進み具合が遅いことに対して、焦りやプレッシャーを感じてしまいます。

他のWebライターよりもペースが遅いと感じたとしても、着実に進めていくことが大切です。

また、自分の生活スタイルに合わせてスケジュール管理をしていくのもポイントです。

週に数時間だけの作業から始めて、慣れてきたら徐々に作業時間を増やすといった方法もとれます。

ぜひ、ご自身のペースで無理なく勉強や仕事を続けて、家族との時間も大切にしてください。

低単価案件ばかりに応募しない

主婦がWebライターとして活動する際の注意点には、低単価案件ばかりに応募しないこともあります。

クラウドソーシングサイトには、【文字単価0.2円、感想書くだけ】や、【スキマ時間で簡単作業】など、初心者を目当てにした低単価も少なくありません。

ゼロから実績を作るときには、文字単価は気にせずに応募することも大切ですが、あまり低単価案件ばかりを受け続けていると、疲弊してしまいます。

例えば、文字単価0.2円の案件を1,000文字書いても、報酬はたったの200円です。

家事や育児との両立が求められる主婦にとって、効率的な時間の使い方は不可欠です。

低単価案件は、時間と労力のバランスが取れず長時間働いても収入が少ないため、モチベーションも落ちてしまいます。

そして、低単価案件に追われていると、スキルアップのための時間も確保できません。

「まだ高単価案件にチャレンジする自信がない。。。」と感じたときには、低単価案件を増やすのではなく、先にスキルや知識を身に付けましょう。

スキルアップして自信がついたら、高単価案件にチャレンジしてみるべきです。

時間と労力を効率的に使いながら、安定した収入を得るための工夫を重ねていくことが大切です。

税金の基礎知識をつける

主婦がWebライターとして活動する際には、税金の基礎知識をつけることも大切です。

Webライティングの収入が年間20万円以上になった場合は、確定申告をする必要があります。

また、配偶者の扶養に入っている方も注意が必要です。

配偶者控除や扶養控除が適用されている場合、収入が一定額を超えると、受けられなくなる可能性があります。

書籍やYouTubeなどでも、税金の勉強はできます。

「今はまだ確定申告をするほど、報酬を得ていない」という場合でも、基本的な税金の知識は身に付けておきましょう。

主婦がWebライターで稼ぐ全過程まとめ

主婦がWebライターで稼ぐ全過程まとめ

家事や育児と仕事の両立が難しいと感じる方も、Webライターであれば効率的に時間管理をしていくことで、無理なく仕事を続けられます。

時間と場所に捉われず仕事ができるWebライターは、子育て中の主婦にはぴったりな仕事です。

これからWebライターになりたいと考えているなら、ぜひ、WithマーケのWebライティングで効率的に学びましょう。

法人案件の保証があるWithマーケのWebライターコースでは、Webライターとして活躍している先輩方の体験談を聞くことも可能です。

個別サポートが充実しているWebライターコースを受講して、Webライターになるための第一歩目を踏み出してみませんか。

無料個別相談で、プロのWebライターに相談できます。

\まずは、無料個別相談/

WebライターコースのLINE無料相談